大手コンビニに売ってる就職・転職用の履歴書を比べてみた

就職・転職活動で使われる履歴書はコンビニにも売っています。

大手のコンビニに売っている履歴書は種類が違いますが、最近は中身がちょっと変わってきているようです。

そこで「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」の3社でどういう違いがあるのか、実際に調べてみました。

ちなみにコンビニでは「新卒・転職者用」と「パート・アルバイト用」の2種類の履歴書が置いてあります。

ここでは「新卒・転職者用」の中身を見てみることにします。

コンビニごとに履歴書の違いはあるの?

セブンイレブンの履歴書

セブンイレブンにはA4サイズ(A3の2つ折り)と、B5サイズ(B4の2つ折り)の2種類があります。

まずはA4サイズの履歴書を見てみましょう。

セブンイレブンA4表紙

(画像をクリックすると拡大します)

新卒者・再就職者用の履歴書で袋の中身は、

・履歴書用紙4枚

・大型封筒3枚

・卒業年度早見表

・履歴書の書き方

・罫線入り下敷き

・写真貼りつけ用両面接着シール4枚

が入っています。

価格は税込みで324円。

また履歴書はこうなっています。

セブンイレブンA4履歴書

A4サイズ(A3の2つ折り)で書き込む内容は、左上から、

「日付」「氏名」「生年月日」「年齢」「性別」「郵便番号」「住所」「電話番号」「学歴・職歴」

右上から「学歴・職歴」「免許・資格」「志望動機、特技、好きな学科、アピールポイントなど」「通勤時間」「扶養家族数」「配偶者」「配偶者の扶養義務」「本人希望記入欄」となっています。

よく見かけるタイプの履歴書です。

新卒者・再就職者用と書いてありますが、学歴・職歴を書く欄が多いため転職者用としても使えます。

職務経歴書は入っていませんが、パソコンで作成すればいいですね。

そして「罫線入り下敷き」というものも一緒に入っています。

セブンイレブンA4罫線入り下敷き

履歴書の文字をマスごとにきれいに書くための下敷きで、表が履歴書の左半分、裏が履歴書の右半分の下敷きになっています。

ほかには「卒業年度早見表」

セブンイレブンA4卒業年度早見表

ここには封筒「宛名」の書き方や面接の心得なども書いてあります。

また「履歴書の書き方」が入っています。

セブンイレブンA4履歴書の書き方

参考になることも書いてありますので、一度目を通しておきましょう。

B5サイズ(B4の2つ折り)の履歴書

セブンイレブンにあるB5サイズ(B4の2つ折り)は、

セブンイレブンB5表紙

新卒者・再就職者・転職者用の履歴書で袋の中身は、

・履歴書用紙4枚

・職務経歴書4枚

・大型封筒3枚

・卒業年度早見表

・履歴書の書き方

・罫線入り下敷き

・写真貼りつけ用両面接着シール4枚

が入っています。

価格は税込みで213円。

A4サイズよりは小さいために価格も安くなっています。

履歴書はこちら、

セブンイレブンB5履歴書

書き込む内容はA4サイズの履歴書と全く同じです。

A4と違い、B5の方は「職務経歴書」がついています。

セブンイレブンB5職務経歴書

職務経歴書に書き込む内容は、左は「日付」「氏名」「勤務地・職種・所属部署・役職・業務内容・その他」

右はつづきで「勤務地・職種・所属部署・役職・業務内容・その他」「自己PR(今後チャレンジしたい仕事など)」「特記事項」となっています。

職務経歴書はパソコンで作成する方が多いですが、手書きにするときにこの用紙があると便利ですね。

そしてこちらは「履歴書の書き方」と「職務経歴書の書き方」が載っています。

セブンイレブンB5履歴書の書き方

セブンイレブンB5職務経歴書の書き方

あとはA4サイズの履歴書と同じ「卒業年度早見表」と「罫線入り下敷き」が入っています。

セブンイレブンはA4サイズとB5サイズの履歴書が選べる点がいいですね。

ファミリーマートの履歴書

ファミリーマートに売っている一般の履歴書はB5サイズ(B4の2つ折り)の1種類のみです。

ファミリーマート履歴書表紙

新卒者・再就職者・転職者用の履歴書で袋の中身は、

・履歴書用紙4枚

・職務経歴書4枚

・大型封筒3枚

・卒業年度早見表

・履歴書の書き方

・自己分析シート

・写真貼りつけ用両面接着シール4枚

が入っています。

価格は税込みで205円。

セブンイレブンのB5サイズよりも若干値段が安いです。

セブンイレブンと違う点は「罫線入り下敷き」がありませんが、「自己分析シート」が入っています。

履歴書は、

ファミリーマートB5履歴書

記入する内容はセブンイレブンの履歴書と全く同じです。

職務経歴書は、

ファミリーマート職務経歴書

こちらも記入する内容はセブンイレブンB5の職務経歴書と全く同じです。

そして自己分析シート。

ファミリーマート自己分析シート

書き込む内容は、

「過去 学業、担当した業務などの内容」

「現在 その経験で何を得たか、具体的なエピソードなど」

「未来 今度の仕事にどのように活かせるか」

を書くようになっています。

自己分析シートは履歴書や職務経歴書と一緒に企業に提出するものではありません。

志望動機や自己PRをつくる際の下書きとして使うものですので、必要ない方は自己分析シートを無理に使わなくてもいいでしょう。

あとは「卒業年度早見表」や「履歴書の書き方」が入っています。

ローソンの履歴書

ローソンに売っている一般の履歴書はB5サイズ(B4の2つ折り)の1種類のみです。

ローソン履歴書表紙

一般用(新卒者・転職者用)の履歴書で袋の中身は、

・履歴書用紙6枚

・職務経歴書6枚

・大型封筒1枚

・小型封筒2枚

・卒業年度早見表

・履歴書の書き方

・自己分析シート

・写真貼りつけ用両面接着シール4枚

が入っています。

価格は税込みで211円。

セブンイレブンやファミリーマートよりも履歴書・職務経歴書の枚数が多いですが、小型の封筒が入っていたり、大型封筒の枚数が少ないですね。

履歴書は、

ローソン履歴書

記入する内容はセブンイレブンやファミリーマートの履歴書と全く同じです。

職務経歴書は、

ローソン職務経歴書

こちらも記入する内容はセブンイレブンやファミリーマートの職務経歴書と全く同じです。

「自己分析シート」はファミリーマートのものと同じですし、あとは「卒業年度早見表」や「履歴書の書き方」が入っています。

コンビニは文具メーカー「コクヨ」の履歴書をそろえている

セブンイレブンやファミリーマート、ローソンの履歴書はすべて「コクヨ」がつくっている履歴書ですので、ほとんど違いがありません。

ただ袋の中身と値段が多少違うようです。

3社のコンビニともにB5サイズの履歴書をそろえていますが、A4サイズの履歴書があるのはセブンイレブンのみでした。

もしかしたら店舗によってはほかの履歴書が置いてあるのかもしれませんが、私が行ったコンビニではこのような感じでした。

新卒・再就職・転職活動でどの履歴書を使っても問題ありません。

履歴書を購入するときの参考にしてみてください。

A4とB5のどちらを使えばいいのか?

基本的には、売っている履歴書のどのサイズを使ってもかまいません。

大きめのA4サイズをつかってもいいし、ちょっとサイズが小さいB5サイズを使ってもOKです。

A4の用紙が2枚に分かれている履歴書を使っても問題ありません。

最近の履歴書は「一般用」と「パート・アルバイト用」に分かれています。

「一般用」は新卒の就職活動や転職活動で、正社員や派遣・契約社員の求人に応募するときに使います。

この時に間違えて「パート・アルバイト用」の履歴書を購入しないように、表紙をよく確認しましょう。

さらに一般用の履歴書の中には「新卒用」と「転職用」など、それぞれの用途に分かれているものもあります。

新卒用は学生時代のことをアピールできる項目があったり、転職用は職歴欄が大きくて職歴を書きやすくなっているなどの違いがあります。

そうした履歴書があったら記入する項目などもよく見て購入してみましょう。

最近はA4サイズの履歴書が主流?

今は会社で扱われる重要な書類には、A4サイズの用紙が使われています。

これは1993年に厚生労働省から「各省庁で使われるすべての行政文書の規格をA4とする」という指針が示されたためです。

効率よく行政文書を取り扱うために紙の大きさに関するルールを決めたのですね。

これによってA4用紙がビジネス文書の基本サイズとして取り扱われるようになりました。

この流れで「履歴書や職務経歴書などもA4サイズの用紙」となりましたが・・・

実際にコンビニや書店やホームセンターや100円ショップなどの履歴書が売っているお店に行くとA4サイズとB5サイズが両方売っています。

中には「B5サイズの方が種類が多くてA4サイズの種類が少ない」というお店もあります。

これは「A4サイズはちょっと大きすぎて履歴書に余白ができてしまい、B5サイズの方が書くのにちょうどよい」という意見もあるようですね。

そのためかB5サイズを好んで使う方も多いようです。

履歴書と職務経歴書はサイズが同じ方がいい?

市販でB5サイズが多いためか「履歴書はB5サイズを使って、職務経歴書はA4サイズで提出する」応募者も多いです。

また履歴書をパソコンで作成する方はA4を使う方が多いです。

職務経歴書はパソコンで文章を書いて、プリンターでA4のコピー用紙に印刷してくる方が多いですが…

A4とB5というように履歴書と職務経歴書のサイズが異なると、取扱いに不便を感じることがあります。

応募者の内定が決まると、提出してもらった履歴書と職務経歴書はファイルにまとめて保管します。

そのときに用紙のサイズがそろっていた方が整理しやすくて見やすいという面はあります。

ファイルの中に履歴書をまとめてしまえば関係ないのですが、A4の用紙の間に小さいB5の用紙が挟まれていると、何かの拍子にB5だけスルっと落ちてしまうこともありますので…

また履歴書と職務経歴書をスキャンしてパソコンにデータとして取り込んでおくこともあります。

その際も用紙のサイズがそろっていた方が読み取りやすいのですね。

そのため履歴書はA4サイズ、職務経歴書もA4サイズにしてもらった方が助かります。

履歴書のサイズより重要なのは?

封筒の中に入れる応募書類を全部A4にすると、

・添え状(A4)

・履歴書(A3の二つ折りでA4)

・職務経歴書(A4)

となります。

しかし「B5の履歴書を使えば選考で不利になる」ということはありません。

A4とB5で書き込む内容が違うなんてことはありませんし、書き込める文字数もそれほど違いはないと思います。

結局は履歴書に書いてある中身が重要になります。

会社から履歴書の指定がない場合は、どちらを使っても構いません。

履歴書はどちらでもいいのですが、くわしい職歴や自己PRなど記述が多くなる職務経歴書はB5よりも、大きいA4の用紙を使って文字を多めにしてアピールしたほうがいいですね。

結論としては「履歴書から添え状、職務経歴書は全部A4にしてサイズをそろえてもらう」のがベストなのですが、

「B5の履歴書を使いたい!」という方は、「履歴書はB5で、添え状と職務経歴書はA4」でも問題はありません。

以上ですが、履歴書を選ぶときの参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク