グループディスカッションでうまく発言できないときにぜひやってほしいこと

就職活動の選考で、グループディスカッション(GD)をおこなう企業もあります。

選考の中に組み込まれていると、GDが苦手だったり不安に思っている人は、「できるだけやりたくない」と思うこともありますよね。

でもそんなに緊張しないで、気楽な気持ちでやってみましょう。

GDの評価の対象となる点

GDは、応募者の何人かでグループになって、その中でテーマや課題を決めて話し合っていくことになります。

初めて会う知らない人と議論をする経験がほとんどないために、苦手意識を持っている人も多いですが、経験を積んでいくと、コツをつかんで誰でもできるようになりますよ。

評価の対象となる点は、「グループ内で協力し合って結論を導き出せるか」というところと、「話し合いの中に積極的に参加できるか」という点です。

GD中に何も発言しないで黙っていたり発言が少ないと、協力的でないと会社の担当者に思われて、評価も悪くなってしまいますし、

ひとりだけでしゃべって、ほかの人の意見を聞いていなかったり、ほかの人の意見を強く批判するような人も、評価を下げてしまいます。

グループディスカッションで話せない時の対策

GDでなかなか自分の意見がいえなくて、困ってしまう人もいると思います。

最初からうまくできる人もいますが、それはその人が、似たような議論の場で経験を積んでいたからでしょう。

いきなり初対面の人と話し合いをしようといわれても、経験がないとやり方もわからないし、テンパッてしまって、ひと言も話せないまま終了なんてこともあると思います。

やはりある程度慣れも必要で、場数を踏むためにGDの選考がある、興味のない会社を探して参加してみるのもひとつの手ですね。

友達と集まって、GDの練習してみるのもいいと思いますよ。

ほかの人と練習してみることでアイディアも浮かびますし、いろいろとアドバイスももらえると思います。

うまくいかなかったときも、あまり自分を責めないで「そのときはどうすればよかったのか?」を、よく振り返ってみてください。

うまくいかなくても、せっかく経験したGDですから、その場を思い出して何度もシミュレーションしてみたり、気付いた点をノートにメモして整理してみて、つぎのGDのときのためにそなえておきましょう。

その場面で自分はどんな発言をすればよかったのか、どんな流れで議論に参加すればよかったのかなど、いろいろ反省点や感想は思い浮かぶと思います。

そのときの議論するメンバーによって、出来がよかったり悪かったりが変わってくると思いますが、そのときの状況に応じて自分の役割を変えていく柔軟さも必要です。

自分は進行役のタイプではないけど、誰もやろうとしないときは自分でその役を買って出て、挑戦してみるのもいい経験になります。

最初の第一声は気負わないほうがいい

GDでは、「なにか良いことを言おう!」と思うと、肩に力が入って、まわりの意見も聞けなくなってしまいます。

でも自信を持って、自分で思っていることを、そのまま言えばいいと思いますよ。

また何を言えばいいか思いつかないときは、ほかの人の意見に自分の意見をちょっと足して、賛成するようなかたちで発言するのもいいですね。

特別いいことを話す必要はないですし、緊張しているときの第一声は、他人の意見に同調するような発言のほうが、気楽な気持ちで話し合いに参加できますよ。

どんなかたちでも最初に議論に参加できれば、緊張感もやわらいできて、次につながる発言もしやすくなります。

選考にGDがあると、避けて通りたくもなりますが、どうしても入りたい会社だったら、思い切ってやってみましょう。

「失敗したな・・」と思っても、いい点や悪い点は次に生かせばいいのです。

必死で考えているときって、けっこう知らないうちに成長しているものです。

そうした実戦の場数を踏んで、反省点を次に生かしていけば、自分でも驚くぐらいうまくなることもあります。

GDも結局はチームプレイなので、自分のことだけを考えていても、いい評価はもらえません。

まわりをよく観察しながら、うまく議論がまとまるのかどうか、また孤立している人にもしゃべりやすくしてあげるなどの配慮も大切になってきますよ。

GDの必勝法とかはありませんが、自分から積極的に参加する気持ちで、失敗してもめげないで、ぶつかっていく気持ちでのぞんでみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。