会社を辞めてから転職活動をするときに一番頼りになるものは?

転職活動には2つの方法があります。

「在職中の転職活動」

「退職後の転職活動」

がありますが、みなさんはどちらの方法を取りますか?

「在職中の転職活動」は、会社で仕事をしつつ退社後や休日の空いている時間に次の仕事先を探す方法です。

「退職後の転職活動」は、会社を辞めてから次の仕事先を探す方法です。

果たしてどちらが効率よく転職活動ができるのか?

実際におすすめなのは「在職中の転職活動」です。

仕事をしながら転職活動をしたほうが毎月の給料が入ってきて生活も安定しますし、気持ちに余裕をもって焦らずに次の転職先を探すことができます。

しかし「在職中の転職活動ができない」という方もいるでしょう。

毎日遅くまで残業があって休日が少ないために転職活動をする時間がなかったり、仕事の多忙さや人間関係などで精神的に余裕がなくて「一刻もはやく会社を辞めたい」という方もいるでしょう。

そういう場合には退職してから転職活動をするのも一つの方法です。

しかし退職してからの転職活動にはデメリットもいくつかあります。

仕事を辞めてからの転職活動の不利な点を踏まえつつ、ここでは退職後の転職活動のやり方を紹介していきます。

退職後の転職活動を成功させるためには?

転職活動をする期間が定まっていない

退職後に転職活動で一番のネックになるのは「いつ転職先が決まるかわからない」という点です。

人によっては1カ月以内で早々と決まる人もいますし、3カ月、半年、1年以上、もしくは2年以上かかる人もいると思います。

このように「転職活動がいつまで続くのか?」わからないところが怖いのです。

会社を退職してしまえば無職の状態になりますので収入はなくなりますし、たくわえた貯金もいつまでもつかわかりません。

今後は生活費や転職活動費などで手持ちのお金が減っていくだけなので、財布の中身や貯金額を見るたびに徐々にあせりを感じてきます。

仕事をしていて収入があれば不採用続きでも「残念」ぐらいの気持ちで済みますが、収入がないときの不採用の知らせは心に重くのしかかります。

「もしかしたら採用してくれる企業がないのでは?」と思い詰めて悩んでしまい、就職活動に影響することもあるでしょう。

タイムリミットがありますので、不採用になっても気持ちを強く持っていきましょう。

志望度が高くない企業で妥協してしまうこともある

退職後は手持ちのお金が減っていく状態なので、転職活動ができる期間もかぎられてきます。

そのために何でもいいから「結果」を求めるようになります。

あまり条件の良くない企業でも、内定の返事をもらえたらグッと心が引き寄せられます。

「この先、条件のよさそうな企業から内定をもらえる保証はないし、金銭面でも余裕がなくなってきたので、内定をもらえたこの企業に入社しようか」と思ってしまいます。

よく考えたら給料やその他の条件などは前の職場とあまり変わらないか、より悪くなっているのに、収入なしで転職活動している不安定な状態から逃れたいために就職先を妥協してしまうことも多いのです。

そして入社してみたら職場に不満な点も多く、嫌になってまた転職活動を始めるようになることもあるかもしれません。

また転職先が見つからずに貯金がなくなってしまったときは、アルバイトをするか親や友人や業者からお金を借りて生活するしかありません。

バイトをしながらの就職活動はより一層大変になりますし、借金をしてしまうと余計にお金に縛られて生活していくことになります。

そうなる可能性もあるので前もって準備はしておきたいですね。

退職する前にお金はできるだけためておきましょう

退職後に転職活動をするのであれば、できるだけお金を貯金しておきましょう。

一人暮らしや家族持ちで必要になる金額は違いますが、1か月に合計でいくらの生活費がかかるのかを計算してみて、最低でも半年か1年は収入なしで暮らしていける貯金をためてから退職しましょう。

生活費だけでなく転職活動で使うお金や、その他の予想していない出費もありますので、なるべく貯金は余裕をもって多くためておくようにしましょう。

お金の貯えもなく無計画に会社を退職してしまうと泥沼に落ちてしまい、はい上がるのがむずかしくなります。

転職活動はめぐりあわせの面もありますので、すばらしい経歴を持っている人でも意外と転職活動に手こずることがあります。

収入が途切れるということは、ある意味危ない橋を渡っていることにも等しいのです。

そこで何といっても頼りになるのは在職中に貯めた「貯金額」です。

これがあることで退職後も生活できて転職活動できる、いわば命綱です。

退職する前にお金に関してはよく計算をして「しばらく無収入で転職活動ができそうだ」という額がたまってから仕事を辞めるようにしましょう。

退職したらすぐに転職活動を始める

在職中からできることはやっておきましょう。

転職サイトやハローワークへの登録をしたり、自分で求人を探して応募したい企業が見つかったら応募するなどは仕事をしながらでもできます。

そして自分の会社の上司に退職する旨を伝えて、仕事の引継ぎをして有給休暇の消化のために休日ができたら、そのときから転職活動を始めましょう。

また退職日当日まで働いていたのなら、その翌日からすぐに転職活動を始めたいですね。

会社を退職して「明日から会社に行かなくていいんだ」と思うと寂しさもありますが、毎日の忙しさからの開放感もあって、つい羽を伸ばしたくなります。

しばらくは朝遅くまで寝ていたり、自分の好きなことに時間を使ったり、会社に行く必要はないので旅行の計画を立てる方もいるでしょう。

「こんなときでないとゆっくり旅行に行けない」と考えて、仕事がないときに余暇を楽しむのは本人の自由です。

しかし、いったん気持ちがゆるんでしまうと、それをまた引き締めるのは大変です。

仕事をしていた時の緊張感を保ったまま転職活動をしたほうがうまくいきます。

もう退職した時からお金が減る一方なのです。

退職した翌日からネットで転職サイトをいくつもチェックして、ハローワークへ出向いて求人を探して応募していきましょう。

退職後は志望する転職先を早く見つけることが何よりも重要です。

そのために余暇に時間やお金を使わずに、すぐに行動するようにしたいですね。

雇用保険の申請は必ずしましょう

雇用保険(失業保険)は次の就職先が見つかるまで国が生活費を支給してくれる制度です。

雇用保険に加入していれば退職後に会社から「雇用保険被保険者離職票」が郵送されてきます。

それを受け取ったらすぐに最寄りのハローワークへ持って行って提出しましょう。

その後手続きをすれば雇用保険を受け取ることができます(くわしくはハローワークのHPをご覧ください)。

自分の意思で会社を退職をした場合は「自己都合退職」となります。

自己都合退職の場合、3カ月の雇用保険の給付制限期間がありますので、雇用保険の手当てはすぐにはもらえません。

しかも7日間の待期期間や振込までの期間も入れて、実際に雇用保険の手当てがもらえるのは手続きしてから約4カ月近くかかります。

その間は貯金を切り崩して生活するようになります(短時間のバイトはできます)。

また雇用保険の給付期間や毎月もらえる金額も人それぞれ違いますので確認しておきましょう。

雇用保険は会社で働いていた時と同じぐらいの金額がもらえるわけではありません。

ある程度減額になっている金額が支給されますので、それだけで生活するのは厳しくなります。

ですので、あまり当てにしないで在職中にしっかりと貯金をしておきましょう。

雇用保険は当てにしないほうがいい

「雇用保険の給付を全部もらってから転職活動をする」という方もいますが、それはやめておきましょう。

給付が切れた後はまた無収入になってしまいますし、その後生活するのも苦しくなります。

雇用保険には「再就職手当」という早く就職先を見つけるともらえる手当もありますので、こちらを目標にして頑張ってみましょう。

雇用保険をもらいきることを考えないで、できるだけ早く就職先を見つけるようにしたいですね。

退職後はスタートダッシュで転職活動に力を入れる

退職後は1日でも早く内定先が見つかるように全力で行きましょう。

もう会社に行く必要もなく1日の時間を自由に使えるのですから、会社説明会や面接の予定を1日に2つ3つでも入れやすくなりますよね。

また、いつまでに転職先を決めるのか、自分で期限をつくっておきましょう。

例えば目標として「6カ月以内に転職先を見つける」としたら、

退職してからの2カ月は「志望度の高い企業」に応募する

2~4カ月間は「自分がやりたいと思える仕事」に応募する

4~6カ月は「より範囲を広げて手広く」応募する

というように期限内でのやり方を考えてもいいですね。

志望する企業に受からないと気持ちが落ち込んでしまうこともありますが、期限を設けている以上は目先を変えて受かりそうな企業にも応募していきましょう。

また求人の応募や会社説明会や面接に出かける以外の時間は、書類選考や面接対策をしておきましょう。

転職活動では「履歴書」と「職務経歴書」を書いて企業に郵送するようになります。

その応募書類に書くことになる「志望動機」や「自己PR」などは時間をかけて文章を練って書くようにしたいですね。

面接のやり方なども忘れていると思いますので、ネットや就活本などでやり方を最初からおさらいして、最初に受ける面接は練習だと思って気楽な気持ちで受けることです。

転職活動の面接でよく質問されること

また転職活動の面接では「前職を辞めた理由」は必ずと言っていいほど聞かれますので、それもしっかり答えられるようにしておきましょう。

前職の悪い点を挙げるなどネガティブな理由はあまり印象もよくないので、できれば前向きな退職理由の方がいいですね。

そして退職後に失業期間が大きくあいてしまうと面接官は「退職後は何をしていたのですか?」という質問もしてきます。

その答えは「会社を退職した後は就職活動をしていました」になると思います。

しかし退職後に3カ月や半年以上の空白期間があると企業側も「その間にどの企業も採用しなかったということは、あまりいい人材ではないのでは・・・」という感想を持つかもしれません。

すべての企業がそうではないですが、そう感じ取る企業の面接官もいますので、やはり退職後はすぐに行動を起こしてなるべく空白の期間を多くつくらないほうがいいのです。

退職後に一息つきたい気持ちもすごくわかりますが、仕事を辞めた後は、

・収入がなくなり徐々に貯金も減っていく

・失業期間が長くなれば、その分だけ印象も悪くなってしまう

という点もしっかり踏まえておきましょう。

いかがでしたでしょうか。

退職後の転職活動は在職中と違い「1日の時間をすべて転職活動のために使える」というメリットがあります。

気になった企業にはできる範囲で複数同時に応募して面接を受けることもできます。

退職日の翌日から全力で転職活動をして、短い期間で転職先が決められるようにがんばりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク