「面接はクールビズでお越しください」と指定があったときは?

「クールビズ」とは何なのか?

就職活動をするとき、求人に「面接は私服でお越しください」とか、「私服可」と書いてあるのも見かけます。

夏の時期だったら、説明会や面接に「クールビズでお越しください」とか、書いてある場合もありますね。

就活のときは、長袖の白Yシャツにネクタイもして、上下のスーツもしっかり着ていくことが前提となります。

気温が高くて暑いときは大変ですが、企業から何も指定がなければその服装で説明会や面接に行きましょう。

でも夏の暑い時期はそんな格好では、面接に来るときや帰宅するときに、熱中症にでもなったら困るということで、面接でも「クールビズ・私服可」と指定してくる会社も多いです。

でも会社からそうした指示がなければ、暑いときでもスーツ姿で行きましょう。

蒸し暑い外を移動するときのコツ

外を移動しているときに、暑かったら上着のジャケットを脱いだり、ネクタイをはずしてカバンに入れて持っていったほうがいいです。

暑い外を歩いているときも、熱中症にならないようにネクタイをはずして、シャツの第一ボタンもはずして、首元からからだの熱が逃げるようにしたほうがいいですよね。

スーツの上着は着ないで腕にかけて持っていったほうが、暑さも感じずに涼しいです。

面接会場の近くのスーパーやコンビニのトイレで、鏡を見ながらネクタイを締めて、会社の玄関前でスーツの上着を着ればいいのです。

わざわざ家からネクタイを締めて、上着を着ていく必要はないですよね。

移動中は誰も見ていませんので、具合が悪くならないような、なるべく涼しい格好でいましょう。

クールビズ指定のときはどんな服装がいいのか?

また、「クールビズでお越しください」といわれると、どんな格好をしていけばいいか迷いますよね。

クールビズというと、明確な定義はないですが、男性の場合は、

「上着のジャケットとネクタイを身につけないスーツ姿」

になると思います。

服装の基準に迷うときは、ネクタイをカバンに入れて、スーツのジャケットは腕にかけて持っていくといいですよ。

またYシャツでもいいですが、ノーネクタイだと襟が寝てしまってだらしなくなるので、代わりに白のボタンダウンのシャツでもいいと思います。

ボタンダウンのシャツは、ユニクロなどに売っています。

女性の場合のクールビズは、普段とそんなに変わらないですが、ジャケットなしのスーツ姿になると思います。

上のブラウスは半袖・七分袖・長袖のどれでもかまいませんし、パンツとスカートはどちらでも好きなほうでいいでしょう。

一番上の首もとの第一ボタンははずして涼しい格好でいいですし、また長袖のシャツを着ていくときは、腕まくりをしないほうがいいですね。

「私服OK」と言われたときは?

「私服で来てください」といわれたとき、男性の場合は、白かもしくは淡い色の入った半袖・長袖のシャツに、下は無地のスラックスをはいていくのがいいのではないでしょうか。

靴もそれにあわせたものを履いていきましょう。

ジーンズにTシャツのような軽装は、ちょっとくだけすぎる感じですので、できるだけスーツ姿に近い格好のほうが好まれると思います。

さすがにアロハシャツや短パンにサンダルを履いていくのは、やめたほうがいいですね。

スーツが売っているお店にも、最近は私服が売っています。

迷うときは、そこの店員にどんな服装がいいのか、聞いてみてもいいですね。

またクールビズや私服可といわれても、履歴書やエントリーシートに貼る証明写真は、しっかりとネクタイを締めてスーツのジャケットを着た写真を撮りましょう。

夏の時期に「冬用のスーツ」を着るのはおかしくない?

スーツにも「夏用」と「冬用」があります。

夏用と冬用の違いは、スーツの生地の厚さや質感が違います。

冬用のスーツは保温機能を重視して、寒いときでも体温が逃げないようにつくられていますが、夏用スーツはからだの熱を逃がすための通気性が重視されています。

私も夏用のスーツを持っていますが、暑い時期は着ていても涼しくて、けっこう重宝しています。

ただ欠点は、夏用はスーツの生地が薄く作られているために、光の加減によっては、下着が透けて見えてしまうこともあります。

それがちょっと恥ずかしくて着るのをためらうときもありますが、そのへんは購入するときによく確かめて、スーツを買うようにしたいですね。

でも今は、会社内の建物もエアコンの冷房が効いていますので、冬用のスーツを着て仕事をしていても、特に暑いと感じることはありません。

なので夏の暑い時期に、冬用のスーツを着ていても、特に違和感はありません。

夏の暑い中、就職活動で外をよく歩くのなら、考えてみたほうがいいでしょう。

夏の間は、スーツの上着は手に持って移動すればいいですが、下のパンツは汗でぬれて気持ち悪くなることもありますから、汗で蒸れない通気性のいいものを身につけたいですよね。

または一年中、どの時期でも使える通年用のスーツもありますが、暑い時期を快適に過ごすために、就活のときに夏用のスーツを用意するのもおすすめです。

夏の社内は冷房で「冷えすぎ」ているときもある

夏の時期は外は暑いけど、会社の中に入ったらクーラーが効いていて、「ちょっと寒い」と感じるときもあるかもしれません。

クーラーの涼しさが苦手という人は、移動中は暑いですけど、“防寒対策”として、長袖ワイシャツにスーツの上着を持っていってもいいかもしれませんね。

もしくは面接中に、あまりに寒かったら、「申し訳ありませんが、冷房の温度を上げてもらえませんでしょうか?」など、面接官に申し出たほうがいいですね。

遠慮していて面接に集中できないのも困りますから、寒かったら我慢しないで自分から言いましょう。

体調を壊してしまったら、あとの就活にも影響してしまいますよね。

夏の時期は外の気温の高さと、面接前の緊張で気分を悪くする方もいらっしゃいます。

暑い時期は大変ですが、熱中症対策で水分をこまめに取ったり、なるべく涼しい格好でリラックスして、万全の状態で面接にのぞみたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。