一般の事務職はどんな仕事内容なのか?

事務職は人気があって求人を出すと多くの応募者が集まります。

そのために事務職を希望して就職活動をしているけど、なかなか求人が見つからなかったり、求人を見つけて応募しても内定がもらえないという方も多いのではないでしょうか。

競争率も高くて本当に人気のある職種ですよね。

その人気になる理由はいくつかあります。

・肉体労働ではなく主にデスクワークでの仕事

・室内での仕事なので年中快適に仕事ができる環境がある

・定時に帰宅ができて残業が少なく週休2日で休める

・成績やノルマがない

事務職というと、こうしたイメージがあるために「仕事は簡単で自分でもできそう」と思い希望する方も多いのでしょう。

他の職種から転職を希望する方も多いです。

しかし実際は良いところばかりではなく、辛くて苦労する面もあります。

それはどういう点かここで説明していきます。

「これから事務職に就きたい」という方は参考にしてください。

事務職とはどんな仕事なのか?

事務職といっても仕事内容はいろいろあります。

主な事務職の仕事と内容を挙げてみると、

・一般事務:資料作成や電話対応、来客対応

・営業事務:営業担当者のサポート

・経理事務:企業のお金の流れを管理

・総務事務:総務部門の仕事を担当

・受付事務:電話対応、来客対応など

・介護事務:福祉施設などでの受付業務

・医療事務:医療機関などでの受付業務

などほかにもありますが、それぞれ業務内容も違います。

事務の仕事というと机に座ってパソコンを使って仕事をするイメージがありますが、実際にデスクワークが主な仕事となります。

どの会社でも事務を担当する人は必要になります。

大手企業だと事務職の業務内容も明確に分かれていて専門的な知識が必要になる場合もあります。

中小企業だと事務職の業務内容は明確に分かれてない場合もあり、ひとりでいくつもの業務を担当するようになる場合もあります。

事務職といっても仕事内容は多岐にわたりますので、入社して仕事をしてみないとわからない点も多いのですね。

一般事務職のイメージ

事務職の中には一般事務という仕事があります。

会社や部署によって任される業務は違いますが、主な仕事内容としては、

・電話対応

・顧客対応

・パソコンでの資料作成、データ入力

・郵便や宅配物、FAXの送付や受取や整理

・掃除

などがあります。

ほかにも簡単な雑務を任されることが多いですが、だいたい教わればできる仕事が多いです。

この中でスキルが必要になるのは、パソコンのスキルです。

今はスマホ主流の時代ですが、どの会社でもスマホよりは仕事でパソコンを使うようになります。

苦手な人でもパソコンの簡単な操作方法は知っておきたいですね。

特に、

「パソコンの電源の入れ方・切り方」

「キーボードでの文字入力の仕方」

「メールの送受信の仕方」

「オフィスソフトWord(ワード)、Excel(エクセル)の基本的な使い方」

など、事務職を志望するのなら最低限このぐらいのことはできるようにしておきましょう。

一般事務の仕事は楽ではない?

基本的に一般事務は誰にでもできる仕事のために「一般事務=ラク」という先入観があるかもしれませんが、そうとは言い切れません。

誰にでもできる仕事のために次から次へと仕事を振られて、つねに忙しい職場もあると思います。

またいろんな雑務もこなすために、やりたくないような仕事をまかされることもあるでしょう。

そして簡単な仕事ばかり任されてスキルアップができずに、転職するのがむずかしくなってしまうこともあります。

一般事務の仕事に就くときは「どんな仕事でもやる」という気持ちも大切なのですが、入社前にはどんな仕事内容かもしっかりと調べておきましょう。

会社によって仕事内容も様々です。

ネットでその会社のことを調べたり、社員の方に仕事内容を聞けるのなら質問してみたり、内定をもらった後に担当者に仕事の内容を細かく聞いて入社するかどうか判断してもいいと思います。

同じ事務職でも会社によって仕事内容もかなり変わってきますので、事前にできるだけ調べておきたいですね。

事務の仕事につくための就職対策

事務職の仕事は人気があって狭き門です。

特に正社員の条件のいい求人などは応募が多くて倍率もかなり高くなります。

たまにそうした条件のいい求人を見つけて応募しても、全く採用されないという方も多いのではないでしょうか。

競争率の高い中で内定をもらうためにはどうしたらいいのか?

事務職に限らないのですが、就職・転職を成功させる要素は3つあります。

それは、

・実務経験

・書類選考、面接対策

・年齢

の3つです。

事務職で転職を成功させるためには、なんといっても実務経験が必要になってきます。

求人の募集要項に「実務経験〇年以上」と書いてある求人を見かけますが、やはり経験が重要視される仕事だということです。

事務の仕事をしたことのある経験者は即戦力として優遇されます。

特に人事なら人事、経理なら経理とこれまでの実務経験が応募先の企業でも生かせるときは採用される確率も高くなるでしょう。

専門的な知識が必要になる事務の仕事は、未経験で年齢が上の人には特に狭き門となります。

事務の仕事をしたいのなら学校卒業後などの若いときから実務経験を積んだ方が、より条件のいい転職先を見つけることができますし、会社の倒産やリストラにあったときでも実務経験を生かして再就職先を見つけやすくなります。

またどんな形でもいいので事務職として仕事について、ある程度の経験を積んだら、よりスキルアップできる会社や給料のいい会社を働きながら探して転職活動をしてもいいですね。

他者との競争の中で採用を勝ち取るには実務経験が必要になってきます。

資格を持っていると就職に有利になるのか?

あまり好ましくないのは、就職のために資格取得に重点を置いてしまうことです。

事務職に就くために有利になる資格としては、

・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

・日商簿記

・秘書検定

・TOEIC

など業務が広範囲になるために資格や検定もたくさんあります。

しかし資格や検定をたくさん持っていても、事務職の仕事を得るのはむずかしいと思います。

なぜならそうした資格や検定は多くの人が持っているからです。

応募者の中には資格や検定をたくさん持っている方もいますが、その人が採用されるとは限らないのです。

資格に希少価値がないために、資格を持っていてもその他大勢と変わらないためにアピールの材料にならないのですね。

「ほかの応募者はたくさん資格を持っているのに、自分はひとつも資格を持っていない」状態だとしても特に不利になることはありません。

資格のあるなしで採用・不採用が決まるわけではありませんし、面接ではほかの面もみています。

資格なしでも自分のいいところをアピールできれば採用される可能性が高まります。

資格取得よりも実務経験を積むようにしたいですね。

面接対策もお忘れなく

事務職の求人に応募して採用されるためには面接対策はしっかりとやっておきましょう。

どの会社でも面接が合否の分かれ目になるのです。

何も準備しないで行き当たりばったりで面接を受けても、採用される確率は低いです。

本番の面接であたふたしていては、いくつ会社を受けてもひとつも受からないでしょう。

企業の面接官に対してどういうアピールをしたらいいか、時間をかけて自分でよく考えてみましょう。

「志望動機」や「自己PR」などは面接でよく聞かれますので、自分なりの答えを準備して本番でもしっかり答えられるようにしておきたいですね。

面接をしているとアピールの仕方が弱いとか、回答の内容が的を得ていないなどで印象に残らない方も多いです。

短い面接時間の中で「自分のやる気をどこまで見せることができるか」という点が合否に大きく影響してきます。

資格の勉強をするよりは面接対策に時間をかけて、自分のいいところをしっかりアピールできるように準備しておきましょう。

また面接官は優秀な人を取りたいと思っていますが、それだけでなく一緒に仕事がしたいと思えるような人も採用したいと思っています。

身だしなみなどの見た目にも注意を払って、面接のときの第一印象が良くなるように気を配りましょう。

事前の面接対策は重要なことですので、しっかりと準備しておきたいですね。

事務職の求人に応募するときの参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク