会社説明会や面接へ自転車や車で行くときにやってしまいがちなこと

就職活動で車や自転車を使うときの注意点

公共交通機関のほうが便利?

就職・転職活動の会社説明会や面接に行くとき、バスや電車を使うと交通費がかかるので、場所が近かったら自転車で行く人もいると思います。

東京都内で行った事のある近い場所で会社説明会や面接があったら、スーツ姿で自転車に乗っていく人もいるでしょうし。

電車やバスの本数が少なかったり、面接場所が不便な場所にあったら、自家用車に乗っていく人もいるでしょう。

近いところで知っている場所ならいいのですが、はじめていく遠い場所が説明会や面接会場だったら、電車やバスを使ったほうが無難です。

場所にもよるかもしれませんが、特に都内など交通網が発達しているところはそうですね。

電車やバスを使ったほうが、移動時間の予測が出来ますし、より確実で安全です。

自動車でナビを使っていたとしても、途中で道に迷ってしまうこともありますし、あせってスピードを出して事故を起こしてしまうこともあります。

大事なときに何かあったら困ってしまいますので、注意したいですね。

とにかく約束の時間までに目的地に到着することを優先

会社説明会や面接など特に大事な用のときには、「時間までに面接場所に到着する」ことを優先しましょう。

慣れないことをして、何かトラブルに巻き込まれたら、せっかくの面接のチャンスもつぶれてしまいますし、自転車に乗っていって体力をよけいに消耗したら、面接でも影響してしまいますよね。

「予定の時間に間に合わない」と思ったら、あせってしまって、事故にあってしまうなど思わぬトラブルを招いてしまう原因にもなります。

「バスや電車が遅延してしまって、約束の時間に到着できませんでした」という理由なら、会社の面接官も納得すると思います。

でも自転車や車に乗ってきて、道に迷って遅れてしまったというのは、「もうちょっとはやく家を出たり、事前に道を調べておけば、そうしたミスは防げたのでは?」と思われてしまい、印象も良くありません。

大事なときには、リスクの低い方法を選んだほうがいいでしょう。

自動車や自転車を止める場所はある?

また自動車や自転車で会社説明会や面接に行く方は、行った先の面接会場に車や自転車をとめる駐車場・駐輪場があるかも、確認したほうがいいですね。

会社によってはお客様用の駐車場があいてなかったり、駐車場を持っていない会社もあると思います。

目的地に着いたのに、車や自転車を止める場所がなくて、そのあたりをウロウロして約束の時間に間に合わなくなってしまうときもあります。

そんなときは、近くにある有料の駐車場に車をとめるという方法ありますが・・・

駐車場や駐輪場が見つからなくて、探しているうちにどんどん時間が過ぎていってしまう、なんてこともありますので、事前にネットで駐車場・駐輪場の場所などを調べておきたいですね。

ほかの人に送ってもらうならいいのですが、自分で運転していくときは時間に余裕を持って、家を出るようにしましょう。

また自動車・自転車で行く場合も、道に迷ったり、渋滞に巻き込まれるなどの不測の事態が起きることもあります。

自動車・自転車で面接に行くときも、到着時間に遅れないように、遅刻しそうなときは電話で会社に連絡を入れるようにしたいですね。

遅れる電話をするときも、約束の時間を過ぎてから電話するのではちょっと遅いです。

もう遅れそうだとわかった時点で、相手に電話して伝えたほうがいいでしょう。

約束の時間が過ぎてからの電話は、対応が遅いと思われてしまいますので、気をつけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。