在職中の転職活動がバレるのはどんな時?バレないための対応策

在職中の転職活動は、基本的には社内の人には誰も打ち明けずにこっそりと行うものです。

転職活動をしていることがバレてしまうと在職中の会社での自分の立場が悪くなったり、転職活動の邪魔をされる可能性がありますので気を付けたいところですが。

「どこかでバレてしまうのではないか?」という不安があって、転職活動に踏み切れない方もいらっしゃいます。

そんな方のために「転職活動をしていることがどこでバレてしまうのか?」を検証してみます。

転職活動していることがどこで分かってしまうのか?

転職活動をするときには自分の個人情報を登録することが多くなります。

・転職サイト

・転職エージェント

・ハローワーク

などを利用するときは、最初に自分の氏名や住所や電話番号から現在勤めている会社名などを入力します。

ネットに入力する場合もありますし、用紙に個人情報を記入することもありますが、これらから自分の個人情報がもれることはありません。

「転職サイトやハローワークに登録したために、在職中の会社に転職活動をしていることがバレてしまうのでは?」

と心配する方もいますが、そんなことはまずありません。

ここから個人情報がもれてしまうことはありませんので安心してください。

在職中でも転職サイトや転職エージェント、ハローワークなどは登録して求人を探して応募することができます。

でもそこから身元が分かってしまうことはありませんので気軽に利用してみてください。

在籍確認の電話でバレてしまう?

応募した会社の面接を受けた後や内定をもらった後に、在籍確認のために応募者が働いている会社に電話をかけてくることは昔はありました。

しかし今は個人情報の管理については非常に厳しくなっています。

そのため本人の承諾を得ずに在籍確認の電話を会社にしてくることはまずありません。

応募者が働いている会社へ在籍確認の電話をすれば、転職活動していることが上司にバレてしまい応募者の社内での立場が悪くなってしまいます。

常識のある人事担当者なら、そのぐらいのことはわかっていますので電話などはしません。

しかし常識のない人事担当者も中にはいるようで、

「お宅の会社の○○さんがウチの会社に面接にきましてね…」

などと電話をかけてくるケースもあるようです。

こんな会社に遭遇することはまずないので心配する必要はないです。

でも心配なときは面接で

「今は○○会社で働いていますが、会社への身元確認はご遠慮いただきたいのですが…」

と面接官にくぎを刺しておいてもいいですね。

仮に電話が来てバレたとしたら「そのような話が来て話を聞きに行ったが断った」などと答えて居座るしかないと思います。

でも、このような例はあまりないので心配しないで転職活動をしましょう。

バレてしまう原因はどこにある?

転職活動がバレてしまうのは、多くは本人の不注意にあるようです。

疑われてしまう状況としては、

・仕事中に電話連絡やメール確認をしている

・信頼している同僚に転職活動をしていることを話してしまう

・同僚との会話の中で、ついポロっと言ってしまう

・面接に行く姿やエージェントと会っているところを同僚に見られてしまう

などがあります。

仕事中によく電話がかかってきたり、スマホでメールの確認などをしていると怪しまれることもあります。

転職活動のような他人に知られたくないことの場合、変にコソコソ行動するようになって余計に怪しまれることもありますので気を付けたいですね。

また信頼している同僚に転職活動をしていることを話をしたところ、見事に裏切られて上司のところに話がいってしまうこともあります。

上司や同僚との会話の中で転職活動していることをにおわすようなことをつい言ってしまったり。

または飲み会の席で酔った勢いでポロっと言ってしまうこともあるでしょう。

そして喫茶店などでエージェントと会っているところを同僚に目撃されたり、面接で他の会社の建物内に入っていくところを偶然見られてしまう可能性もあります。

どこで誰が見ているかわかりませんので、転職活動中はできるだけ慎重な行動を取るようにしたいですね。

おすすめの転職支援サービス

転職活動の時は「転職エージェント」を使うことをおすすめします。

転職エージェントに登録すると、

・転職活動で分からないことを相談できる

・自分に合う求人を紹介してもらえる

・応募書類の書き方指導や面接対策をおこなってくれる

・面接日の調整や給与交渉をおこなってくれる

主にこのようなサービスを無料で受けることができます。

転職エージェントは、2つか3つほど登録して比較しながら自分で使いやすいところを利用してみてください。

特におすすめの転職エージェントは下の3つです。

最初に使う転職エージェントならこちら

「転職したい」と思っても、自分のまわりで気軽に相談できる人がいないと、なんとなく心細いですよね。

そんなときは転職エージェントをうまく利用しましょう。

「リクルートエージェント」は、転職希望者を支援する転職エージェントです。

ここでは「初歩からの転職の仕方」を教えてもらえますし、転職に関する悩み相談にも乗ってもらえます。

転職したことのない初心者の方でも親切に対応してくれますよ。

それに「今の転職市場がどうなっているのか?」とか、転職希望者本人の長所やおすすめの転職先などもアドバイザーの方に教えてもらえます。

「転職先を探している」とか「転職の仕方がよくわかっていない」という方は、まずはこの転職エージェントを利用してみてください。

⇒ リクルートエージェントを見る

DODAエージェントサービス

DODAエージェントサービスは、

転職したいけど、

「何から始めていいか分からない!」

「自己流の転職活動に不安がある!」

という、こちらも転職初心者の方に最適の転職エージェントです。

DODAのアドバイザーが時間をかけて相談に乗りますので、転職活動に自信が持てない方は、まずは登録してみてください。

また業界最大級の求人数をそろえていますので社会人経験の浅いの方や、高収入や好条件の転職先を希望する方にもおすすめです。

ご希望の方は下記の公式サイトよりお申し込みください。

⇒ DODAエージェントサービスを見る

20代~30代の方に向けた転職支援サービス

「マイナビ」というと、新卒の就職活動で使ったことがある方も多いと思います。

マイナビには「マイナビエージェント」という転職支援サービスがあり、登録者の転職活動をサポートしてくれます。

ここでは20代と30代の方の求人が充実しています。

ほかの転職サイトではお目にかかれない人気企業や人気職種の求人を専任のキャリアアドバイザーから紹介してもらえますよ。

特に東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富にそろっています。

企業の採用担当者と太いパイプでつながっている求人もありますので、そちらも確認してみてはいかがでしょうか。

くわしい情報は下記の公式サイトよりご覧ください。

⇒ マイナビエージェントを見る

上で紹介した3つの転職エージェントは、どれも無料で利用できます。

転職活動のサポートをしてもらえますが、登録していろんなサービスを利用したからといって、ここで必ず就職先を決めなければいけないわけではありません。

自分で気に入った求人が見つからなければ、無理に応募しなくてもいいですし、内定をもらっても辞退することはできます。

これらのサイトに登録して求人を探したり相談に乗ってもらったりなどのサポートも受けたものの、結局就職しなかった人もたくさんいますので心配はいりません。

そして転職サイトを利用することによって、在職中の転職活動がばれるということはないので安心してください。

これらの転職支援サービスをうまく活用して、自分に合う就職先を見つけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする