面接で志望動機を聞かれなかったけど、その理由は?

就活の面接で志望動機や自己PRを聞いてこない?

エントリーシートや履歴書に志望動機を書いて、その書いた内容を忘れるといけないので、郵送する前にエントリーシートや履歴書のコピーをコンビニで取っておいて、

面接の直前にコピーしたものを何度か見直して、志望動機がしっかり言えるように準備しておいたものの・・・

就活の面接の本番では、志望動機はいっさい聞かれなかった・・・なんてこともあります。

面接のときに、採用担当者から志望動機や自己PRなどは質問されなくて、そのまま終了してしまい、あとで不安になる人もいますよね。

「重要なところだったので、前もって準備してきて、せっかく全部いえるように暗記してまで準備したのに・・・」という人もいると思います。

でも志望動機や自己PRは、面接で必ず聞かれると思って、しっかり言えるように準備しておいたほうがいいです。

細かく暗記までしてくる必要はないと思いますが・・・

面接のときは、あえて重要なことを質問してこない会社もあるみたいですね。

聞かない理由は?

志望動機や自己PRは、エントリーシートや履歴書などにも書いてあります。

質問しても書いてあることとほとんど同じ内容だから、あえて聞かないという面接官もいるでしょう。

「聞かれなかったから不採用」というわけではないですので、そこは心配しなくても大丈夫です。

また「志望動機や自己PRは、履歴書に書いてあることを一字一句間違えずに伝えたほうがいいのか?」ということですが。

そこまで厳密にやらなくても大丈夫です。

履歴書などに書いてあることと同じ内容のことが言えれば、多少は説明のしかたが違っても面接官に伝わりますし、気にはしないでしょう。

もしくは履歴書やエントリーシートに書いてないことを追加して、よりこまかく説明してもいいですね。

自分で書いた内容はきちんとおさえておく

でも履歴書に書いてあることと、面接で言っている内容が違っていれば、「おかしい」と思われてしまいます。

そんな間違いはしないように、自分で書いた内容はしっかりおさえておきましょう。

履歴書やエントリーシートに書いたことを忘れてしまうことは、よくあります。

そんなときのために、コンビニなどに行って履歴書やエントリーシートのコピーをとっておくといいですよ。

履歴書やエントリーシートのコピーをとり忘れて、自分で何を書いたのか忘れてしまって、面接での説明があやふやになってしまう人もいます。

就職・転職活動するときはそんな失敗はしないように、書いたことが忘れそうだったら、しっかりコピーはとって面接の前に確認できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。