履歴書に書く志望動機と面接で答える志望動機は同じでいいの?

就職・転職活動の面接で「それでは志望動機を教えてください」と質問されることがあります。

面接官を見ると、履歴書を手に持って志望動機が書いてある欄を見ているけど・・・

「志望動機は履歴書に書いてあるのに、わざわざ話して説明する必要があるのかな?」と思う時もあると思います。

「読めばわかるのに」と思うかもしれませんが、面接官が志望動機を質問してくる意図は、

・応募者にしゃべってもらって緊張感を和らげてもらう

・志望動機の内容の確認

といったところです。

面接は答えやすい質問から始めることも

面接の始めは応募者も緊張していることが多いです。

その緊張感を和らげてもらうために、まずは答えやすい質問から入ることが多いです。

特に「志望動機」や「自己PR」などは履歴書や職務経歴書、エントリシートなどに本人が書いたことですので応募者が説明がしやすい項目です。

面接官も履歴書などに目を通して内容を読んではいるのですが、最初は相手にしゃべらせるという配慮です。

面接が始まっていきなり予想外の質問をされたら応募者も答えに困ってしまって余計に緊張してしまうこともあります。

そのために最初は無難な質問から入るのですね。

履歴書と面接で志望動機の内容が違うときは?

また面接で志望動機を口頭で説明するときは、履歴書に書いてある内容と同じにしましょう。

同じといっても履歴書に書いた志望動機を覚えていって、一字一句間違えないように読み上げる必要はありません。

言い方は変えてもいいですので、内容は書いてあるものと同じにしましょう。

履歴書に書いてある志望動機と面接で説明している志望動機が違うと、

「アレ?書いてあることと違う。これは嘘を書いたのかな?それとも自分で書いたことを覚えてないのかな?」

と、面接官は不信感を持ってしまいます。

自分で書いた志望動機はしっかり覚えておいて説明できるようにしておきたいですね。

本番の面接で思い出せるか不安なときは、事前に書いたことを覚えていってもいいと思います。

また履歴書の志望動機の欄はそれほど大きくないために、文章だけでは伝えきれないこともあります。

そんなときは履歴書の志望動機は簡潔にまとめて、面接のときに詳しく説明する方法でもいいですね。

履歴書に書いたことをベースにして、さらに詳しく具体的などもプラスで補足して説明できればOKです。

ただ書いてないことまで話を大きく広げすぎると失敗しますので注意しましょう。

後は面接官から質問してくることもありますので、それに答えられるようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク