在職中の転職活動がバレるのはどんな時?バレないための対応策

在職中の転職活動は、基本的には社内の人には誰も打ち明けずにこっそりと行うものです。

転職活動をしていることがバレてしまうと在職中の会社での自分の立場が悪くなったり、転職活動の邪魔をされる可能性がありますので気を付けたいところですが。

「どこかでバレてしまうのではないか?」という不安があって、転職活動に踏み切れない方もいらっしゃいます。

そんな方のために「転職活動をしていることがどこでバレてしまうのか?」を検証してみます。

転職活動していることがどこで分かってしまうのか?

転職活動をするときには自分の個人情報を登録することが多くなります。

・転職サイト

・転職エージェント

・ハローワーク

などを利用するときは、最初に自分の氏名や住所や電話番号から現在勤めている会社名などを入力します。

ネットに入力する場合もありますし、用紙に個人情報を記入することもありますが、これらから自分の個人情報がもれることはありません。

「転職サイトやハローワークに登録したために、在職中の会社に転職活動をしていることがバレてしまうのでは?」と心配する方もいますが、そんなことはまずありません。

ここから個人情報がもれてしまうことはありませんので安心してください。

在職中でも転職サイトや転職エージェント、ハローワークなどは登録して求人を探して応募することができますし、そこから身元が分かってしまうことはありませんので気軽に利用してみてください。

在籍確認の電話でバレてしまう?

応募した会社の面接を受けた後や内定をもらった後に、在籍確認のために応募者が働いている会社に電話をかけてくることは昔はありました。

しかし今は個人情報の管理については非常に厳しくなっていますので、本人の承諾を得ずに在籍確認の電話を会社にしてくることはまずありません。

応募者が働いている会社へ在籍確認の電話をすれば、転職活動していることが上司にバレてしまい応募者の社内での立場が悪くなってしまいます。

常識のある人事担当者なら、そのぐらいのことはわかっていますので電話などはしません。

しかし常識のない人事担当者も中にはいるようで「お宅の会社の○○さんがウチの会社に面接にきましてね」などと電話をかけてくるケースもあるようです。

こんな会社に遭遇することはまずないので心配する必要はないですが、心配なときは面接で「今は○○会社で働いていますが、会社への身元確認はご遠慮いただきたいのですが・・」と面接官にくぎを刺しておいてもいいですね。

仮に電話が来てバレたとしたら「そのような話が来て話を聞きに行ったが断った」などと答えて居座るしかないと思います。

でも、このような例はあまりないので心配しないで転職活動をしましょう。

バレてしまう原因はどこにある?

転職活動がバレてしまうのは、多くは本人の不注意にあるようです。

疑われてしまう状況としては、

・仕事中に電話連絡やメール確認をしている

・信頼している同僚に転職活動をしていることを話してしまう

・同僚との会話の中で、ついポロっと言ってしまう

・面接に行く姿やエージェントと会っているところを同僚に見られてしまう

などがあります。

仕事中によく電話がかかってきたり、スマホでメールの確認などをしていると怪しまれることもあります。

転職活動のような他人に知られたくないことの場合、変にコソコソ行動するようになって余計に怪しまれることもありますので気を付けたいですね。

また信頼している同僚に転職活動をしていることを話をしたところ、見事に裏切られて上司のところに話がいってしまうこともあります。

上司や同僚との会話の中で転職活動していることをにおわすようなことをつい言ってしまったり、飲み会の席で酔った勢いでポロっと言ってしまうこともあるでしょう。

そして喫茶店などでエージェントと会っているところを同僚に目撃されたり、面接で他の会社の建物内に入っていくところを偶然見られてしまう可能性もあります。

どこで誰が見ているかわかりませんので、転職活動中はできるだけ慎重な行動を取るようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク