求人に「履歴書のみ」「職務経歴書必要なし」の記載がある時の対処法

転職活動の時には応募する企業宛に「履歴書」と「職務経歴書」を郵送するか面接で手渡しするようになります。

職務経歴書が必要になる理由は、転職の際には「経歴」が大きなアピールポイントになりますし、企業の採用担当者も重要視するからです。

履歴書だけでは過去の経歴を十分アピールすることが出来ませんので、職務経歴書とセットで応募するのが一般的になっています。

けっこう重要な応募書類なんですね。

しかし求人の中には「履歴書を郵送してください」とか「履歴書のみを郵送してください」など募集要項に書かれていることがあります。

この場合「履歴書と一緒に職務経歴書を同封して郵送したほうがいいのか?」迷いますよね。

どうしたらいいのか?

職務経歴書が不要な場合

基本的には求人に書いてある企業側の指示に従いましょう。

「いらない」「必要ない」「不要」と言われたら送る必要はありません。

企業側があえてそう指定しているのであれば、言われた通りにしておけば間違いはありません。

求人の募集要項はよく読んでみてくださいね。

例えば、

・「履歴書と職務経歴書を同封して郵送してください」

この場合は履歴書と職務経歴書を封筒に入れて郵送しましょう。

・「履歴書を郵送してください」「面接時に履歴書を持参してください」

この文面は判断が難しいですね。

文面では履歴書だけしか書いてないですし、職務経歴書は必要とも不要とも書いてありません。

この場合は履歴書だけでもいいのですが、念のために履歴書と職務経歴書を封筒に入れて郵送・持参したほうが無難かと思います。

・「履歴書のみ郵送してください」「面接時に履歴書のみ持参してください」

この文面には「のみ」と書いてあります。

書き手側がかなり強調している言葉ですね。

要は「履歴書だけを郵送してください」という意味になります。

この場合は履歴書だけを封筒に入れて郵送しましょう。

・「職務経歴書は不要」

この場合は完全に「職務経歴書は必要ない」と指定していますので、履歴書のみを郵送・持参するようにしましょう。

ハローワークの求人に必要書類欄の職務経歴書が二重線で消してあって「不要」となっているものもあります。

企業の担当者がわざわざ二重線を引いて消したのですから、職務経歴書は求められていないのです。

文面から判断するとこのようになります。

「転職活動では履歴書と職務経歴書をセットにして郵送するのは当たり前」と思っている応募者も多いですし、「不要と言われても職務経歴書を送った方がアピールになる」と考えている方もいるでしょう。

しかしそれは自分の思い込みかもしれません。

企業の採用担当者は経歴よりも面接を重視している場合もありますし、職務経歴書が添えられてもそれを参考にするつもりはないのかもしれません。

とはいっても「履歴書のみ」「職務経歴書不要」と書いてあっても職務経歴書を送ることはできます。

しかし基本は企業側の指示に従った方が無難かと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク