面接終了の数時間後に不採用の連絡が来たときの気持ちの落ち着かせ方

応募した企業の最終面接が終わったあとに、こんなこともあります。

面接官「今回の面接の結果は1週間以内にメールでお伝えします」

応募者「1週間以内か・・・結果が来るまでドキドキする」

面接終了から3時間後、

応募者「おっ、メールが来た」

メール「今回は残念ながら、不採用となりました」

「はやっ!」

日にちを置かずにソッコーで結果を送ってくる企業もありますが、そんなことがあると突然すぎて驚きますよね。

面接の即日に不採用の連絡が来るのはなぜ?

「結果は1週間以内に伝えます」と言っておきながら、面接終了後のその日のうちに結果を送ってくる企業もあります。

それはどういうことかと言うと、もう面接の途中や終了時にある程度は結果が出てしまっているのです。

企業の面接官は面接終了後に、

・合格者

・合否に迷う人や合格補欠者

・不合格者

の3つに分けます。

もう結果が出ているのは「合格者」と「不合格者」です。

合格者には、ほかの企業に取られないために早めに面接通過や採用の連絡をします。

不合格者も結果が出ているために、時間を置かずにすぐに結果の連絡をします。

そして面接終了後に合否の判断がつかない合格ラインギリギリの人は、とりあえず保留にして1週間以内に結果を出します。

または合格者に連絡をして、面接通過や採用を辞退されたときのための補欠合格者として結果を期限まで伝えずに保留しておきます。

企業にもよりますが、こんな感じで決めているのですね。

即日に不採用を伝えるってひどくないの?

「面接が終了して家に帰ったときに、不採用の電話やメールが来た」なんてこともあるでしょう。

面接終了時にもう結果が出ているのですから、企業もしばらく時間をおいてから伝える必要もないですし、「当日に早く伝えたほうが応募者も次の行動に移りやすいだろう」という配慮もあります。

結果が出るまで時間がかかって期待させておいての不採用よりも、早く結果が分かった方が次の応募先をすぐに探せますので、その分だけ時間が無駄になりません。

それに結果を待っていて気持ちが落ち着かないときよりも、良くも悪くも結果がわかった後の方が行動を起こしやすいですよね。

また今の就職・転職活動は複数の求人に同時に応募することが当たり前になっています。

他社から内定をもらえて承諾の返事を企業から催促されている時に、本命の企業からのなかなか結果の連絡が来ないという状況もあります。

こんな時などは早めに結果がわかった方がいいですよね。

結果がすぐにわかった時の気持ちの切り替え方

不採用の結果が面接が終わったその日のうちに来ようと3日後に来ようと変わりはありません。

結果がよほど悪いというわけではなく「いつ連絡するか?」の違いだけです。

不採用になった理由は教えてもらえませんが、企業が必要とする人材ではなかったということで、他にも同じようにすぐに不採用の連絡をもらった応募者もたくさんいると思います。

ですのであまり気にしないようにしましょう。

採用されなかったのは「応募先の企業と縁がなかった」のか「面接がうまくいかなかった」といった理由だと思います。

条件の良い企業は応募者も多くて競争率も高くなりますし、企業の面接官と相性が良くなければ落とされることもあります。

不採用になると気持ちも落ち込みますが、応募先の企業をよく吟味して、面接のやり方も自分でよく振り返って工夫した方が採用される率も高くなります。

面接が終わってからすぐに不採用の連絡が来るとびっくりするかと思いますが、気持ちを切り替えて次に応募する企業を探していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク