職務経歴書の手書きの用紙はどこに売っているの?

転職活動・中途採用の時は、基本的には「履歴書」と「職務経歴書」を書いて応募する会社に提出するようになります。

その時のよくある質問として「履歴書はコンビニや書店に売っているけど、職務経歴書はどこに売っているの?」と聞かれます。

確かに職務経歴書はあまり見かけませんよね。

その理由は職務経歴書は履歴書と違い、応募者がある程度自由に内容を決めて書くことができるからです。

そのために職務経歴書は「自分で職務経歴書の用紙を用意して自分で作成する」ことが一般的になっています。

多くの方はパソコンで職務経歴書を作成しています。

職務経歴書の文章をWordやExcelなどで書いて、プリンターでコピー用紙などに印刷するやり方で作っています。

しかし「パソコンが苦手で操作方法がわからず時間もないため、職務経歴書を手書きにするしかない」という方もいるでしょう。

そういう場合はどこで手書き用の用紙を手に入れたらいいのか?

市販で売っている職務経歴書

種類は少ないですが、ネットで検索すると職務経歴書だけを購入することもできます。

それぞれ書式も違いますので、中身を確認してから購入してください。

履歴書が売っている大型の書店に行くと、上の職務経歴書が売っているかもしれません。

早く手に入れたいときは近所にある書店などをまわってみるといいですね。

履歴書に同封されている職務経歴書を使う場合

またコンビニや100円ショップ、書店や文房具店に行けば履歴書が売っています。

最近は「職務経歴書入りの履歴書」も売っていますので、それを使ってみてもいいですね。

例えばコンビニの転職用の履歴書には、このような職務経歴書が一緒に袋の中に入っています。

この職務経歴書をコンビニのコピー機で2~3枚ほどA4サイズのコピー用紙(白色・無地)に印刷します。

そして印刷した職務経歴書のコピー用紙に、ボールペンなどで手書きで内容を書いていきます。

「コピー用紙は紙がペラペラで薄すぎる」とか「紙質が良くない」ということを気にする方もいますが、大事なのは内容ですのでコピー用紙で十分です。

それでも気になるときは市販の職務経歴書を購入して使ってみましょう。

字を書き間違えてしまったときは?

履歴書と同じく職務経歴書でも、字を書き間違えときに二重線を引いたり、修正液を使って訂正するのはやめておきましょう。

転職活動の選考で提出する重要な書類ですので、訂正した部分があるとどうしても見栄えが良くありません。

それで印象を悪くしてしまう場合もありますので、書き間違えたり汚したときはそれを捨てて、新しい用紙に最初から書くようにしましょう。

職務経歴書の原紙はコピー用として何も記入しないで取っておいて、用紙が足りなくなったらコピーできるようにしておきます。

特に職務経歴書は履歴書よりも文字数が多くなる場合もありますので、ミスなく手書きにするのは大変だと思いますが、落ち着いてきれいに書くようにしましょう。

書き間違えもなくきれいに書き終えたら完成です。

職務経歴書は履歴書と違って書式が自由で定型的な決まりはありません。

文字数や枚数などの制限はありませんし、手書きやパソコン作成のどちらでつくっても有利不利とかはありません。

ただ手書きの場合はその人の字のクセが出てしまって、読む側からすると読みにくく感じる時もあります。

手書きだと職務経歴書を1枚書くのに相当時間がかかり、書き終わるころにはクタクタに疲れると思いますが、読みやすいように丁寧に書くことを心掛けましょう。

おすすめの転職支援サービス

転職活動の時は「転職エージェント」を使うことをおすすめします。

転職エージェントに登録すると、

・転職活動で分からないことを相談できる

・自分に合う求人を紹介してもらえる

・応募書類の書き方指導や面接対策をおこなってくれる

・面接日の調整や給与交渉をおこなってくれる

主にこのようなサービスを無料で受けることができます。

転職エージェントは、2つか3つほど登録して比較しながら自分で使いやすいところを利用してみてください。

特におすすめの転職エージェントは下の3つです。

最初に使う転職エージェントならこちら

「転職したい」と思っても、自分のまわりで気軽に相談できる人がいないと、なんとなく心細いですよね。

そんなときは転職エージェントをうまく利用しましょう。

「リクルートエージェント」は、転職希望者を支援する転職エージェントです。

ここでは「初歩からの転職の仕方」を教えてもらえますし、転職に関する悩み相談にも乗ってもらえます。

転職したことのない初心者の方でも親切に対応してくれますよ。

それに「今の転職市場がどうなっているのか?」とか、転職希望者本人の長所やおすすめの転職先などもアドバイザーの方に教えてもらえます。

「転職先を探している」とか「転職の仕方がよくわかっていない」という方は、まずはこの転職エージェントを利用してみてください。

⇒ リクルートエージェントを見る

DODAエージェントサービス

DODAエージェントサービスは、

転職したいけど、

「何から始めていいか分からない!」

「自己流の転職活動に不安がある!」

という、こちらも転職初心者の方に最適の転職エージェントです。

DODAのアドバイザーが時間をかけて相談に乗りますので、転職活動に自信が持てない方は、まずは登録してみてください。

また業界最大級の求人数をそろえていますので社会人経験の浅いの方や、高収入や好条件の転職先を希望する方にもおすすめです。

ご希望の方は下記の公式サイトよりお申し込みください。

⇒ DODAエージェントサービスを見る

首都圏・関西圏の20代~30代の方に向けた転職支援サービス

「マイナビ」というと、新卒の就職活動で使ったことがある方も多いと思います。

マイナビには「マイナビエージェント」という転職支援サービスがあり、登録者の転職活動をサポートしてくれます。

ここでは紹介している求人の約8割が非公開求人です。

ほかの転職サイトではお目にかかれない人気企業や人気職種の求人を専任のキャリアアドバイザーから紹介してもらえますよ。

特に東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富にそろっています。

企業の採用担当者と太いパイプでつながっている求人もありますので、そちらも確認してみてはいかがでしょうか。

くわしい情報は下記の公式サイトよりご覧ください。

⇒ マイナビエージェントを見る

上で紹介した3つの転職エージェントは、どれも無料で利用できます。

転職活動のサポートをしてもらえますが、登録していろんなサービスを利用したからといって、ここで必ず就職先を決めなければいけないわけではありません。

自分で気に入った求人が見つからなければ、無理に応募しなくてもいいですし、内定をもらっても辞退することはできます。

これらのサイトに登録して求人を探したり相談に乗ってもらったりなどのサポートも受けたものの、結局就職しなかった人もたくさんいますので心配はいりません。

そして転職サイトを利用することによって、在職中の転職活動がばれるということはないので安心してください。

これらの転職支援サービスをうまく活用して、自分に合う就職先を見つけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする