面接官は履歴書の端に何をメモ書きしているのか?

面接官は何をメモしているのか?

就活の面接中に、面接官の人が履歴書の端とか用紙にメモを取っている場面を見かけることがあります。

そんなところをみると、いったい何を書いているのか気になってしまいますが・・・

面接官によっても、メモを取る人・取らない人がいますので。

あまり気にする必要もないと思いますよ。

面接官によっては、自社で用意した面接シートに応募者の印象を書き込んだり、フォーマットにチェックを入れるとか、

履歴書やエントリーシートをコピーしたものを見ているので、遠慮なくいろんなことを書き込んだり、そんなことをしているのだと思います。

何人も面接を受けるとなれば、何か自分なりに思い出せそうなことを書いて残しておいたほうが、あとで思い出しやすい場合もありますよね。

私のときは何も書き込んでくれないの?

また、コピーした履歴書やエントリーシートのすみの空白に、何か書き込む人もいます。

面接官によっても、面接中に何か書き込んだり、書き込まなかったりすることもあるでしょう。

そこは面接官のそのときの気分によっても、変わってくると思います。

自分の面接のときは何も書かなかったからといって、気にする必要もないですよ。

応募者が面接中にメモを取るのはどうなのか?

また反対に、面接中に、応募者がメモを取っていいのかというと・・・

何をメモするのかわかりませんが、基本的に、面接中はメモを取らないほうがいいでしょう。

私も面接のときに、メモを取る人は見かけませんでした・・・

そのへんも面接官によって、どう判断するのか分かれるところですが、たとえ許可をもらったとしても、内心はどう思われているかわかりません。

面接官から、「重要なことなのでメモを取ってください」と言われた時以外は、やめておきましょう。

メモを取るなら、話の内容をよく覚えておいて、面接が終了したあとにメモしたほうがいいですね。

面接の内容をノートにまとめてみる

あまりやっていない方も多いと思いますが、会社の面接を受けたら今後のためにも、そのときのことをノートにまとめておくと、次の面接での参考になりますよ。

面接で質問されたことやそのときに自分で答えた内容、ほかに気付いたことなどを、ノートにまとめてみるのです。

文字にして記録して整理することで、あらためて気がつくこともありますので、オススメですよ。

面接のときに、どんな質問をされて、そのとき自分はどんな答えをしたのか?

よく思い出して書き出してみましょう。

「うまく答えられなかったな・・・」と思っても、もう終わってしまったことは変えようがありません。

残念に思うかもしれませんが、次の会社の面接のときに、また同じような質問をされることもあります。

そのときに自信を持って答えられるように、質問に対する新しい答えを、時間のあるときに考えて書いておくといいですね。

面接での質問に正解などないかもしれませんが、時間をかけてよく考えてみれば、自分なりに納得の行く答えも見つかるはずです。

そうやって面接のことを振り返ってみて、ノートなどに記録しておくことでわかることもありますし、次に面接の前に見直していくのもいいと思います。

よくある質問は、事前に答えを考えておく

どこの会社の面接でも、聞かれることはそんなに変わりありません。

たまには予想してなかったことを聞かれることもあるかと思いますが・・・

変わった質問をされたときには、その場で答えを考えるしかありませんが、よく聞かれる質問は必ずあります。

「志望動機」や「自己PR」、「職歴や経歴」など、よく聞かれる質問に対しては、事前に答えをよく考えておいたほうが、面接も有利に進みます。

その場の思いつきで答えるのもいいですが、時間をかけて考えを出したほうが、自分でも納得のいく答えが出ますよね。

スポーツや試験などもそうですが、本番で自分が経験したことをあとでよく見直すことによって、スキルも上達していくものです。

本番でうまくできなかったことを、あとで修正していくことで、自信もついてきます。

うまく答えることができかった質問があったら、次に出てきたときは、自信を持って答えられるようにしておきたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク