求人票に書いてある「休日」で見落としがちな2つの点

「週休2日制」と「完全週休2日制」の違い

就職活動をするときは志望先の企業に「年間の休日が何日あるか?」も重要になってきますよね。

条件のいい会社だったら、

「毎週土曜日と日曜日と一緒に、ゴールデンウィークなどの祝祭日、年末年始、お盆休み」

を休めるのが理想だと思います。

でも「休日」に関して見落としがちな点もありますので、ここで説明します。

まず、求人票に書いてある休みには、基本的に「週休2日制」と「完全週休2日制」があります。

この2つの違いが、ちょっと紛らわしいのですね。

「完全週休2日制」とは毎週土曜日・日曜日は必ず休み。

もしくは曜日は変わるけど1週間のうちに2日の休みが必ずあることをいいます。

求人にも「完全」という言葉が入っています。

ただ会社によっては、そのあたりを多少あいまいに(?)表現するところもあるようです。

求人に「週休2日制」とか記載されていたら、よく注意しておきましょう。

見方がわからない方は「週休2日制と書いてあるから、毎週土曜日・日曜日は仕事が休みなんだね^^」と思うでしょう。

でもそういう意味ではありません。

毎週土曜日・日曜日に必ず休めるときは「完全週休2日制」と書きます。

「週休2日制」と「完全週休2日制」は意味が違うのですね。

「週休2日制」は休みが少ない

「完全週休2日制」は、週2日は必ず休みがあるということ。

「週休2日制」は、1ヶ月のうち“2日休める週がある”ということです。

「週休2日制」は日曜日は毎週必ず休みだけど、土曜日は隔週で会社に出勤になることもありますし、

休みが少ない時は、土曜日は月1回しか休めないとか、そういうパターンもあるのです。

いってみれば、月に1回でも週2日休むことができたら「週休2日制」ということになります。

求人を見慣れてない人にとっては、「週休2日制=土日休み」と勘違いしてよく確認しないで、内定を承諾してしまう人もいるでしょう。

休日や休暇に関しては、面接のときや内定が決まってからでも、人事担当者に聞いてみてください。

特に「週休2日制」と書いてあるだけで、それ以上の説明がないときは、どういうことか質問しておいたほうがいいですね。

会社でも、入社してから意見の食い違いがあって、すぐに退職してしまう人を少なくするために、休日や給与などのくわしい説明をするところも多いと思います。

でも、中には特に説明などしない会社もあるかもしれません。

就活して内定が決まったあとも、承諾する前の事前の説明で、何かわからないことがあったら自分から人事担当者に聞いておきましょう。

入社してから「何で休日を確認しなかったんだろ?」ということがないようにしたいですね。

年間の休日日数はどうなるか?

ここで年間の「休日日数」を計算してみましょう。

2018年は土曜日は52日、日曜日も52日あります。

そして祝日は1月1日の元旦から12月24日の天皇誕生日の振替休日までの、土日を除く月~金のすべての祝日を合計すると13日あります。

土曜日 52日

日曜日 52日

祝日  13日

となり、休日は合計で117日になります。

それにくわえてお盆休み、年末年始の休みの日数は会社によって変わってきますが、一応の目安として計算してみると、

土日祝日を含まないお盆休みは8月13日(月)~16日(木)の4日間。

土日祝日を含まない年末年始の休みは1月2日(火)と3日(水)と12月31日(月)の3日間で両方合わせて計7日間。

これをを合計すると、

117+7=124日となります。

求人に年間の休日日数が書いてあるものもありますが、

だいたい年間の休日が120日を越えたらだったら「完全週休2日制で祝日とお盆休み・年末年始の休みがある」

ということになります。

「年間休日が105日」の場合

また、「年間休日が105日」と書いてある求人も見かけます。

この場合は「日曜日と祝日とお盆休み・年末年始の休みがあって、土曜日は休みだけど月に1、2日出勤」といった感じになると思います。

月に1回の土曜日出勤と月に2回の土曜日出勤が毎月交互に来ると、(月1回×6カ月)+(月2回×6カ月)となり、土曜日の出勤日は年間で6+12=18日となります。

そうなると年間の土曜日休みは52-18=34日となります。

2018年は土曜日(34日)+日曜日(52日)+祝日(13日)+お盆休み・年末年始休み(7日)で合計106日となります。

もしくは「土曜日・日曜日休みの完全週休2日制で、祝日とお盆休み・年末年始休みはなし」でも同じぐらいの日数になります。

土曜日(52日)+日曜日(52日)で計104日休み。

年間休日が105日でも会社によって休日の指定は変わってきますので、これは一応の目安にしてください。

「年間休日が96日」の場合

「年間休日が96日」という求人もあります。

これは「日曜日と祝日とお盆休み・年末年始休みがあって、土曜日は隔週ぐらいで休み」となるパターンだと思います。

2018年は土曜日隔週(26日)+日曜日(52日)+祝日(13日)+お盆休み・年末年始休み(7日)で合計98日となります。

「年間の休みが少ないと損した気分になる」と思うかもしれません。

でも年間の休日が120日と多くても、残業時間が多いと負担になるときもあるでしょう。

それに年間の休日が96日ぐらいでも、残業も少なくほぼ定時で帰れる職場なら負担も少ないと思います。

「土曜日の出勤日は、残業していなかった分を働く」と思えば、それほど変わりはないのかもしれません。

休日数だけでなく「週の労働時間」も加味して計算して考えてみたほうがいいですね。

「年間休日が90日以下」の場合

2013年の厚生労働省の調査によりますと「企業の年間休日数は、平均で105.4日」となっています。

でも現実には年間休日が70日~80日という会社は普通にあります。

「年間休日が65日」という会社も、求人サイトで見かけました。

上の厚生労働省のサイトの「年間休日総数」を見ると、年間休日が69日以下の会社もちらほらあることがわかります。

特に宿泊・飲食サービス業では10.5%と突出して多いですね。

お客様相手の職業は、やはり休みを取りづらいという点はあるのでしょう。

労働基準法で決められた法定休日は「週1日または4週で4日休み」となっています。

ですから、年間52週で52日の休日があれば合法です。

それにしても69日以下は休みが少ないですね。

逆に比較的休みが多い業種は、「電気・ガス・熱供給・水道業」「情報通信業」「学術研究、専門・技術サービス業」あたりでしょうか。

「情報通信業」は休みなしで仕事をしているイメージがあって、ちょっと意外でした。

求人票を見るときは、こうしたことも参考にしてみてください。

おそらく会社ごとに「休日カレンダー」のようなものを作成していますので、入社する前に「休日の日数とスケジュールはどうなっているのか?」

また休日出勤や残業時間なども考慮してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク