ハローワークと転職サイトに同じ求人が!どちらに応募したらいいの?

転職活動をするときは、今はネットにつながったスマホやパソコンで求人を探すことが主流になってきています。

24時間365日いつでも求人の検索ができますし、特にスマホがあればどこでも手軽に求人を探すことができて便利ですよね。

転職活動で使える求人サイトといえば「転職サイト」と「ハローワーク」が主になります。

よくネットでは「転職活動の際には、転職サイトとハローワークのどちらを利用したらいいのか?」という疑問を見かけることがあります。

それぞれ求人を掲載しているサイトとして、どんな違いがあるかわかりますか?

ここでは双方の違いを簡単にまとめてみました。

「転職サイト」と「ハローワーク」の違い

転職サイトとは、ネット上で求人情報や転職に関するノウハウなどを提供しているサイトのことを言います。

転職サイトは企業の求人情報をネットに公開する代わりに、その企業から求人の掲載料を得て運営されています。

企業は自社のホームページで求人募集を掲載することもありますが、それだと見てくれる人が少ないために募集しても応募者が集まらないこともあります。

企業が求人を掲載するよりも、たくさんの求人を一か所に集めて見やすく整理したほうが、見てくれる人も圧倒的に増えます。

その方が応募者も多く集まりますし、その中から優秀な人材が採用できる可能性も増えます。

そのために企業は求人の掲載料を払って転職サイトに求人を載せるのですね。

有名な転職サイトとしては「リクナビネクスト」や「マイナビ転職」などがあります。

ハローワークは国(厚生労働省)が設置したもので、転職サイトと違い求人の登録にはお金はかかりません。

企業は無料で求人の登録ができるのですが、その分だけ求人もピンからキリまでそろっている感じです。

ハローワークの求人は地域の中小企業が多く高待遇の求人は少ないですが、地元で就職活動をするのならハローワークははずせません。

またハローワークの求人は職員の方に聞けば「今、何人が応募しているか?何人が選考で落ちたか?またその会社の評判」などを教えてもらうことができます。

こうした情報は転職サイトでは得られないものですね。

転職サイトとハローワークのどちらで応募する?

ネットでは「転職サイトとハローワークをどちらを使ったらいいか?」という質問も見かけますが、

転職活動をするのなら転職サイトとハローワークを両方利用しましょう。

どちらかに限定してしまうのではなく、まず両方とも試しに使ってみて、それから自分で使いやすい方を選んでもいいですね。

ひとつの転職サイトに登録して、それで転職先が見つかる人というのは、それほどいないと思います。

多くの人が複数の転職サイトに登録して求人を探していますし、ハローワークや求人誌などもフルに活用しています。

転職することが目的であればどれかに限定するのではなく、いろんな媒体を使ってできるだけ多くの求人を見るようにしたほうが自分に合う求人を探せます。

転職サイトやハローワーク双方に「ブラック」と呼べるような求人も見かけますが、その中でも掘り出し物の求人があるかもしれないという気持ちで探してみてはいかがでしょうか。

また転職サイトとハローワークに同じ求人が掲載されている時もあります。

これは企業が両方に求人を登録して、広く人材をさがしているということでしょう。

応募する場合は転職サイトとハローワークのどちらから応募しても違いはありません。

選考でどちらが有利・不利ということはないので、自分で応募しやすい方を選べばいいと思います。

まずは両方の求人情報をよく見比べてみて、条件などの違いがあればハローワークに行って職員の方に相談してみてもいいですね。

もしくは自分で直接企業宛に電話で問い合わせてみてもいいと思います。

同じ求人を複数の転職サイトに登録している場合もありますが、これもどれを選んで応募しても違いはありません。

応募しやすいサイトから応募してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク