内定後に企業から何ヵ月も連絡が来ないときはどう対処したらいいか?

就職・転職活動をして志望する企業から内定をもらい、内定通知書や内定承諾書などにサインして入社する意思を示して企業あてに提出したものの、

その後、企業から全く連絡がこないなんてこともあると思います。

または企業から電話やメールで「あなたは採用になりました」という連絡をもらったものの、その後何週間も何ヵ月も全く音沙汰なしという場合もあります。

内定後に企業から連絡が一切ないと、

「私って忘れられているのかな?」とか、

「もしかしたら内定取り消しなのでは?」

といった不安がよぎって心配になりますよね。

そんな時はどうしたらいいのか?

内定後に企業から連絡が来ないときの対処法

結論から言うと、企業側も何か用がなければ連絡はしてきません。

企業の採用担当者も仕事で忙しいので、内定者に「最近どうしてますか?」とか近況なんて聞いてきません。

そういう企業もあるかもしれませんが、だいたい電話やメールで連絡が来るのは、何か用事があるときです。

内定後は内定者の懇親会や入社前の研修などがあって頻繁に連絡を取り合う企業もありますが、その反対に何も用はなく連絡もよこさない企業もあります。

この辺は企業によって対応は様々です。

大学生などの新卒の就職活動の場合は、春や夏ごろに内定が決まると「内々定」というかたちで採用を口頭で伝えられて、内定承諾書の提出は10月以降という企業もあります。

また内定承諾書を企業に提出した後も、内定者の心得や年賀状などが企業から送られてくるぐらいで4月の入社前まで連絡なしという企業もあるでしょう。

企業の採用担当者から「あなたは採用になりました」と電話やメールや封書などで結果が伝えられたり、内定承諾書を提出した時点で内定取り消しになることはまずないと思います。

あまり心配しないで連絡が来るまで気長に待てればいいのですが。

それでも連絡がないことが気になりだすと、だんだん不安も増しますよね。

不安なときは連絡してみましょう

企業から採用の返事をもらったり、内定承諾書を出したのに全く連絡がないと入社できるのかどうか心配になって精神的に辛くなりますよね。

そんなときは内定を出してくれた企業へ連絡してみましょう。

「連絡がないために不安になって電話してみました」と正直に打ち明けてもいいのですが、ほかにもいろいろと理由をつけて連絡することはできます。

例えば電話で確認するときは、

「御社から内定を頂きました〇〇と申します。入社前の予定などがありましたら教えていただけますでしょうか?」とか。

内定承諾書などを企業あてに郵送で送った場合は、

「御社から内定を頂きました〇〇と申します。御社から届いた内定承諾書にサインして郵送したのですが届いていますでしょうか?」とか。

基本的に内定承諾書などを郵送しても「受け取りました」などの返事を出さない企業が多いと思います。

何か問題があれば連絡が来ると思いますが、何も連絡がない場合は内定承諾書を受け取ったということです。

転職活動の時は、

「御社から内定を頂きました〇〇と申します。入社日の確認でお電話させていただきました」

「入社日は○月○日と伺いましたが、当日は何時にどこへ出向くのか、また必要な持ち物などはありますでしょうか?」

といった質問をしてみて探りを入れてみてもいいですね。

しっかりした企業なら丁寧に対応してくれると思います。

特に転職活動の時は転職先の入社日をしっかり決めておかないと、現職をいつやめていいかわからなくなりますので、その辺はしっかりと確認しておきましょう。

ただ企業側から「〇日までに連絡をします」と指定されているときは、その期日まで連絡を待ってみましょう。

あまり催促しても企業の担当者も忙しくて対応できない場合もあります。

指定された期日を過ぎても何も連絡がないときは「〇日までに連絡をいただけるとのことでしたが」と、自分から連絡をしてみるといいですね。

採用担当者が他の仕事を抱えていて忙しい時期であれば連絡が遅れてしまうこともあります。

内定が決まった後はあまり心配せずに企業からの連絡を待つほうがいいですが。

全く音沙汰がなくて不安に駆られるときは、遠慮しないで企業に確認してみてはいかがでしょうか。

電話一本で気持ちが楽になると思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク