「大卒」と「院卒」はどちらが就職率が高いのか?

「大卒(大学を卒業)で就職するか、大学から大学院に進学して院卒(大学院を修了)で就職するか?」で迷っている方もいると思います。

ここでは大学・大学院の学部ごとの就職内定率を調べてみました。

下記に挙げた数字は、学校基本調査に掲載されている大学・大学院の「卒業後の状況調査」の表番号73,79,83,88,(公開日2017-12-22)より引用しました。

資料には大学・大学院の学部ごとの「正規の職員等(正社員)の人数」と「卒業者数」が載っています。

表示の仕方は、

「正規の職員等(正社員)の人数」/「卒業者数」(%)

として、パーセンテージが高いほど正社員になる人の割合が高くなります(端数は四捨五入してあります)。

ここでは「就職率が高い=正社員になる人の割合が高い」と定義して数字を割り出してみます。

また、大学院は「修士課程」「博士課程」「専門職学位課程」のそれぞれの数字を出してみました。

大学・大学院の学部ごとの就職率

・人文学部(文学、史学、哲学、その他)

大卒 64097/83927(68%)

修士課程修了 1668/4403(38%)

博士課程修了 211/1050(20%)

専門職学位課程修了 49/101(49%)

・社会科学(法学・政治学、商学・経済学、社会学、その他)

大卒 156821/187292(84%)

修士課程修了 4263/6961(61%)

博士課程修了 377/1035(36%)

専門職学位課程修了 2596/4962(52%)

・理学(数学、物理学、化学、生物学、地学、その他)

大卒 8498/18245(47%)

修士課程修了 4651/6185(75%)

博士課程修了 569/1373(41%)

専門職学位課程修了 -/-

・工学(機械工学、電気通信工学、土木建築工学、その他)

大卒 50571/87542(58%)

修士課程修了 27944/31130(90%)

博士課程修了 1939/3324(58%)

専門職学位課程修了 119/169(70%)

・農学(農学、農芸化学、獣医学畜産学、水産学、その他)

大卒 11764/17562(67%)

修士課程修了 3117/3913(80%)

博士課程修了 400/909(44%)

専門職学位課程修了 -/-

・保健(医学、歯学、薬学、看護学、その他)

大卒 40685/59135(69%)

修士課程修了 3529/4863(73%)

博士課程修了 3866/5677(68%)

専門職学位課程修了 57/109(52%)

・商船(商船学)

大卒 41/87(47%)

修士課程修了 22/32(69%)

博士課程修了 -/-

専門職学位課程修了 -/-

・家政(家政学、食物学、被服学、児童学、その他)

大卒 14592/17096(85%)

修士課程修了 236/379(62%)

博士課程修了 29/48(60%)

専門職学位課程修了 -/-

・教育(教育学、小学校課程、体育学、その他)

大卒 31145/45438(69%)

修士課程修了 2284/4103(56%)

博士課程修了 173/421(41%)

専門職学位課程修了 719/878(82%)

・芸術(美術、デザイン、音楽、その他)

大卒 8249/15513(53%)

修士課程修了 600/1833(33%)

博士課程修了 39/157(25%)

専門職学位課程修了 -/-

・その他(人文・社会科学、国際関係学、人間関係科学、その他)

大卒 27452/35926(76%)

修士課程修了 4946/7385(67%)

博士課程修了 711/1664(43%)

専門職学位課程修了 319/539(59%)

就職率は「文系」と「理系」によって分かれる

上の数字を見て、

院卒よりも大卒の方が就職率が高いのは、

「人文学部」「社会科学」「家政」「芸術」「その他」の主に文系の学部になります。

学部や学科にもよりますが、文系の学部は大卒の方が就職率が高くなります。

大学院の修士課程修了の就職率が一番高いのは、

「理学」「工学」「農学」「保健」「商船」の理系の学部になります。

大学院の専門職学位課程修了の就職率が高いのは、

「教育」になります。

この「教育」の専門職学位課程修了は、教員を養成する「教員養成課程」の数字になります。

ですので「教員養成課程」を除くと「教育」は「大卒」が一番就職率が高くなります。

単純に正社員になる割合で就職率を見てきましたが、あくまで参考程度に見ておいてください。

学部・学科のよりくわしい数字は、学校基本調査の資料を見てくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク