志望する業界が決まらないまま就職活動を始めても大丈夫なの?

新卒の就職活動が3月からスタートします。

早い人は大学3年の秋ぐらいに志望先の業界や企業も絞り込んで企業研究をしている方もいますが、就活の時期になっても志望する業界が決められない方もいます。

業界・業種というと金融やIT、小売業、メーカー、飲食など、調べてみるといろいろあって「自分に向いている仕事がわからない」とか「行きたい業界がない」ために悩んでいる方も多いです。

3月の就活が始まるまでに「志望する業界をどれだけ絞り込んでおけばいいのか?」を説明していきます。

志望する業界をしぼらないメリットは?

3月の就職活動の解禁の時期をむかえても「志望する業界や業種が決まっていない」という方も多いです。

でも焦る必要はありませんので、いろんな企業の会社説明会に行って興味のある業界や企業を探してみましょう。

実際に就活がスタートしてから、気になっていた企業の会社説明会に参加してみると、想像していたのとは違って魅力的と思える企業ではないと感じたり。

逆にそれほど興味のなかった企業の会社説明会に行ってみたところ、雰囲気などが自分に合っている感じがして志望度が高くなることもけっこうあります。

最初は第一志望だったけど、説明会や面接を通して企業のことを知るようになってから興味がなくなってしまうこともありますし、その逆もあります。

就活の仕方がわかってくれば最初の頃とは考え方も大きく変わってきますし、業界や企業の見方もある程度分かってくるようになります。

そのため就活を始める当初は全く考えてなかった業界の企業へ入社を決めたという方もいます。

いろんな業界の企業を見て知っていくうちに、自分の興味のある業界が見つかったり、入社したいと思える企業が見つかる可能性が高くなります。

就活が解禁になるとまわりも一斉に動き出すためちょっと焦りも出てきますが、そんなときでも色々な業界を見てまわってみてはどうでしょうか。

いろんな業界や業種を見ていくうちに「こんないいところがあったんだ!」という発見も多くあると思います。

自分でそんなところを見つけるとテンションも上がりますし、就活のやる気も出てきますよね。

最初から業界をしぼるメリットはありますが、しぼった先が自分に合わないと感じたときのために他の業界の可能性も残しておいた方が良いと思います。

時間がある限りは自分に合う業界や企業を探してみてください。

「業界」以外で軸をしぼるには?

就活でエントリーする企業を選ぶときに、志望する業界を決めてそれを軸にして企業を選ぶ方も多いと思います。

例えば金融を志望するときは金融系の会社(銀行、証券、保険など)から志望する企業を選択するという方法もありますが。

業界を軸にしないで自分なりの選択する軸をつくってもいいのです。

例えば

・給与が高い会社

・福利厚生が充実している会社

・休日が多く残業が少ない会社

・経営が安定している会社

・転勤がない会社

・海外で活躍できそうな会社

という自分が希望する条件でいろんな業界から該当する企業を選んでもいいのです。

業界や仕事内容だけでなく「自分のやりたいこと」を軸に企業を選んでみたり、その他の条件を重視して企業をピックアップしてみるのも面白いですよね。

ただ「有名企業や大手企業だけに絞る」というやり方は、競争率が高くなりどこからも内定がもらえない可能性も出てきますので、それ以外の企業も視野に入れておきたいですね。

他社の選考状況を聞かれたときには?

新卒の就職活動は時間との戦いにもなります。

就活の開始時や選考が集中するピーク時もありますので、いろんな業界を見て回るうち乗り遅れてしまうことがあるかもしれません。

そうならないために気になる業界をいくつか見て回った後の、志望先を絞り込むタイミングも遅くならないように気をつけましょう。

興味がまったくない業界については一切受けなくて良いと思います。

そして志望業界がバラバラだと企業研究にも時間がかかりますので、その辺も考慮したいですね。

また面接のときに他社の選考状況を聞かれるときもあります。

そのときに志望業界がバラバラだと、一貫性がなくやみくもに受けていると思われてしまい、人事担当者からあまりいい印象を持たれないこともあります。

そんな時は関連する企業の名前だけを挙げて、関連しない企業は挙げないという方法をとってもいいですね。

他社の選考状況を聞かれたときは、すべてを正直に話す必要もありませんから。

志望動機も上に挙げたような「給与が高い」とか「経営が安定している」など、それが本音だとしても、そうした待遇の企業はほかにもあります。

志望動機としては弱くなりますので、その企業に魅力を感じた理由をできるだけ具体的に表現して、入社後にどんな風に仕事をやっていきたいのかを伝えてみましょう。

業界はしぼらなくても、その企業に入社したい強い志望動機があれば大丈夫です。

新卒の就職活動のときは、いろんな業界や企業を見てまわれる時です。

時間があれば最初から業界をしぼらずに、自分に合う仕事を探してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク