圧迫面接を受けたときの対処の仕方

就職・転職活動で「圧迫面接」を受けた方はいらっしゃいますか?

最近はそうした企業も少なくなったと思うのですが、まだ圧迫面接を行っている企業はあると思います。

面接を受ける側としてはイヤな思いをしますよね。

ここでは「実際の圧迫面接はどういうものなのか?」または「圧迫面接だった時にはどう対処したらいいのか?」を紹介していきます。

企業の面接官が圧迫面接をする理由

企業の面接官が圧迫面接をするのは、このような理由が考えられます。

・圧迫面接で応募者のストレス耐性をみている

・面接官の性格の問題

・応募者が「圧迫面接だ!」と誤解してしまう

という点です。

圧迫面接で応募者のストレスの耐性をみている

圧迫面接とは、面接官が応募者に対して威圧的な発言や質問をすることを言います。

圧迫面接をする理由のひとつは、ストレス耐性を見るために行われることがあります。

入社しても上司や先輩からちょっと注意されたり、仕事で多少のストレスを感じただけですぐに会社を辞めてしまう人もいます。

入ったばかりの社員にすぐに辞められてしまったら、これまで教えてきたことが無駄になりますし、また人を雇わないといけません。

そのようなことを避けるために、わざと圧迫面接をしてメンタルの弱い人をふるい落とすためにやっている面があります。

また営業やクレームを受けるような仕事だと、取引先やお客様から厳しいことを言われることも多いため、それに耐えられるかの見極めもしています。

「圧迫面接ぐらいで弱気になる人は採用しない」と考えている企業もあるでしょう。

企業の面接官も好きで圧迫面接をやっているわけではなく、こうした理由で「意図的」に圧力をかけて応募者の反応を見ているのですね。

「圧迫面接をする企業=ブラック企業」というわけではありませんが、圧迫面接をする企業はプレッシャーが強くストレスがたまる職場の可能性がないわけではありません。

面接官の性格の問題

応募者のストレス耐性をためす場合は、面接官も「そんなことやりたくないな」と思いながらやっているところもあります。

しかし中には応募者をためすとかそんな意図はなく、面接官の意地の悪い性格がそのまま面接に出ている場合もあります。

応募者の履歴書やエントリーシートを見ながら、名前や出身校や前職の勤務先、免許や資格、志望動機などを見て小バカにしたり。

ちょっと威圧的な態度をとったり、選考と関係のない不適切な質問ばかり繰り返す面接官もいるでしょう。

「面接官が意図的に圧迫面接をしているのか?」「ただ性格が悪い人なのか?」を判断するのはむずかしいところですが、面接官の指導が行き届いていない企業というのは怪しい感じはしますよね。

応募者が「圧迫面接だ!」と誤解してしまう

あとは面接官が圧迫面接をしている自覚はなくても、応募者が「圧迫面接している!」ととらえてしまう場合もあります。

例えば、面接のときに質問の回答を事前に考えてくる応募者もいます。

それを聞くと模範的な回答で優秀そうに見えるのですが、その人の素の部分が見えないためにどんな人なのか、いまいちよくわからないときがあります。

そのため応募者の回答に対して突っ込んだ質問をしてみたり、応募者が予想してなかった質問をしてどう回答するのかを見る面接官もいます。

臨機応変に対応できるかを見ているのですが、その時の質問内容や面接官の態度が圧迫しているように感じてしまうこともあるようです。

面接官は圧迫面接をしているつもりはないけど、応募者はそう感じてしまうことがあるのです。

気の弱い人にとっては普通の会話が圧迫面接に感じる事もあるでしょうし、面接官も普通の人間ですから応募者が非常識な態度や返答をすれば感情的になって言葉が荒くなる時もあるでしょう。

圧迫面接かどうかは自分だけで判断しないで、ほかの人にも聞いてみてください。

面接のときの質問内容や面接官の態度などを覚えておいて、面接終了後にほかの人から客観的な意見をもらった方がわかりやすいです。

このように圧迫面接だと誤解されてしまうこともあります。

圧迫面接に対する対応の仕方

圧迫面接の対応としては冷静に返すことです。

面接で威圧的な態度を取られたり怒鳴られたりすると、予想外のことに対応できなくて気持ちが萎縮して黙ってしまったり、逆に腹が立って言い返してしまうこともあると思います。

そんな時でも冷静に自分の意見を言えるかどうかです。

何を言われても自分の意見をハッキリ伝えるようにしましょう。

よほどひどいことを言われたときには「この会社はダメだな」と心の中で思っておきましょう。

面接官が自分でわざわざ「この会社はヘンだよ」ということを教えてくれているのです。

「圧迫面接に耐えられるようじゃないと勤まらない会社」だとわかるのですから、間違えて入社してからわかるより面接でわかったほうが幸せですよね。

圧迫面接をする企業から内定をもらったときに入社するかどうかは、ご本人の判断次第です。

お互いに選ぶ権利はあるのですから「圧迫面接をするような企業に入社したくない」と思ったら内定を辞退してもいいのです。

最近はSNSなどでうわさがすぐに広がってしまいますし、応募者も企業の顧客になる可能性もあるため面接での言動に気を使う企業は多いと思うのですが、それでもひどい圧迫面接を行うところもあるようです。

圧迫面接をすれば応募者は悪い企業イメージを持ってしまって、内定を出しても入社しない人も出てきますし、良い人材が確保できるとは思えません。

おそらく求人を出せば応募者がたくさんやってくる待遇のいい企業で、なおかつ時代遅れの古い体質を持ったところなのかもしれません。

新卒の就職活動や中途採用でも、どの業界でもそうした企業はありますので選ぶ際は慎重に選びましょう。

以上ですが、面接の際の参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク