仕事しながら転職活動をしたほうがいい一番の理由

在職中に転職活動をしたほうがいい理由

転職活動には2つのやり方があります。

それは、

「仕事をしながら転職活動をする」

「退職してから転職活動をする」

という方法です。

それぞれにメリットとデメリットがあって、その人の事情にもよりますが、可能であれば「仕事をしながら転職活動をする」ことをおすすめします。

これは正社員、派遣・契約社員、パート・アルバイトの仕事でも同じです。

今の仕事を続けながら、仕事終わりの空き時間を見つけて、その間に転職活動をするという方法ですが、良い点と悪い点をいくつか挙げてみます。

良い点

・収入が途絶えない

・条件のいい求人が出るのを待つことができる

・不採用が続いてもあせる必要はない

・妥協して採用先を決めなくてもいい

悪い点

・仕事をしているため、就活する時間が多く取れない

・在職中の会社の上司や同僚にばれる可能性がある

・面接に行くときの理由作りに苦労する

・急募の求人には不利になる

・雇用保険は利用できない

といったところです。

いろいろありますが、働きながら転職活動をする上で一番気にかかるのは「お金」の問題だと思います。

「収入がある」ことは大きなメリット

在職中に転職活動をすることをおすすめする理由は、何と言っても毎月の給料が入ってくるという点です。

これは大きなメリットになります。

「残業時間が多い」とか「休日出勤続きで休みがあまりない」とか「有給休暇も自由に取れない」などの理由で在職中の転職活動はむずかしいから、退職後に就職活動をするという方もいます。

その場合は、それまでの自分でためたお金と、あとは雇用保険を申請すれば、ある程度の生活できるお金は確保できると思います。

でも退職後の転職活動は、いつまで続くかわかりません。

退職してしまうと収入は入ってきませんから、生活するお金がなくなった時点で、またどうするか考えないといけません。

「妥協して入りやすそうな会社に就職するか」、もしくは「アルバイトを見つけて生活費を稼ぎながら就活する」などの方法を考えないといけません。

入りやすそうな会社に入っても、条件がよくなかったり、仕事が厳しすぎてついていけなくて退職してしまい、またふりだしに戻ることもあります。

そうなるとかなり大変ですよね。

退職してからの就職活動は、何かと「お金のこと」が頭をよぎります。

もちろんいい転職先にいける可能性もありますが、手持ちのお金がなくなる「タイムリミット」が頭にちらつきますので、どこかで妥協するような気持ちも出てきます。

また働いているときと違って、就活できる時間はたくさんあるのですが、そのときに求人を出している会社の中から決めないといけません。

会社を辞めてしまうと、長期戦には向かないのですね。

転職活動していることは職場の人には黙っておく

仕事をしながら転職活動をするときは、職場の上司や同僚には何も言わずに秘密にしておきましょう。

有給休暇を取る理由に「他の会社の面接を受けてきます」なんて正直に言ってしまったら・・・

「ウチの会社を辞めるつもりだね^^」と上司に思われて、社内での自分の立場を悪くしてしまいます。

もしかしたら転職活動をした結果、「やっぱり転職はしないでおこう」という結論にたどり着いて、引き続き同じ会社で働くこともあります。

そのときのことも考えておきたいですよね。

そもそも転職活動をしていることを勤めている会社に報告する必要はありません。

そんな義務はありませんし、報告したところで誰も得はしないですよね。

そのためみんな、何らかのかたちでごまかしながら、転職活動をしているのです。

面接に行くために有給休暇が簡単に取れればいいですが、有給を取る理由まで聞かれるときは、その対処にも困ります。

親戚の結婚式や法事などの理由をつけて休む方もいるでしょう。

でもこれも、何度も続けば「あなたの親族は何人なくなったの?」と、だんだん怪しまれます。

怪しまれない休暇理由

ほかに使いやすい理由は「歯医者への通院」でしょうか。

歯の治療というのは、ほかの人からは症状がわかりづらいですし、毎週のように通院するようにもなりますので、それを理由に半休をもらって面接に行くこともできます。

会社の休みの取りやすさにもよりますが、それほど怪しまれません。

「腰の持病」とかでもいいですが、「いつも風邪をひいて休む」などはやはり怪しまれますので理由も自分でよく考えたものにしましょう。

会社によっては在職中ということも考慮してくれて、平日の夕方17時以降とか、土曜日の休みの日に面接をしてくれる会社もあります。

なかなか休みが取れなくて応募した会社の指定してきた面接日に行けないときは、応募先に会社の人事担当者に交渉してみてはどうでしょうか。

また応募した会社から、現在自分が働いている会社に連絡が行くことはありませんので、そのへんは心配いりません。

在職中はみんな、時間がない中でもプライベートの時間を使ってうまく調整しながらやっています。

でも、なかなか仕事が休めなくて、在職中の転職活動ができそうにないときは、退職してからの就職活動を考えてみてもいいですね。

転職活動がバレてしまう原因はどこにある?

転職活動をするときには自分の個人情報を登録することが多くなります。

・転職サイト

・転職エージェント

・ハローワーク

などを利用するときは、最初に自分の氏名や住所や電話番号から現在勤めている会社名などを入力します。

ネットに入力する場合もありますし、用紙に自分の個人情報を記入することもあります。

でもこれらから自分の個人情報がもれることはありません。

転職活動がバレてしまうのは、多くは本人の不注意にありです。

疑われてしまう状況としては、

・仕事中に電話連絡やメール確認をしている

・信頼している同僚に転職活動をしていることを話してしまう

・同僚との会話の中で、ついポロっと言ってしまう

・面接に行く姿やエージェントと会っているところを同僚に見られてしまう

などがあります。

仕事中に電話がよくかかってきたり、スマホでメールの確認ばかりをしていると怪しまれることもあります。

転職活動のような他人に知られたくないことの場合、変にコソコソ行動するようになってしまいます。

そのため余計に「何しているの?」と怪しまれることもありますので気を付けたいですね。

また信頼している同僚に転職活動をしていることを話をしたところ、見事に裏切られて上司に話が行ってしまうこともあります。

上司や同僚との会話の中で転職活動していることをにおわすようなことをつい言ってしまったり。

または飲み会の席で酔った勢いで「ナイショで転職活動をしているから~」と言ってしまうこともあるでしょう。

そして喫茶店などでエージェントと会っているところを同僚に目撃されたり。

あるいは面接で他の会社の建物内に入っていくところを偶然見られてしまう可能性もあります。

どこで誰が見ているかわかりませんので、転職活動中はできるだけ慎重な行動を取るようにしたいですね。

内緒で活動をしていて罪悪感を感じるときは?

嘘の理由で有給休暇をもらったり、みんな仕事で忙しい中で、自分だけ休んでほかの会社に面接に行くことに、罪悪感を感じる方もいるでしょう。

でも有給休暇は自由に取得できるものです。

そして本気で転職したいと思ったのなら、まず自分の気持ちを優先させることが大事です。

在職中の転職活動は、会社は公には認めていませんが、それを禁止しているわけでもありません。

やるのであれば、しっかり自分の気持ちを固めて行動しましょう。

まわりは誰も応援してくれなくて自分ひとりの孤独なたたかいになることもあります。

そのつらさから正直に会社の人に申し出たからといって、応援してもらえるわけではありません。

多少の嘘をついても、それは「自分の将来のため」と割り切って真剣にやりましょう。

どの会社も定年まで自分の面倒を見てくれるわけではないのですから。

ただ家族にはしっかり相談をして了承をもらったほうが転職活動もやりやすくなります。

転職活動をする上で、ある程度の休暇をもらうことは仕方のないことです。

その上で仕事も中途半端にならないようにして、採用が決まったら仕事の引き継ぎなどもしっかりやりましょう。

なるべく円満なかたちで退職して、次の職場に行きたいですよね。

在職中の転職活動のやり方

仕事をしながらの就職活動の手順としては・・・

1.勤務時間外や休日に就職活動の方法や会社の情報収集、求人の検索や申し込みを行う

2.応募した会社への履歴書や職務経歴書を送り、面接を受ける

3.志望先の企業から内定をもらう

4.内定を承諾してから勤めている企業に退職願いを出す

5.仕事の引き継ぎなども終わって退職したら、内定先の企業へ入社

という流れになります。

就業規則の「退職」を読んでおきましょう。

気をつけたいのは、「内定が決まったら入社時期はいつ頃になりそうですか?」といったことは、面接などで必ず聞かれます。

それに答えるために、今の会社をどのくらいで退職できるのか、入社日はいつになりそうなのか、しっかり調べておきましょう。

勤めている会社の就業規則の「退職」のあたりは、しっかり読んでおきましょう。

すぐに入社してほしいという会社以外は、内定承諾から入社まで1~2ヶ月ぐらいは待ってくれると思います。

また内定を承諾したら、勤め先の会社にすぐに退職することを申し出ることもお忘れなく。

言いそびれていると、日にちが過ぎていってしまって、転職先の会社にも迷惑をかけてしまいます。

「突然申し訳ありませんが、一身上の都合によりまして、○月末に退職させていただけないでしょうか?」と、自分の上司に告げましょう。

上司も驚くでしょうし、退職を告げるのは勇気がいると思いますが、いつ言おうかタイミングを計っていても仕方がありません。

言うべきことはすぐに相手に言いましょう。

そのあと「退職願」を書いて上司に渡すようになります。

有給休暇の消化に関して

「退職するときは、残りの有給休暇はすべて使って退職したい」という方もいるでしょう。

有給休暇に関しては、労働者の権利として退職を申し出た後もすべて消化することができます。

まずは有給休暇がどのくらい残っているのかを確認しましょう。

それによって仕事の引継ぎの期間や、その後の退職日までの有給の消化などは、上司とよく話し合って決めたほうがいいですね。

次の転職先の企業への入社日が決まっていれば、それにあわせて退職する日や、自分の仕事の引き継ぎで出社する期間、有給を取得する日数も決まってくるでしょう。

転職先が決まっていれば、有給を完全に消化することができないかもしれませんが、そこは割り切ることも大事です。

まずは会社の就業規則の、退職や有給休暇に関する項目をよく読んでみてください。

そこに書かれていることを考慮しながら、転職の計画をしっかり練るようにして、なるべく円満に退職して転職するしたいですね。

求人の探し方

今はインターネットで転職先の求人探すことがメインになっています。

スマホやパソコンで「転職サイト」と検索してみると、転職サイトがたくさん出てきます。

その中から好きなサイトを選んで登録して希望する求人を探してみましょう。

またハローワークでも求人を公開していますので、そちらでも探してみましょう。

ハローワークやジョブカフェでは履歴書や職務経歴書の添削や面接対策もしてくれますので、場所を調べて利用してみてはいかがでしょうか。

他にも本屋に就職情報誌がありますので、そうしたところもチェックしておきたいですね。

在職中の履歴書の書き方

転職活動をするときには「履歴書」と「職務経歴書」を応募先の会社へ郵送するようになります。

そして現在、仕事をしていることは、履歴書にも書いて伝えるようにしましょう。

職歴の欄は、上から下へ職歴の古い順に書いていきますから、一番最後の行は現職となります。

一番最後の行の書き方は、

「○月○日 △△株式会社入社 在職中」

「在職中」のかわりに「現在に至る」と書いても同じです。

同じ行に「在職中」などが書ききれなかったら、その下の行に書いてもいいですね。

また履歴書の備考欄か、もしくは本人希望記入欄に、「連絡方法や時間帯」と「退職予定日」も書いておきましょう。

勤務中に電話に出ることができなかったら、書き方としては、

現在、勤務中のため、9時~17時の間は、すぐに電話に出ることができません。

何かご連絡等がございましたら、留守番電話にご用件を入れていただくか、メールでのご連絡をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

もしくは就業時間外や、土日は電話に出られることを書いておいてもいいですね。

あとは「入社希望日:○年○月○日より就業可能です」も書いておきましょう。

退職できそうな日から入社希望日を決めて、正確でなくてもいいので、おおよそでもいいから日にちを書いておくと、相手もわかりやすいです。

在職中の不利な点は?

この在職中の転職活動には問題点がひとつあります。

それは「内定をもらっても、すぐに内定先の企業へ入社はできない」という点です。

どの企業も「退職するのなら1~2カ月前に申し出る」ということが就業規則に書いてあります。

現職の自分の仕事の引き継ぎなどもありますので、すぐには退職できないですよね。

法律によると、退職願いを出してから2週間で会社を辞められるようになっていますが、円満退職を考えるのなら会社の就業規則に従ったほうが賢明でしょう。

企業を辞めるには、退職を申し出てから1カ月以上はかかってしまいます。

そのため「急募」の求人に関しては、在職中の方は不利になってしまうこともあります。

そうした求人は、退職者が出たり事業の拡大などで早急に人員を補充しないといけないため「すぐに入社できる人」を求めています。

在職中の方が急募の求人に応募するときは、まず求人先の企業に電話をして「在職中でも応募できるのかどうか?」を聞いてみましょう。

在職中の時点で書類選考や面接に通らない可能性もありますので、最初に聞いてみたほうがいいですね。

転職先から内定をもらったら

転職活動をして志望する企業から内定をもらったら、企業の担当者と入社に向けての話し合いをするようになります。

この時に口約束だけでなく、内定承諾書などの書面で確認できるようにしておきましょう。

そして転職先の担当者は「今の会社をいつ退職できて、いつ当社に入社可能なのか?」を聞いてきます。

このときに現職の就業規則に書いてある退職までの期間を考慮して、

「現在の職場は1カ月で退職できますので、○月初めには御社に入社できると思います」と伝えましょう。

企業の担当者と入社日を確認して入社することが決定したら、今度は現職の上司に退職することを伝えます。

すぐに退職願いを書いて、次の会社へ出社した際に上司に退職する旨を伝えて退職願を渡しましょう。

何社ぐらい受ければ内定先が見つかるのか?

転職するときは「何社ぐらい受ければ内定がもらえるのか?」は知りたくなるところですよね。

転職活動して内定をもらった人は「平均して18社に応募している」というデータがあります。

これはあくまでも平均の数字ですので、すぐ転職先が見つかる人もいますし、平均以上の数をこなさないと見つからない人もいます。

「何社受ければいいのか?」は、人によってかなり変わってきます。

仕事をしていない無職の方なら、就職活動ができる時間に余裕があるため、何社も同時に応募して早く決めてしまうこともできます。

しかし仕事をしながら就職活動をしている方は、自由に使える時間もそれほどたくさんないため、一度に多くの会社に応募できなくて時間がかかるでしょう。

働きながらの転職活動は、1ヶ月で決まる人もいるでしょうし、半年や1年もしくはそれ以上じっくり時間をかけて転職先を探す人もいます。

一度に多くの会社に応募することは、時間が無いので無理ですが、それでも自分の気に入る会社を探すにはいい方法です。

時間をかければ就職活動の仕方や、求人の見方も徐々にわかってくるなどのメリットもありますが、モチベーションが保てなくて途中でやめてしまう方もいます。

そうした長短はありますが、忙しくて時間がない中でも、こまぎれの時間も使ってすすめていけば、転職活動はできるものです。

あとは本人のやる気次第ですね。

自分の目標はしっかりと持って、転職活動が成功することを願っています。

希望する求人がつねにあるわけではない

転職活動をしようと思ったときに「求人をたくさん見てみたけど、自分の希望するような仕事が見つからない」ときもあります。

少し妥協して今ある求人から選んで応募するのもいいのですが、よさそうな求人がないときは2~3ヶ月とか半年とか期間をもうけて、新しい求人が出てくるのを待つという方法もあります。

その間も求人は常にチェックして、「これだ!」と思ったときは応募してみましょう。

いい求人がないときは、あせらずにじっくり待つということも大事です。

今の仕事を続けながら、粘り強く就職活動をすることになりますが、そのほうが自分の志望する求人を見つける確率も高くなると思います。

「じっくり待つ」ということは、なかなかできることではありません。

「早く転職したい」と焦ることもありますし、途中でイヤになって「ここらでいいかな・・」と妥協することもあります。

また、いつまでやればいいのかわからなくて、じれったくなることもあるでしょう。

モチベーションを保つのが大変でイライラするかもしれません。

でも在職中の転職活動は、もっと肩の力を抜いて気楽にやればいいのです。

そんなにあせる必要もありません。

転職活動は根気が一番大事です。

じっくりと1社1社、行きたい会社を見つけて、面接を受けるほうがいいと思います。

自分で納得できる会社へ行くことができないと、結局、何してたのか分からなくなっちゃいますから。

気長にコツコツと就活していったほうが、結果としていい会社が見つかります。

内定がもらえるまで就活する

「何社受ければいいのか?」というよりは、「受かるまでやる」という気持ちで行きましょう。

何社受けたらいいとか数はあまり関係ないですし、人と比べても仕方がないので、それにとらわれる必要もありません。

2、3社受けただけで内定先が決まる人もいますが、そういう人と比較してみても意味がないのです。

受からないときは何十社でも、根気よく就職活動をしていきましょう。

不採用になるとへこんでしまって、気が滅入るかもしれませんが、どこにでも受かる完璧な人なんていません。

相性が悪かったと思って次の求人をさがせばいいのです。

就職活動は根気が必要ですから、あせらずにじっくりと進めて、納得の行く内定先を見つけるようにしたいですね。

おすすめの転職支援サービス

転職活動の時は「転職エージェント」を使うことをおすすめします。

転職エージェントに登録すると、

・転職活動で分からないことを相談できる

・自分に合う求人を紹介してもらえる

・応募書類の書き方指導や面接対策をおこなってくれる

・面接日の調整や給与交渉をおこなってくれる

主にこのようなサービスを無料で受けることができます。

転職エージェントは、2つか3つほど登録して比較しながら自分で使いやすいところを利用してみてください。

特におすすめの転職エージェントは下の3つです。

最初に使う転職エージェントならこちら

「転職したい」と思っても、自分のまわりで気軽に相談できる人がいないと、なんとなく心細いですよね。

そんなときは転職エージェントをうまく利用しましょう。

「リクルートエージェント」は、転職希望者を支援する転職エージェントです。

ここでは「初歩からの転職の仕方」を教えてもらえますし、転職に関する悩み相談にも乗ってもらえます。

転職したことのない初心者の方でも親切に対応してくれますよ。

それに「今の転職市場がどうなっているのか?」とか、転職希望者本人の長所やおすすめの転職先などもアドバイザーの方に教えてもらえます。

「転職先を探している」とか「転職の仕方がよくわかっていない」という方は、まずはこの転職エージェントを利用してみてください。

⇒ リクルートエージェントを見る

DODAエージェントサービス

DODAエージェントサービスは、

転職したいけど、

「何から始めていいか分からない!」

「自己流の転職活動に不安がある!」

という、こちらも転職初心者の方に最適の転職エージェントです。

DODAのアドバイザーが時間をかけて相談に乗りますので、転職活動に自信が持てない方は、まずは登録してみてください。

また業界最大級の求人数をそろえていますので社会人経験の浅いの方や、高収入や好条件の転職先を希望する方にもおすすめです。

ご希望の方は下記の公式サイトよりお申し込みください。

⇒ DODAエージェントサービスを見る

首都圏・関西圏の20代~30代の方に向けた転職支援サービス

「マイナビ」というと、新卒の就職活動で使ったことがある方も多いと思います。

マイナビには「マイナビエージェント」という転職支援サービスがあり、登録者の転職活動をサポートしてくれます。

ここでは20代と30代の方の求人が充実しています。

ほかの転職サイトではお目にかかれない人気企業や人気職種の求人を専任のキャリアアドバイザーから紹介してもらえますよ。

特に東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富にそろっています。

企業の採用担当者と太いパイプでつながっている求人もありますので、そちらも確認してみてはいかがでしょうか。

くわしい情報は下記の公式サイトよりご覧ください。

⇒ マイナビエージェントを見る

上で紹介した3つの転職エージェントは、どれも無料で利用できます。

転職活動のサポートをしてもらえますが、登録していろんなサービスを利用したからといって、ここで必ず就職先を決めなければいけないわけではありません。

自分で気に入った求人が見つからなければ、無理に応募しなくてもいいですし、内定をもらっても辞退することはできます。

これらのサイトに登録して求人を探したり相談に乗ってもらったりなどのサポートも受けたものの、結局就職しなかった人もたくさんいますので心配はいりません。

そして転職サイトを利用することによって、在職中の転職活動がばれるということはないので安心してください。

これらの転職支援サービスをうまく活用して、自分に合う就職先を見つけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする