内定後の辞退は可能?転職エージェントに紹介してもらった案件の辞退の仕方

転職活動のためにエージェントに登録した後に求人を紹介してもらい、書類選考や面接を経て内定をもらったけど。

内定先の企業が気に入らないため辞退したいと考える時もあると思います。

しかし転職エージェントの担当者は、内定をもらえたことを非常に喜んでくれて断りづらいときもありますよね。

勇気を出して内定を辞退したいことを担当者に伝えると、内定先の企業の良い点などを説明してきて入社に向けて「猛プッシュ」してくることもあります。

もう内定を辞退したいと思っているのに、こんなことをされたら困りますよね。

こんな時はどうしたらいいか?

転職エージェントへの内定辞退の告げ方

転職エージェントの担当者はハローワークの職員の方とは違い、転職希望者に紹介した企業への入社が決まれば、その成果が給与に反映されるようになります。

そのために企業から内定が出た後は、そのまま入社をすすめてくる担当者も多いです。

中には転職希望者のために親切ていねいに話を進めてくれる担当者もいますが、そんな人ばかりではありません。

自分の成績を上げたいためにビジネスライクに徹してちょっと強引に入社まで話を進めていく担当者もいるでしょう。

転職活動で内定を得るためにエージェントは心強い味方にはなりますが、転職希望者の期待にすべて応えてくれるわけではありません。

「企業から内定をいただいたけど辞退したい」と思ったときは、その旨を素直に担当者に伝えましょう。

転職エージェント担当者に向けた内定の断り方

企業から内定の提示を受けても「内定承諾書」や「入社承諾書」「労働契約書」などにサインをしていないのなら、簡単に内定を辞退できます。

上の書類は内定先の企業から渡されたり郵送で送られてくる書類で、入社する意思があるかどうか確認するための書類です。

内定辞退する旨は担当したエージェントに伝えましょう。

エージェントの担当者は辞退することを聞くと、考えを改めるように食い下がってくるかもしれません。

担当者は説得に慣れているので気持ちが揺らぐかもしれませんが、もう内定を辞退すると決めた時には断固とした態度でことわるようにしましょう。

ことわるときの理由などは、

「せっかくいただいたお話ですが、仕事内容など自分には合わないと思いましたので、今回は内定を辞退させてください」

でいいと思います。

入社する気がないことが伝わればエージェントの担当者もあきらめてくれると思います。

この時に担当者の苦労をねぎらいつつ円満な形で辞退することができれば、またエージェントから案件の紹介があると思います。

もう利用するつもりがなければ退会してもいいですね。

またほかの内定先に入社すると決めた時は、

「ほかの企業から内定をいただきましてそちらに入社を決めました。誠に申し訳ありませんが、内定を辞退させてください」

と正直に他社への入社を告げても問題ありません。

転職はしないで今の職場にとどまるときは、

「せっかくいただいたお話ですが、よく考えた結果、現職を続けることにしました。誠に申し訳ありませんが内定を辞退させてください」

と伝えてみてはいかがでしょうか。

内定が決まった後はじっくり考える時間をつくること

志望する企業から内定をもらえると、うれしさで気持ちも舞い上がってしまいます。

さらに転職エージェントの担当者からのプッシュもあり、そのまま深く考えずに内定承諾書にサインしてしまう方もいますが、そこはちょっと時間をおきましょう。

企業から内定の返事をもらったあと内定承諾書にサインする前に、もう一度冷静にじっくりと考える時間をつくりましょう。

第一志望の本命の企業だったとしても、もう一度いろんな条件等を確認して「本当にこの企業に転職していいのか?」をよく考えてみてください。

一人になって考える時間や家族と相談する時間もしっかり取りたいですね。

転職エージェントの担当者から客観的な意見をもらえて参考になる点もあると思います。

しかし彼らは内定者の将来まで責任を取ってくれるわけではありません。

エージェントの担当者に言われるままに転職を決めたけど、そのあとで「やっぱりやめておけばよかった」と転職したことを悔やむことがあるかもしれません。

エージェントの担当者にすすめられたことだとしても、自分で決断して決めたことは自分の責任になります。

自分自身のキャリアアップや将来設計は、誰よりも自分が一番真剣に考えないといけません。

それを人任せにするとあとで後悔します。

エージェントの担当者は転職先を見つけてくれるプロですが、転職希望者の将来のことまで見通す力は持っていません。

他者の意見はアドバイスのひとつとして、受け入れるかどうか納得がいくまでよく考えたいですね。

内定承諾書にサインした後に内定辞退はできる?

内定承諾書などにサインしたけど、その後に気が変わって「やっぱり内定を辞退したい!」というときはどうするか?

「内定承諾書にサインしてしまったし、もう取り消しにはできそうにない」と思ってしまいますが・・・

結論から言うと、内定を辞退することはできます。

内定承諾書などはあくまで意思確認のための書類ですので、法的な拘束力はありません。

ですのでサインした後も内定辞退することは可能なのですね。

「内定承諾書にサインしたのだから必ず入社しろ!」なんてことは言えないのです。

入社を強要することは憲法で保障されている「職業選択の自由」を侵害することになりますし、嫌がる人を入社させてもすぐに辞めてしまいますので企業側が折れるしかありません。

また企業側から「損害賠償を請求するぞ!」などの脅し文句が来るかもしれませんが、損害賠償の請求などはまずありません。

しかし内定承諾書にサインすれば企業も入社に向けて準備を進めますし、転職エージェントの担当者も契約成立で自分の成績が上がったと喜ぶでしょう。

それを反故にするとなれば、両方に大きな迷惑をかけることになりますので、辞退する時は本当に平謝りするしかありません。

厳しいことを言われるかもしれませんが、約束を破ってしまった以上は仕方がないですよね。

内定を辞退するときはなるべく早く伝えるようにしましょう。

入社直前になって辞退となると、かなりややこしいことになりかねませんので、辞退するときの連絡はお早めに。

転職エージェントは比較して使ってみる

ネットで検索すれば無料で利用できる転職エージェントがたくさん出てきます。

ですので、ひとつのところにこだわらずに複数に登録して比較しながら利用してみましょう。

転職エージェントは会社ごとに特徴も違いますが、同じ会社の担当者でも当たりハズレがあります。

1社だけのエージェントに頼るよりは、いろんなエージェント会社を比較しながら使うのがおすすめです。

その中から信頼できる担当者を見つけて、いろいろ相談に乗ってもらってもいいですね。

自分とは合わないと感じる転職エージェントとは無理に連絡を取る必要はありませんし、使う必要がなければ退会してしまいましょう。

転職エージェントの担当者の中には、自分の成績を上げるために企業の面接を受けることを催促したり、内定がもらえたら入社をうながす担当者もいます。

面接を受けたり内定決定後に入社する気がないのなら、そのことをしっかり伝えるようにしましょう。

それでもしつこく連絡してくる時は、その企業の苦情を伝えるかもしくは電話を着信拒否にしたり、メールも返信しないようにすればいいですね。

連絡を取らなくなっても何も罰則はありませんから。

その転職エージェント会社が使いづらくなったら、ほかの会社を利用すればいいのです。

そのように使ってみてはいかがでしょうか。

転職エージェントはうまく使えばとても良いサービスです。

転職活動をする際に心強い味方になってくれますので、うまく利用してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク