面接が予定より早く終わるのは不採用という意味?

新卒の就職活動や転職活動に面接を受けたときに、「面接時間が短い!」と感じた時はありませんか?

例えば「面接は1時間程度行います」と事前に報告があったのに、実際はそれよりも短い40分程度で終了してしまったり。

「面接時間は30分」と言われていたけど、20分もしないうちに終わってしまったり。

「予定していた時間よりも早く終わったけど、なんでだろう?」と不安になりますよね。

面接時間が予定よりオーバーしてしまったときはあまり気にはしないですが、面接時間が短いと気になってしまう方も多いと思います。

「もしかしたら不採用なのでは?」という考えも頭をよぎりますが実際はどうなのか?

会社の面接官によって考え方も違いますが、面接時間が短くなるパターンを紹介していきます。

面接時間が予定より短いのは何が原因?

面接が早く終わってしまうのには、それぞれ事情はあると思いますが、こんな理由があります。

・合否の結果が途中で出てしまった

・面接の予定時間に余裕を持たせているため

・応募者からの質問がなかった

などが挙げられます。

合否の結果が途中で出てしまった

面接では予定時間をすべて使って結果が出るのではなく、途中で結果が出てしまうことが多いです。

その場で本人には言いませんが、面接している最中に、

「この人は採用にするからもうこの辺で・・・」

「この人は不採用だからもうこの辺で・・・」

という感じで合否の結果がだいたい決まってしまいます。

特にベテランの面接官になるとこれまでの経験もあるため「会社にとって必要な人材かどうか」が5分か10分ぐらいで分かってしまうときもあります。

結論が出てしまった後はすぐに面接を終了してもいいのですが、面接時間が短いと応募者を不安にさせてしまいます。

そのために残りの時間はほかの質問をしたり雑談をしたりといった感じで時間をつぶします。

そのようなことをしない面接官は、早めに面接を終了させてしまうでしょう。

このように早く結論が出てしまったために、面接時間が短くなることがあります。

反対に「採用するかどうかイマイチつかめない微妙な人」だと時間内で判断できなくて色々な質問をしていくうちに面接時間が長くなったり。

応募者の緊張を和らげようと趣味などの話をしていくうちに、話に夢中になって面接時間が長引くこともあります。

また応募者一人あたりの面接時間は決まっていますが、一次面接など面接する人数が多いときには時間が押してくることもありますので、結果が見えたらそこで終了するなど時間短縮で行う場合もあるでしょう。

最終面接では簡単な質問等のみで採用する方向で面接を行えば、予定時間前に聞くことや話すこともなくなって早々と切り上げる時もあると思います。

応募者からの質問がない場合

また面接の終了間際に「最後に何か質問はありますか?」という、応募者から面接官に質問できる時間があります。

ここで時間に余裕を持たせて5~10分程度の質問に答える時間を用意していることが多いと思います。

このときに応募者から「特にありません」と言われるとそこで面接が終了してしまい、面接が予定よりも短時間で終了してしまうケースもあります。

こうした理由で面接が予定より早く終わってしまうのですね。

実際に面接時間が1時間ぐらいと予定していても終了時間はそれぞれ違い、10~15分ぐらいの差は簡単に出ます。

ですので面接時間が短いからと言って不採用になるわけではありません。

予定時間をすべて使ったからといって、その人のことがすべてわかるわけでもないですし、10分を20分にしたところで2倍の情報が得られるわけでもありません。

どんな人なのかは短い時間でもわかってしまうものです。

面接時間が短いのに採用になった方もたくさんいるので、面接の時間が長い短いでは結果の判断は下せないのです。

自分が受けた面接の時間が予定より短かったとしても気にしないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク