就職活動中にかかってきた電話に出られなかったときは?

知らない番号から電話がかかってきたら?

就職・転職活動をしているときは、応募した会社の採用担当者から電話がかかってくることもあります。

それにはしっかり対応できるようにしたいですね。

会社の担当者は会社の固定電話でかけてくることもありますし、個人の携帯電話でかけてくることもあります。

電話番号が表示されない非通知や知らない番号だったとしても、もしかしたら応募先の会社からの電話かもしれませんので、とりあえず電話に出てみましょう。

「一度電話に出られなかった」といって、採用から不採用に変わる事はありません。

ただ「知らない番号だから・・」といって3、4回同じ番号から電話がかかってきても電話に出ないで、その後も折り返しの電話をしなかったときは、

「ウチへ就職する気はないのかな・・」と会社側も思ってしまうこともあります。

普段は非通知でかかってきた電話には出ないという方も、非通知拒否設定をOFFにして、就活のときだけは出るようにしましょう。

留守電は設定しておきましょう

何かの用事で電話に出られなかったり、電話がかかってきても気がつかないときもあります。

そんなときのために自分の携帯電話の留守電の設定はONにしておきましょう。

留守電を設定しておけば、電話の相手も「自分の名前」と「会社名」と、「簡単な用件」を入れてくれますので、誰からの電話なのかわかりやすいです。

「またかけ直します」などの留守電のメッセージが残っていても、電話がかかってきたことがわかったときは、

相手からまた電話が来るのを待つより、自分から折り返しの電話をして用件を確かめたほうがいいですね。

また相手から電話がかかってきたときは、自分が電話を取れない状況になっているかもしれません。

時間が経てば電話が来たことを忘れてしまうこともありますし、自分が電話ができるときに、はやめに用件を聞いて済ませてしまったほうがいいですよね。

できることは早めにやってしまいましょう。

不在着信があった場合は?

かかってきた電話に出ることができず、留守電にメッセージも残っていない場合。

着信履歴で電話をかけてきた相手の電話番号がわかるときがあります。

でも「この番号は知らないな」というときは、番号検索をしてみましょう。

グーグルなどに電話番号を入力して検索すれば、どこの電話番号かがわかります。

固定電話であれば企業名がわかりますし、携帯電話でもどこの番号かわかるときがあります。

就職・転職活動と関係のない営業の番号なら無視して、企業からの電話だとわかったら折り返し電話をしてみましょう。

どこからの電話かわからない場合は、折り返しの電話はしないで、またかかってくるのを待ってもいいと思います。

折り返しの電話の仕方

折り返しの電話を個人の携帯電話にするときは、電話をかけてきた本人が出ますので、

「○時頃にお電話をいただきました○○(自分の名前)です」

で話が通じると思います。

しかし会社の固定・携帯電話に折り返しの電話をするときは、ほかの社員が電話に出ることもあります。

そのときの言い方としては、

「お忙しいところ失礼致します。私(わたくし)、△△大学の○○(自分の名前)と申します。○時頃に御社(おんしゃ)の採用担当者様よりお電話を頂いたのですが、出ることができませんでしたので、折り返しお電話いたしました」

と切り出してみましょう。

そのときに採用担当者が不在のときは、「ではまたお電話をお待ちしております」と、電話に出た会社の人に伝えればいいと思います。

折り返しの電話は、就業時間内にするようにしましょう。

あとは始業直後やお昼休みの時間帯などは避けましょう。

10~12時、13~17時くらいが妥当だと思います。

夜の遅い時間帯や土日や祝日で会社が休みのときは、会社の留守電に伝言を残すよりも、休み明けに電話をするようにしましょう。

電話対応がうまくできなくて後悔する?

会社のほうから何度も電話をかけてきたのに、それに出ることがなかったり。

電話対応で緊張してしまって、自分の名前を名乗らなかったり、言葉づかいや敬語がおかしかったり、電話している最中に間があいてしまったり。

それで電話を切ってから「話の仕方がボロボロ・・」と、後悔することもありますよね。

でも電話の対応がそんなにうまくいかなくても、よほどのことがなければ心配しなくても大丈夫です。

会社の人も仕事中はたくさんの電話を取りますし、電話をかけてくる人の対応を一人ひとりチェックしているわけでもありません。

仮に「ちょっと電話対応がおかしい」という感想を会社の担当者に持たれたとしても、その後の面接でしっかり対応ができれば、いくらでも挽回できます。

面接でうまくやれば、「電話対応のときは緊張していたか、あわてていたんだな」ぐらいに思ってくれるのではないでしょうか。

電話をするときに、言いたいことや用件を忘れてしまうようなときは、メモに言いたいことを書いて、電話口でそれを読み上げればいいのです。

そうすれば失敗も少なくなりますよ。

電話に出られない時間帯があるときは?

転職活動の時など日中は仕事をしていて、応募先からの電話に出られないようなときは、履歴書の備考欄に、そのことを書いておいてもいいですね。

例として、

「現在は仕事をしておりまして、日中は電話に出ることができません。

電話連絡がございましたら12~13時、または18時以降にお願い致します。」とか。

昼休みの時間や退社する時間も日によって変わって、決まった時間に電話に出られそうにないときは、

「現在は仕事をしておりまして、日中は電話に出ることができません。

電話連絡がございましたら、よろしければメールで承ってもよろしいでしょうか。折り返しお電話させていただきます。」

と自分の携帯電話のメールアドレスも書いておくと、連絡もとりやすくなります。

連絡のとり方や時間などを、履歴書に書いて知らせておいたほうが分かりやすいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク