退職することが決まった後の退職日までの会社での過ごし方

会社を退職したいことを上司に報告して退職が決まった後は、みなさんどうしていますか?

仕事の引き継ぎなどがあるため、退職することが決定した後も1~3カ月ぐらいは同じ職場で仕事をするようになると思います。

そして退職することが職場の同僚たちにも伝わると、それまでの関係も微妙に変化してきますよね。

上司や同僚もちょっとよそよそしく他人行儀になってきたり、会社を辞めることが決まったため新しい仕事は任されなくなってきたりで退職までの期間にはちょっと辛いこともありますが。

後は自分が担当していた仕事をほかの人に引き継ぎすることがメインになってきますが、「立つ鳥跡を濁さず」で最後までやる気をもって仕事を頑張る方も多いでしょう。

あと腐れなく最後まで誠意を示して円満退職を目指すのも悪くはないですが、もう退職するのですから多少は「自分本位の行動」に出たってかまわないのです。

退職日までのおすすめの過ごし方

もう会社を辞めることが決まったのですから、まわりの同僚たちにそれほど気を使う必要はありません。

もう今の会社で昇進することもありませんし減俸の心配もありません。

会社を辞める人間なのですから、よほどのことがない限りは上司から叱られることもないでしょう。

ですので残りの出勤日は最低限のことをすればいいのです。

退職が決まった後はこんなことができます。

・残業しないで定時で帰る

・有給休暇をできるだけ消化する

という点です。

もう残業などはしなくてもいい

今までは上司や同僚たちに気を使って残業していましたが、辞めることが決まったら残りの期間はそんな気を使わなくてもいいのです。

定時の帰宅できる時間になって「じゃあ、お先に」と言って帰ってしまうと、上司や同僚から苦々しい目で見るかもしれませんが、退職してしまえばもう顔を合わせることもありませんし文句を言われることもありません。

「もう退職する人だから」という半ばあきらめた感じで何も言われないことが多いでしょう。

ほかの人は残業しているのに自分ひとりだけ定時で退社するのは気が引けると思いますが、職場では最低限のことをこなせば、あとはそれ以上のことをやる必要もないのです。

辞めてしまう職場で自分の評価をこれ以上あげても意味がないですからね。

「残業代が欲しい」というのならともかく、サービス残業まで気を使ってやる必要はありません。

多少強引でも定時で帰れそうなら帰ってしまいましょう。

有給休暇もしっかり取得する

それに「退職は決まっているけど転職先は決まっていない」のであれば、定時で切り上げて転職活動に時間を使った方がいいですよね。

上司には「転職活動をしますので定時であがらせてください」といえば了承してもらえるかもしれません。

あとは残りの有給休暇をなるべく消化して退職するようにしましょう。

退職することが決まって自分の仕事の引き継ぎも終われば、あとは有給休暇を取得して退職日まで休める会社も多いと思います。

有給休暇がどのくらいの期間になるかは上司との話し合いになりますが、事前に会社の就業規則の有給休暇や退職の項目をよく読んでおきたいですね。

退職することが決まれば多少は強気に出ることもできます。

職場によってはできないこともあるかと思いますが、辞めてしまう会社に必要以上の義理立てはしなくてもいいのです。

これまでお世話になった会社に感謝しつつ、最後は自分のわがままを通してもいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク