ハローワークが空いてる日や時間帯を見極める方法

就職・転職活動で求人探しに、自宅から近いところにあるハローワーク(公共職業安定所)へ行ってみると、

「エッ、人でいっぱい!」

と大変混雑しているときもあります。

そのため求人検索や雇用保険の手続きや、その他の用事でもかなり時間がかかってしまうこともあります。

30分や1時間とか長いこと順番待ちしているのも大変ですよね。

それを避けるためにはどうするか?

ここではハローワークでの待ち時間を短縮させるための方法を紹介していきます。

ハローワークが人で混雑する曜日や時間帯はいつ?

ハローワークが混んでいたり、空いている日時としてよく聞くのは、

・月初め、もしくは週初めの月曜日は混んでいる

・認定日は混んでいる

・朝の開庁時間に行けば比較的すいている

・雨や風が強い日、雪が降る日は空いている

など言われています。

確かに当たっているところはありますが、それでも都市部や地方など地域によって混み合う曜日や時間帯は変わってきます。

実際には自分で行ってみないとわからないのですね。

ハローワークによっては混雑状況を知らせてくれるところもありますが、そんなことまでしてくれないところも多いです。

そうでない時はどうしたらいいか?

空いている曜日や時間帯を知るためには

自分で何度も通いつめれば、空いている曜日や時間帯などがなんとなくわかってきますが、それでも当てが外れて混み合う時間帯に遭遇してしまうこともあります。

最寄りのハローワークの空いている日や時間を見極めるにはどうしたらいいか?

それはハローワークに来る人の流れをよく知っている人に聞けばいいのです。

「そんな人がいるの?」と思うかもしれませんが、います。

それはハローワークの受付の職員の方です。

全国どこのハローワークでも、建物に入った入り口に受付があります。

そこには必ず受付担当の方が常駐しています。

この方が一番、ハローワークの混雑状況を把握しているのです。

入り口で常に人の流れを見ているのですから

「月曜日は混んでいて、金曜日は比較的すいている」とか「平日も朝イチや夕方がおすすめ」といったことを教えてくれると思います。

今度ハローワークへ行ったときに受付の方に聞いてみましょう。

「すみませんが、比較的空いている曜日や時間帯っていつですか?」

と聞けば、それほど混雑していない曜日や時間帯を教えてくれるはずです。

新人の職員だとあまり把握していない場合もありますので、ベテランの人に聞いてみるといいですね。

ハローワーク利用者でも、そういうことを尋ねる人もあまりいないと思いますので、気軽に聞いてみて、教えてもらった時間に行ってみましょう。

平日の昼休み時間もしくは土曜日を狙う

平日の空いている時間といえば、お昼休みの時間ではないでしょうか。

昼の12~13時の間、もしくはその1時間前後はみんな食事をするために、利用者も少なくなって比較的すいていると思います。

12~13時の時間帯はおすすめです。

ただハローワークの職員も交代で食事をするために、職員の人数が少なくなって逆に混み合うこともあるかもしれませんが、パソコンの求人検索など一人でできることはねらい目ではないでしょうか。

求人検索以外の用事であるなら、13時の昼休み明けを狙ってもいいですね。

あとは土曜日です。

「土曜日はハローワークが閉まっている」と思っている人も結構います。

毎週土曜日に開いているところや隔週で開いているところもありますので、自分で調べて土曜日に開いているハローワークに行ってみてはどうでしょうか。

土曜日・日曜日・祝日のハローワークの営業時間

公共交通機関を使う

ハローワークに駐車場がある場合、車に乗っていく人もいると思います。

しかしハローワークが混んでいるときは、その駐車場も満車になっていて待ち時間を食らい、車を止めるのだけでも一苦労なときもあります。

車を止めた後もハローワーク内で順番待ちとなると、結構時間を使ってしまいます。

混んでいると予想できるときは、電車やバスなどの公共交通機関を使って行った方がいいかもしれません。

また東京のような人口の多いところは、その分だけハローワークの施設も多く点在しています。

そういう時は自宅近くの場所にこだわらずに、いくつかまわってみて使いやすい場所を見つけてみてはいかがでしょうか。

ハローワークにはいくつかの種類がある

一般のハローワーク以外にも、その目的や用途に応じて作られたハローワークがあります。

「子育てをしながら就活している方」

「大学・短大・専修学校等の卒業予定者・既卒・第二新卒者」

「45歳未満のフリーター等」

「日本での就業を希望する留学生や外国人」

「ハローワークが設置されていない市町村に住んでいる方」

上記に当てはまる方は、別のハローワークの施設がありますので、そちらに行ってみましょう。

場所はこちら → ハローワーク等所在地情報

一般のハローワークは年齢性別問わずにだれでも利用できるために、大勢の人が集まり混雑してしまいます。

できるだけ空いているハローワークを探して、そこで求人検索をしたり応募をしたり就職相談などしてみましょう。

いかがでしたでしょうか。

ハローワークを利用するときの参考にしてみてください。

ハローワーク以外の就職・転職サイト

現在は求人数も増えてきていますので、就職先を見つけやすくなってきています。

ハローワークで求人を探すだけでなく、ほかの就職・転職サイトも見て、より条件のいい正社員の求人を探してみてはいかがでしょうか。

ここでは「転職希望者」「フリーター」「既卒」「第二新卒」向けのサイトを紹介していきます。

はじめて転職活動をするのなら

「転職したい」と思っても、自分のまわりで気軽に相談できる人がいないと、なんとなく心細いですよね。

そんなときは専門の転職サイトをうまく利用しましょう。

「リクルートエージェント」は、転職希望者を支援する転職エージェントです。

ここでは「初歩からの転職の仕方」を教えてもらえますし、転職に関する悩み相談にも乗ってもらえます。

転職したことのない初心者の方でも親切に対応してくれますよ。

それに「今の転職市場がどうなっているのか?」とか、転職希望者本人の長所やおすすめの転職先などもアドバイザーの方に教えてもらえます。

「転職先を探している」とか「転職の仕方がよくわかっていない」という方は、まずはこの転職エージェントを利用してください。

⇒ リクルートエージェントを見る

DODAエージェントサービス

DODAエージェントサービスは、

転職したいけど、

「何から始めていいか分からない!」

「自己流の転職活動に不安がある!」

という、こちらも転職初心者の方に最適の転職エージェントです。

DODAのアドバイザーが時間をかけて相談に乗りますので、転職活動に自信が持てない方は、まずは登録してみてください。

また業界最大級の求人数をそろえていますので社会人経験の浅いの方や、高収入や好条件の転職先を希望する方にもおすすめです。

ご希望の方は下記の公式サイトよりお申し込みください。

⇒ DODAエージェントサービスを見る

20代の「フリーター」「既卒」「第二新卒」者向けの就職サイト1

「DYM」はフリーター、既卒、第二新卒向けの正社員の求人を多数そろえています。

こちらでは登録後は「書類選考なし」で企業の面接を受けることができます。

書類による判断はせず「人物重視採用」をおこなっているのですね。

そのため最短1週間で企業から内定がもらえてしまうこともあります。

まずは面接を受けてみて相手企業の印象をよく確かめてみてはいかがでしょうか。

「DYM」は最終学歴が大卒、短大卒、専門学校卒、高卒の方もご利用いただけます。

詳しい内容は下記の公式サイトからごらんください。

【DYM就職】を見る

20代の「フリーター」「既卒」「第二新卒」者向けの就職サイト2

「ハタラクティブ」はフリーター、既卒、第二新卒向けの正社員の求人を多数そろえています。

ほかの転職サイトよりも求人数が充実していますよ。

またフリーター、既卒、第二新卒にとっては「職歴がないこと」が就職活動で大きな壁になってきます。

一番重要なこの点は、専門の就活アドバイザーに相談して、会社から内定をもらうためのコツを教えてもらいましょう。

それを専門にしている就職サイトですので、いろいろと参考になることが聞けるはずです。

「ハタラクティブ」は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県にお住まいの20代の方のみが対象となります。詳しい内容は下記の公式サイトからチェックしてください。

⇒ 【ハタラクティブ】を見る

上の4つの就職・転職サイトは、無料で利用できます。

就職・転職活動のサポートもしっかりやってもらえますが、サイトに登録していろんなサービスを利用したからといって、ここで必ず就職先を決めなければいけないわけではありません。

自分で気に入った求人が見つからなければ、無理に応募しなくてもいいですし、内定をもらっても辞退することはできます。

これらのサイトに登録して、求人を探したり相談に乗ってもらったりなどのサポートも受けたものの、結局就職しなかった人もたくさんいますので心配はいりません。

これらの就職・転職支援サービスをうまく活用して、自分に合う就職先を見つけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする