求人を出していない会社に電話して応募できるか聞いてもいいの?

就職・転職活動では求人の中から志望する企業を選んで応募するようになりますが。

「求人は出していないけど、入社して働きたい企業がある」という方もいると思います。

自分がやりたいと思っている職種だったり、前々からあこがれている企業などいろいろ理由はあるでしょう。

求人の募集はしていないけど「どうしてもこの会社に入りたい」という志望先があった場合はどうしたらいいか?

求人のない会社に問い合わせるときは?

企業のホームページを確認してみる

まずはネットでその企業名を検索してみて、その企業のホームページを確認してみましょう。

もしかしたら、そのホームページに人を募集していることが掲載されているかもしれません。

企業によっては就職・転職サイトやハローワークなどに求人を出さずに、自社のホームページやSNSで募集をかけている場合もあります。

募集中だったときは、電話かメールなどでまだ募集しているのか問い合わせてみましょう。

中には古いホームページの内容のままほったらかしになっていて、情報が更新されておらず「募集中」と書いてあるけど今は人を採用していない企業もあります。

ですので、まずは連絡して担当者に聞いてみましょう。

そして募集中であれば、応募したい旨を伝えて履歴書等を郵送すればいいですね。

募集しているかどうかダメ元で聞いてみる

自社のホームページなど、どこにも募集の記載がないときは。

そんな時はダメ元で聞いてみましょう。

もともと人が足りているから求人は出していないのです。

そんなときはだいたい「ウチは今は人を募集していません」と断わられる可能性のほうが大きいです。

「連絡してみて選考してもらえそうだったらラッキー」ぐらいの気持ちのぞんだほうがいいかもしれません。

選考してもらえるときは、志望動機や自己PRなどをしっかりと考えておいて、自分の熱意を伝えられるようにしておきたいですね。

企業に連絡して人を募集しているかどうかを聞くのは問題ないです。

「こんな電話をしてくるなんて非常識だね」と非難されることはないと思います。

気になる企業があったら思い切って連絡してみてはどうでしょうか。

企業への問い合わせの仕方

企業への問い合わせの方法は「電話」「メール」「手紙」などがありますが、おすすめは「電話」です。

企業の人事担当者に電話して聞いてみれば、募集しているかどうかはその場ですぐにわかります。

メールや手紙は相手からの返事待ちになりますので、結果を知るのに時間がかかりますよね。

また企業の人事担当者に返事の文章を書かせてメール等を返信させるという作業も加わります。

業務がいそがしければ、それで時間を使ってしまい相手の負担にもなります。

「知らない人に電話をするのが苦手」という方もいますが、企業に電話をかけて聞いてしまったほうが手っ取り早いです。

朝の始業時間やお昼休み以外の時間帯に電話をするのがおすすめです。

企業宛の電話の仕方

企業への電話の仕方はむずかしくはありません。

まずは志望する企業に電話を掛けます。

するとそこの社員が「はい、○○会社です」と電話に出ます。

そうしたら第一声は「お忙しいところ恐れ入ります。私、○○と申します。」

「現在、就職活動をしているのですが、御社(おんしゃ)の採用担当の方はいらっしゃいますでしょうか?」

そして採用担当者に電話を替わってもらったら、

「お忙しいところ恐れ入ります。私、○○と申します。」

「現在、就職活動をしておりまして御社が求人の募集をしているのか知りたいと思い、お電話をさせて頂きました。」

「もし募集しているのでしたら一度、面談の機会を頂きたいと思っております。」

採用担当者が「募集していますよ」といったら、そのまま話を進めましょう。

採用担当者が「今は募集はしていません」といったら、

「そうですか、わかりました。突然お電話してすみませんでした。では失礼いたします。」といって電話を切りましょう。

このようなやり方で電話をしてみてください。

新卒の就職活動でも中途採用でも、求人を出していないけど気になる企業があったら連絡してみてはいかがでしょうか。

中途採用の場合は、ある程度の実務経験があって即戦力になりそうな人のほうが採用になる可能性は高いと思います。

おそらく「今は募集していないので」という返事が多いと思いますが、なにかの偶然で入れるかもしれないですし、やってみて損はないです。

気になる企業があったらチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク