就活の面接で「ネクタイ」がどれだけ影響してくるのか?

就職活動で一番いいネクタイは?

就活用のネクタイを選ぶときは、ちょっと迷うこともあると思います。

色や柄によって印象も変わってきますし、どれがいいかで迷ってしまって決まらないときもあります。

しかもネクタイは、面接官と向き合ったときに真正面の見える位置にありますので、気にもなりますよね。

「就活のときはネクタイだけでも個性を出したい」という方もいると思います。

締めているネクタイを見ると、その人の性格とかセンスがなんとなく伝わってくることもありますが・・・

それほど「ネクタイ選び」にこだわらなくていいと思います。

就職活動は、ネクタイで決まるものではありません。

よっぽど奇抜な色や柄やかたちのものでなければ、選考に影響することはありません。

またブランド物の高価ないいネクタイをしてきたからといって、面接で有利になることもありません。

よって、ネクタイ選びに時間をかけることは、意味がないのです。

ほかの人にも見てもらっても問題なく、自分で気に入ったネクタイがあれば、それをしめて面接に行きましょう。

就活ではNGになるネクタイ

就活でつけていかないほうがいいネクタイはあります。それは、

・礼服や喪服でつける白もしくは黒のネクタイ

・ニットタイやナロータイ

・色や模様が派手なネクタイ

などはやめておきましょう。

結婚式の時に締めていく無地の白いネクタイや、お葬式にしていく無地の真っ黒のネクタイも就職活動ではNGです。

それとシルクなどで編まれたニットタイや、長細いかたちをしたナロータイなどは、就職活動ではふさわしくありません。

それらは面接官に「何そのネクタイ?」と突っ込まれますのでやめておきましょう。

最近は就活用ネクタイと似たようなナロータイも売っていますし、市販のネクタイにも細めのものが増えてきています。

しかし就職活動で使うネクタイを買うときは、基本はスーツの売っているお店で選ぶようにしましょう。

おすすめのネクタイの色や柄

ネクタイの色や柄は、基本は何でもいいと思います。

ただ「それだと決まらない」という方のために、私のおすすめを紹介していきます。

といっても、そんなに変わったものではありません。

無地の白や黒のネクタイはいけないので、シンプルにその間を取って「グレーの無地のネクタイ」でも悪くないと思います。

ただ寒色系は全体的にちょっと地味な感じになってしまいますので、ほかの色を入れてみてもいいですね。

就活の時は元気で活発な印象を与えた方がいいので、明るい色のネクタイがいいと思います。

基本は「紺・ネイビー」などの青系の色か「ワインレッド」などの赤系に人気があります。

特に新卒の就活の時は青系のネクタイが多い印象ですね。

それか茶色や深緑、紫などの落ち着いた色のネクタイも人気があります。

就活用のスーツの色は黒系が多いですし、その中に着るシャツは白ですから、それ以外の赤・青・緑の三原色をネクタイに加えたほうが、おしゃれで見栄えもよくなります。

柄も「無地」から「ドット」「小紋柄」「ストライプ」「チェック」などいろいろあります。

柄はどれを選んでも間違いはありませんし、自分の好きなものを選べばいいと思います。

黒系のスーツなら、斜めにストライプの線が入ったレジメンタルの柄がおすすめです。

赤や青の濃い色のストライプが入っている落ち着いた感じのネクタイがけっこう似合うと思います。

赤系のネクタイは「情熱的」「積極的」といった印象を相手に与えます。

青系のネクタイは「清潔感」「爽やかさ」といったイメージがあります。

これが特別いいというわけではないですが、こうしたネクタイを選んでみてもいいのではないでしょうか。

レジメンタルならピンクや水色、黄色などのちょっと明るい色が入っていても、それほど目立たないし就活でも使えますよ。

またアマゾンで人気の就活用ネクタイは、

こうした5本セットで3000円をちょっと越えるぐらいのを買って、日替わりでネクタイを変えて面接に行ってもいいですね。

ネクタイはどこで買うか?

自分の親や彼女から、誕生日やクリスマス、バレンタインなどでネクタイをプレゼントしてもらうこともあるでしょう。

就活用の色やデザインだったら、それを使って面接に行ってもいいですね。

プレゼントとしてもらった、何万円もするグッチやバーバリーなどのブランドのネクタイでも、似合っていればそれをして面接に行ってもいいと思います。

ただネクタイをしめている面接官も、相手のネクタイが安物なのかブランド物なのか見た目には判断がつきませんし、「安物のネクタイだからダメ」というわけでもありません。

自分で就活用のネクタイを買うのであれば、ネット以外では「洋服の青山」「AOKI」「コナカ」「はるやま」「スーツカンパニー」などのスーツ量販店や「イオン」「西友」などで、1000~5000円のネクタイを選べば十分です。

1000円ぐらいの安いネクタイでも、色や柄やデザインに変わりはありませんし、見た目にもわかりませんので、値段はそのぐらいからのものを買えば十分使えます。

お店でネクタイを買うときはスーツを着ていって、ネクタイを当ててみて気に入ったものを買うといいですね。

選ぶ自信がないときはお店の店員に選んでもらいましょう。

ネクタイは何本持っていればいいか?

就活用のネクタイは、一本あればとりあえず間に合うと思います。

使っていても、それほど汚れるものでもないですよね。

もちろん何本かネクタイを持っていて、応募先の業界や会社ごとに、あるいは自分の気分にあわせてネクタイを変えてもいいですが…

会社ごとにネクタイを変えたからといって、選考には影響はないです。

業界によって好まれるカラーがあると思いますが、濃い赤or青系であれば割とどこでも通用すると思います。

同じ会社で面接が何回かあって、前回と同じネクタイをしていっても、「いつも同じネクタイだね!」なんてことは言われません。

面接も何回かあれば、面接官の顔ぶれも変わりますよね。

証明写真に写っているのと違うネクタイを面接にしていっても、全く問題はありません。

またネクタイピンをつける方もいますが、それはつけるつけないどちらでもいいと思います。

基本的に面接官は、相手のネクタイの色や柄はほとんど見ていませんし、気にも留めていませんし覚えてもいません。

一応の身だしなみが整っていれば、全く問題はないのです。

ただネクタイで目立ちすぎてしまって「ちょっと派手すぎる」などのマイナスの評価をされることはありえますが、逆に「いいネクタイをしているから」ということでプラスの評価をされることはまずないです。

それと証明写真を撮るときと面接のときは、ネクタイをしっかりと締めておきましょう。

結び目が緩んでいるとだらしなく見てしまいますので。

以上ですが、就活でネクタイを選ぶときの参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク