飲食店に就職するメリットはどこにあるのか?

飲食業界に就職・転職したいという方は多いと思います。

この業界は仕事の種類もいろいろとありますが、主に「残業が多いため会社に拘束される時間が長い」とか「休日が少ない」というイメージがあります。

そのためにこの業界はほかに比べて人気がなく、人手不足になっている飲食店もけっこうあります。

実際に飲食業界ではたらいている私の知り合いに話を聞いてみると、今も多少の不満があるようですが、最近は人手不足の危機感から職場環境も変わってきているようです。

それと飲食店に就職したときのメリットなども教えてもらいました。

飲食業界を志望している方はぜひ参考にしてみてください。

独立して自分の飲食店を持ちたい人が多い?

私の知り合いの人も言っていましたが、飲食業界に就職する方は「今後独立して自分の店を持ちたい」という方が多いそうです。

ほかの業界だと「独立」することがむずかしく、そのままずっと会社の従業員としてはたらく人が多いですが、飲食業界は他と違って独立志向の方が多いようです。

一度就職して仕事の経験を積んでから独立して、自分で飲食店を経営したいという将来のビジョンを持っているのですね。

飲食店でアルバイトとしてはたらくと「調理」や「接客」などの仕事はできますが、ほかのことはあまりやらせてもらえません。

でも正社員として就職すれば「調理」や「接客」のほかに「飲食店の経営の仕方」や「お金の管理の仕方」や「従業員の雇い方や教育の仕方」などを学ぶことができます。

そうしたことをひと通り経験してから資金をためて独立する方が多いようですね。

独立して「自分で経営する飲食店をつくりたい」とか「事業を展開してお金を稼ぎたい」などの希望をかなえやすい業界なのかもしれません。

また規模が大きい会社ならお店を一店舗まかされて、そこで成果を出せば昇進することができるなど実力主義の会社も多いです。

飲食業は定年まで同じ職場でいる方は少なく、ある程度経験を積んだらほかへ移ったり独立したりという方が多いようです。

「調理」や「接客」の仕事に興味がある

また飲食業界に入ってくる方は「調理」や「接客」などの仕事が好きで入ってくる方も多いです。

もともと料理をすることが好きだったり、人と接することが好きで飲食業に就職する方もいます。

来店するお客さんとコミュニケーションがとれる仕事ですので仕事の充実感も得られますし、お店の料理やサービスを褒められたりすると嬉しいですよね。

それに飲食業界は人手不足を解消するために、職場環境の改善にも力を入れるようになってきました。

これまでは拘束時間が長くて休日が少ない会社が多かったですが、最近は24時間営業をやめるファミレスや元旦を休日にする会社も出てきました。

長時間労働に対する世間の風当たりが強くなっているため、会社によっていろいろと改善が進められているのです。

今はバイトの人数を増やして社員の負担やストレスを減らしたり、しっかりと休みが取れる飲食業の会社も増えてきました。

それに飲食業界の正社員の給与も上がってきています。

飲食業界のアルバイトの時給も上がっていることはニュースで取り上げられていますが、正社員の給与も年々上昇してきているのです。

飲食業界も幅が広いため、今までとほとんど変わらない飲食店もありますが、残業が少なくてしっかり休めて給料も比較的高い会社も出てきました。

今後は働く人にとって将来性のある業界になっていく可能性もあります。

この業界に興味がある方は就職・転職先を探してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク