「前職をやめた理由」の回答の仕方

「前職をやめた理由」をハッキリさせておく

一度は就職したものの、その後退職してしまって、また就職活動をしている方は。

就職活動の面接の際に、「前職をやめた理由」をしっかり説明できるようにしておきたいですね。

めんどくさいかもしれませんが、採用するにあたって、そこが一番の重要な質問になってきます。

そこであいまいな感じでしか答えられなかったり、面接官があまり納得いかないようだと、採用の可能性も低くなります。

採用するほうとしては、「前の会社をやめた理由」をしっかり聞いておきたいのですね。

特に短い期間で辞めてしまったというときは、職歴として不利な材料ではあるのですが、そこをしっかり説明できて面接官の不安を払拭できれば、採用に至る可能性も上がるのです。

採用してもまた前職のように、すぐにやめられてしまっては、会社側もただの骨折り損です。

今度こそは長く勤められるというところを、アピールできるようにしたいですね。

転職活動の退職理由でやめておきたい4つのこと

また「前職をやめた理由」に関して、こうしたところも気をつけましょう。

1:「人間関係による退職」だけではマイナスイメージ

2:「体調不良による退職」だけでは説明不足

3:「在職期間の短い会社がある」ことを隠すと悪印象

4:「前職に対する否定的な理由」は不信感を持たれる

上の4つの退職理由は、面接官からマイナスのイメージをもたれることもあります。

ただそのときの自分の退職理由の伝え方や、その話を聞く人の受け止め方によっては、マイナスのイメージにならないときもあるのですが・・・

「仕事がきつい・ついていけない」「拘束時間が長い」「人間関係が悪い」「セクハラ・パワハラ」「待遇がよくない」などの理由は、人によってどの程度耐えられるかなども違ってきます。

もしかしたら、前職をやめた理由を聞いた会社の採用担当者は、「そのぐらいは耐えられるんじゃないの?」という感想を持つかもしれません。

または「入社してもらっても、前職と同じような感想を持ったら、またすぐにやめてしまうかもしれない」と思われることもあります。

そうなってくると分が悪くなってしまいますよね。

聞く人によってどういう感想を持つか、それぞれ変わってくるところですので、説明するのであれば具体的な数字などを持ち出して言ったほうが、面接官にも伝わりやすいです。

どういう説明をしたら面接官に伝わるのか、前もって考えておきたいところです。

「前職に対する否定的な理由」はどう思われるのか?

「前職に対する否定的な理由」は、単なる前の会社への悪口とみなされて、仕事に対して不平不満を持ちやすいというイメージをもたれてしまうこともあります。

それに採用してもまた不満を持って転職活動をして、「ほかの会社に行ってしまうのでは?」と思われるかもしれません。

この辺は説明の仕方もありますが、理由を客観的に説明しないと、相手も納得してくれないこともありますので、抽象的であいまいな回答は避けておきましょう。

また前職をやめた理由は、基本的には正直に伝えたほうが、自分の言葉にも説得力があって、相手も納得してくれることもあります。

嘘をつくのはよくないですが、退職理由もひとつではなくて、いろんな理由が重なり合って決めたことだと思います。

その複数の理由の中で最もリスクの低い理由を選んで、そのことを重点に説明してもいいですね。

退職を決めた決定的な理由は、面接であまり話したくなかったら、無理に話さなくてもいいでしょう。

前の職場に連絡して退職理由を聞くなんてこともありませんので、その辺は自分で考えた回答でつらぬきましょう。

退職した理由は「更なるスキルアップをはかりたい」など、前向きな理由でもいいですが、それ以外なら「辞めても仕方がないかな」と思わせるような理由にしたほうがいいでしょう。

体調不良による退職理由

「体調不良による退職」だったら、もう体調もよくなって、業務には支障がなければそのことも伝えておきたいですね。

もし体調がまだ万全ではないときは、採用された後の仕事にもさしつかえがありますので、そのこともしっかり伝えておいたほうがいいでしょう。

この理由のときは、「休職扱いにしなかったのか?」といったことや「体調がよくなったら、前の職場にもどる選択肢はなかったのか?」といったことも聞かれると思いますので、回答できるようにしておきたいですね。

家族の介護のために会社をやめたという理由のときも、今後の業務には支障は出ないのか説明しておきましょう。

また勤めていた会社の倒産や、会社の業績が悪くなっての解雇、職場が移転になり転勤ができないために退職などの会社都合の理由のときは、それほど不利にはならないと思います。

どんな理由がいいのか?

どんな会社にいても、不平や不満はつきものです。

ただ前職に対する不平不満だけが理由だと、「ちょっとしたことですぐにやめてしまいそう」と思われてしまいます。

そんなときは無難に前向きな理由として、「前職の将来性に不安を感じて」といったものでいいのではないでしょうか。

この質問は落とし穴も多いので、無理にここでポイントを稼ごうとするよりは、着実によくある回答で攻めていったほうがいいでしょう。

「前職をやめた理由」を聞かれて、ここぞとばかり正直にペラペラしゃべる方もいます。

でも会社の面接官をする立場になると「雄弁に不平不満を語る人に有能な人はいない」ことを知っています。

正直さが買われることもあるかもしれませんが、そこは慎重に理由を考えましょう。

賢い人は無駄なことまでしゃべりません。

「前職をやめた理由」は面接で必ず聞かれます

履歴書や職務経歴書の職歴には、「一身上の都合により退職」と表記してもいいですし、退職理由を簡潔に書き込んでもOKです。

ただまた転職活動をするときは、「前職をやめた理由」を面接で聞かれると思って、しっかり説明できるように考えておきましょう。

今後の将来の夢など、前向きな退職理由のほうが望ましいですが、どれが正解というわけではなく、正直に胸のうちを明かすことも悪くはないと思います。

あとはそれを聞いた面接官の判断次第ですが、特にへんな理由でなければ、本音を語ったほうが、相手の気持ちにも届くでしょう。

自分で納得のいく説明が出来るようにしたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。