「面接はクールビズでお越しください」と指定があったときは?

夏の暑い時期にスーツを着て就職活動をするのも大変ですよね。

本当に暑いときはスーツのジャケットを着ていられませんし、ネクタイもしていられません。

特に外を歩いているときは、暑さでダウンしないための服装の調整も必要になってきます。

そのため企業も会社説明会や面接の服装として、

「クールビズでお越しください」

「軽装でお越し下さい」

「ノージャケット・ノーネクタイでお越し下さい」

などの注意書きをする場合があります。

こんな時はどんな服装をしていったらいいのか?

夏の暑い時期の服装は「クールビズ」でいいの?

「夏の暑い時期はスーツのジャケットやネクタイなんていらないんだよな~」

と自分で勝手に考えて、どの企業でもクールビズスタイルで行く方もいるかもしれませんが。

基本的に就職活動は一年中どの時期でも、スーツとネクタイ着用は必須となります。

やはり企業の方と会うときはスーツが正装ですからね。

真夏のとんでもなく蒸し暑い時期でも、企業側から服装に関して指示がなければ、上下スーツを着てネクタイも必要になります。

それでも外に出れば耐えられないぐらい暑さです。

そんなときはどうするか?

蒸し暑い外を移動するときのコツ

外を移動しているときに暑かったら、上着のジャケットを脱いだりネクタイをはずしてカバンに入れて持っていきましょう。

夏の暑いときは、その時の体調によって誰でも熱中症になってしまう可能性があります。

特に大事な説明会や面接に行くときに熱中症にならないように気を付けたいですね。

男性ならネクタイをはずして、シャツの第一ボタンもはずして、首元からからだの熱が逃げるようにすると涼しくなります。

スーツのジャケットは着ないで腕にかけて持っていきましょう。

そして面接会場の近くのスーパーやコンビニのトイレに入って、鏡を見ながらネクタイを締めて、会社の玄関前でスーツの上着を着ればいいのです。

わざわざ家からネクタイを締めて上着を着ていく必要はないですよね。

移動中は誰も見ていませんので、具合が悪くならないような、なるべく涼しい格好でいましょう。

クールビズ指定のときはどんな服装がいいのか?

また企業から服装に関して、

「クールビズでお越しください」

「軽装でお越し下さい」

「ノージャケット・ノーネクタイでお越し下さい」

といわれると、どんな格好をしていけばいいか迷いますよね。

上の3つに関して明確な定義はないですが、

男性の場合は「上着のジャケットとネクタイを身につけないスーツ姿」

になると思います。

・ジャケット、ネクタイは不要
・長袖Yシャツ or 半袖Yシャツ
・スーツのズボン(色は黒や紺など)
・革靴

という服装です。

服装の基準に迷うときは念のためネクタイをカバンに入れておきます。

スーツのジャケットは持っていく必要はないですが、必要かどうか心配な時は腕にかけて持っていくといいですね。

またYシャツは基本は白の長袖か半袖にしましょう。

スーツのジャケットを着る可能性があるときは、下は長袖のYシャツのほうが無難です。

カラーやストライプ入りのシャツなどは、企業ごとに判断も分かれますのでOKだったら来ていっても大丈夫です。

女性の場合は普段とそんなに変わらないですが「上着のジャケットなしのスーツ姿」

になると思います。

上のブラウス・シャツは白の長袖・半袖・七分袖で、パンツとスカートはどちらでも好きなほうでいいでしょう。

心配だったらジャケットを持っていきましょう。

一番上の首もとの第一ボタンははずして涼しい格好でいいですし、また長袖のシャツを着ていくときは、面接で腕まくりをしないほうがいいですね。

説明会や面接に行ったらみんなスーツ姿だった!

「クールビズでお越しください」と企業から言われたので、ジャケット・ネクタイなしの半袖シャツで説明会や面接に行ったものの。

「会場に着いたらほとんどの人がネクタイを締めてジャケット着ていた!」なんてこともあります。

ほかの人たちと違う格好だとちょっと戸惑うかもしれません。

しかし企業側から指定された服装なら、まわりの人たちと違っていても気にしないでおきましょう。

企業としては「夏の暑い時期に体調を崩さないように、なるべく涼しい格好で説明会や面接に来てほしい」という配慮なのです。

それ以上のものではなく「クールビズと言ったら、絶対にクールビズじゃないといけない!」ということではないと思います。

会場内は冷房がけっこうきいていて「ジャケットを着てネクタイをしていたほうが過ごしやすい」という方もいますので。

企業側から「クールビズでお越しください」と言われたら、それに素直に従って間違いありません。

もし心配な時はネクタイやジャケットをもっていったり、企業の担当者に聞けるときは服装に関して聞いてみるといいですね。

夏の時期に「冬用のスーツ」を着るのはおかしくない?

スーツにも「夏用」と「冬用」があります。

夏用と冬用の違いは、スーツの生地の厚さや質感が違います。

冬用のスーツは保温機能を重視して、寒いときでも体温が逃げないように生地も厚めにつくられていますが、夏用スーツはからだの熱を逃がすための通気性が重視されています。

私も夏用のスーツを持っていますが、暑い時期は着ていても涼しくて、けっこう重宝しています。

ただ欠点は、夏用はスーツの生地が薄く作られているために、光の加減によっては下着が透けて見えてしまうこともあります。

それがちょっと恥ずかしくて着るのをためらうときもありますが、そのへんは購入するときによく確かめて、スーツを買うようにしたいですね。

でも今は、会社内の建物もエアコンの冷房が効いていますので、冬用のスーツを着て仕事をしていても、特に暑いと感じることはありません。

ですので夏の暑い時期に冬用のスーツを着ていても、特に違和感はありません。

ただ夏の間は下のズボンは汗でぬれて気持ち悪くなることもありますから、汗で蒸れない通気性のいいものをはいていると快適です。

または一年中、どの時期でも使える通年用のスーツもありますが、暑い時期を快適に過ごすために夏用のスーツもおすすめです。

夏の社内は冷房で「冷えすぎ」ているときもある

夏の時期は外は暑いけど、会社の中に入ったらクーラーが効いていて「ちょっと寒い」と感じるときもあります。

クーラーの涼しさが苦手という人は“防寒対策”として、長袖ワイシャツを着てスーツの上着を持っていきましょう。

もしくは面接中に、あまりに寒かったら「申し訳ありませんが、冷房の温度を上げてもらえませんでしょうか?」など、面接官に申し出たほうがいいですね。

遠慮していて面接に集中できないのも困りますから、寒かったら我慢しないで自分から言いましょう。

体調を壊してしまったら、あとの就活にも影響してしまいますよね。

夏の時期は外の気温の高さと、面接前の緊張で気分を悪くする方もいらっしゃいます。

暑い時期は大変ですが、熱中症対策で水分をこまめに取ったり、なるべく涼しい格好で万全の状態で面接にのぞみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク