合同説明会は行ってみたほうがいいのか?

3月1日から新卒の就職活動が本格的にはじまり、企業の合同説明会(合説)が各地で開かれます。

合同説明会に参加する就活生も多いですが、中には「合説に出てもあまり意味はないから行かない」という方もいます。

合同説明会は企業の選考とは関係ありませんので不参加でもかまわないのですが、「どんなところなのか確かめてみたい」という方もいるでしょう。

ここでは合同説明会の様子や参加するメリットなどを紹介していきます。

合同説明会はどんな感じで行われるのか?

合同説明会の開催場所や日時は、リクナビやマイナビなどのサイトや企業のHP(ホームページ)で告知されて、それぞれの地域のイベントホール等で開催されます。

グーグルで「合同説明会」で検索すれば情報がたくさん出てきますので、興味のある合説を見つけてみましょう。

合同説明会の会場には基本的に学生は無料で入ることができます。

合同説明会は予約なしで入れる会場が多いですが、人で混雑するところは予約が必要な会場もありますので、ネットで確認してから行くようにしましょう。

会場の中では各企業がそれぞれのブースで説明会を行っています。

企業が合同説明会に出展する目的は、合説で自社のことを学生に知ってもらい、その後の個別の企業説明会や選考会に参加してもらいたいためです。

特に今は企業も人手不足で、優秀な学生に来てほしいために合説に力を入れているところも多いです。

企業のPRの場ですので合説で選考をおこなうことはありません。

ですので、ひとりで参加してもいいし友達と一緒でもいいので、気軽な気持ちで参加してみてください。

合同説明会は出入りは自由にできます

合同説明会の会場に行ったら、興味のある企業のブースに行ってもいいですし、ほかもいろいろ見てまわって企業の担当者の説明を聞いてみましょう。

説明会は企業の担当者が口頭で自社を説明したり、映像やスライドを使って紹介したり、会社案内などを参加者に配布して自分の会社のアピールをします。

内容は企業のHPなどで公開している情報とあまり変わらないところが多いですが、担当者の生の声を聞いて雰囲気としてわかることもあります。

説明の後に質疑応答の時間がありますが、基本的には何を聞いてもいいし、質問しなくても大丈夫です。

また来場者の名前を書く名簿がありますので、その企業の個別説明会に参加したいと思ったら、それに名前・学校名・連絡先などを記入をしておくと、後日企業側から連絡があると思います。

興味のない企業からのメールの連絡は無視しても大丈夫です。

企業のブースは予約なしで入れて、早いもの順でイスに座れますがイスが足りないときは立ち見です。

人気のある企業はすぐに満席になってしまい予約が必要な場合もありますが、人気のない企業にはひとりも来ないこともあります。

人気のない企業に行けば担当者に顔を覚えてもらえたり質問もしやすいですし、そうした企業は短時間で何社も回れるなどのメリットがあります。

途中参加や途中で帰宅もOK

各社ごとブースで区切られていて、企業の説明会は予定時間が来たら始まったり、ある程度人が集まったら始まるような感じで行われます。

説明会にかかる時間はだいたい15~30分ぐらいで企業によってさまざまですが、同じ説明を1日に何回も繰り返します。

ですので途中から合説に参加しても企業の説明は聞けますし、おなかがすいたら途中でお昼ご飯を食べに行くこともできますし、興味がなければいつ帰るのも自由です。

大きい会場ならその分だけ企業も多数参加していて見に来る学生もかなり多いです。

東京の大きな合説会場は人でごった返しますので、疲れたり気分が悪くなったら適度に休憩をとるようにしましょう。

合説の開始時間から終了時間まで一日中見て回る人はそれほどいないと思います。

滞在時間は人それぞれでしょう。

合説に参加する人はほとんどがスーツですが、人目が気にならなければ私服で来てもOKです。

持ち物はバッグとメモ帳や筆記用具を持参して、自分で必要だと思うことはメモするようにしましょう。

合同説明会に参加するメリットはある?

就活生にとって合同説明会は「知らない企業を知るためのイベント」です。

もうすでに志望する業界や企業が決まっていると「合説に行く意味はない」と思いがちですが、人気のある企業などはそう簡単に内定はもらえません。

知名度があまり高くない滑り止めの企業を探す目的で合同説明会に参加してみてもいいと思います。

全然興味がない業界や企業でも、話を聞いてみると案外おもしろそうな企業が見つかるときがありますし、今まで見向きもしなかった業界や企業の説明を聞きに行ってみると、新たな発見があるかもしれません。

それに選考がからんでくる個別の会社説明会になると、聞きづらくなる質問も出てきます。

志望先の企業でも合同説明会ならいろいろと気楽に質問ができる場でもあります。

そして志望先の業界の同業他社が参加している時は、それぞれの会社の比較もできます。

また志望する業界や企業が決まっていない方は、いろんな企業のブースをバーッと見て回って気になったところで話を聞いてみましょう。

いろんな業界の話を聞いて視野を広げておくと、就活で行き詰ったときに打開策を見つけやすくなりますよ。

説明会にはできるだけ参加してみる

3月1日になって企業説明会に参加できるようになったら、まず志望する企業の個別説明会への参加を予約します。

そのあとに時間の余裕があれば合同説明会に何度か参加してみて、そこで気になる企業が見つかったら、その企業の個別説明会に申し込むなどしてみましょう。

合説に行くと何か新しい情報がつかめる場合もありますし、反対に何も収穫はなくただ疲れて帰るだけの場合もあります。

しかしいろんな企業を見てまわれるいい機会ですので、あまり期待値は上げずに気軽な気持ちで見てまわってみてもいいと思います。

就活の雰囲気がどんなものかがわかりますので、1度は参加してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク