面接開始の最初のあいさつで相手の心をつかめ!就活の面接通過率を上げる方法

就職活動の面接で緊張してしまう方も多いと思います。

面接が始まる前からドキドキしてしまって、面接が始まっても「動きがぎこちない」とか「声が出ない」なんてこともあります。

こうしたことは面接に慣れていないと仕方がない面もありますが…

しかし人間は、初めて会った相手の「第一印象」を、その後もよく覚えています。

就活の面接のときは応募者も面接官もお互いに初対面ですから、「相手がどういう人なのか?」という相手を観察することに気持ちが集中します。

おそらく出会ってから1分以内に「どういう人なのか?」を分類すると思います。

この時に相手に「良いイメージ」を持つこともありますし、「悪いイメージ」を持つこともあります。

最初に「良いイメージ」を持ってもらえれば、後は面接中に多少の不手際があっても印象の良さから挽回できるチャンスは出てきます。

しかし最初に「悪いイメージ」を持たれてしまうと、面接中にイメージアップをはかるのは、かなりむずかしくなります。

ですので面接開始の時に面接官に「良いイメージ」を持ってもらいたいですよね。

面接での「第一印象」の重要性

心理学の研究に「メラビアンの法則」というものがあります。

これは最初に示された特性が相手の印象に残りやすく、後の評価に大きな影響を与えるというものです。

出会ったときの最初の数秒でその人の第一印象が決まってしまい、第一印象は一度形成されてしまうとその後は払拭することがむずかしいというものです。

そして初対面の人について、言語、視覚、聴覚で矛盾した情報が与えられたとき、どの要素を優先して判断しているかを調べた結果、「視覚が55%、聴覚が38%、言語が7%」になったそうです。ITmediaより

特に視覚が55%ということは、「第一印象の半分が『見た目』で決まってしまう」ということです。

確かに就活の面接では基本的に服装はスーツですし、身だしなみなどの見た目にも気をつかうように言われています。

髪の毛がボサボサで身だしなみが整っていないと、やる気がなさそうな印象を持たれてしまいますよね。

しかし今はスーツ姿も清潔感があって身だしなみも整えてくる方が多いです。

そんな人たちが多い中、面接で顔を合わせたときの最初の数秒でどうやって第一印象をよくするか?

日本人は挨拶(あいさつ)にこだわりを持っている

日本には「礼に始まり礼に終わる」ということわざがあります。

剣道や柔道などの武道では試合の始めと終わりにこうした礼の作法がおこなわれますが、これは「相手への敬意を示す」という考え方が根底にあります。

そしてこの考え方が日本の文化や生活にも深く行きわたっています。

小さい頃から「挨拶はしっかりしなさい」と親や教師から言われたことがあると思いますが、これは「挨拶がしっかりできる」ことによって相手に認めてもらえることが多いからです。

例えば髪を金髪に染めていてチャラそうな格好をした若者でも、挨拶ができる人だと「しっかりしていそう」という良い印象を持たれるときがあります。

逆にスーツを着て身だしなみが整っていても、挨拶もろくにできない人は「やる気がなさそう」といったマイナスの印象を持たれることもあります。

このように挨拶の仕方ひとつで、相手に与える自分の印象はかなり変わってしまうのです。

挨拶の仕方だけで第一印象は大きく変わる

面接に来る方を見ていると、面接の最初の挨拶を簡単にすませる方もけっこう多いです。

「頭をちょっと前にかたむける」程度の挨拶しかしない方も本当に多いです。

おそらく多くの方は挨拶の仕方など意識していないけど、でも心の中では「自分は挨拶ができている」と思っているのでしょう。

企業の面接官もそうした挨拶をとがめたりしませんし、むしろ面接官側が同じような簡単な挨拶ですましている方も多いです。

ほかの応募者たちと差をつけるのはその挨拶の仕方です。

なぜ挨拶が重要かというと、そこに「相手へ敬意を示す」という態度がにじみ出るからです。

出会ったときの最初の数秒で第一印象が決まってしまいますが、その間に面接官に挨拶をすることができます。

そして挨拶がいいと「ああ、良い人だな」と最初に感じてしまい、その印象の良さが面接の最後まで持続します。

これによって自分の良い部分はより強調されて印象に残るようになりますし、面接中のミスや落ち度を第一印象の良さがカバーしてくれるのですね。

逆に挨拶ができていないと、面接中のミスや落ち度がよけいに目についてマイナスポイントが多く積み重なるようになります。

「そんなにうまくいくのかな?」と思うかもしれませんが、日本人は丁寧なあいさつをする人に無意識に良い印象を持ちます。

相手が自分に敬意を示している以上は変に邪険にはできませんし、むしろ多少のことは大目に見てくれる態度で接してくれます。

お店に行ったときに店員に深々と頭を下げられると、ちょっと困惑する気持ちになりますし、それにつられて余計に買い物をしてしまうこともありますよね。

挨拶の仕方ひとつで相手の気持ちを動かすことができるのです。

面接でのあいさつの仕方

簡単な挨拶の仕方を動画で紹介しておきます。

この動画では「会釈」「中間礼」「丁寧な礼」の3つのおじぎの仕方を紹介していますが、面接のときは「丁寧な礼」にしましょう。

この「丁寧な礼」をするときに気を付けたい点は、

・挨拶の言葉を言い終わってからおじぎをする

・おじぎは腰から上を前に45度ぐらい傾ける

・おじぎをした状態で2、3秒止まる

という点です。

面接の入室から説明すると、最初にドアを3回ノックして室内から「どうぞ」と言われたら「失礼します」と言ってドアを開けて入室します。

入室したらドアの方を向いてドアを静かに閉めてから面接官の方を向きます。

このときに「よろしくお願い致します」と相手に聞こえる声量で挨拶します。

そして「丁寧な礼」をします。

そのあとは椅子の横まで歩いて移動します。

面接官と向き合ってから「●●大学の●●と申します。本日はよろしくお願い致します」と元気よく挨拶します。

挨拶した後に「丁寧な礼」をする。

面接官から「どうぞ」と着席を促されたら、着席前に「失礼します」と軽く一礼して着席となります。

ポイントはおじぎの角度

両手の位置は、男性は両脇に置いて中指をズボンの縫い目に沿わせてまっすぐ下に伸ばす。

女性は左手を下にして右手でカバーするようにして前で組むのがいいそうです。

そして大切なポイントは「45度の角度のおじぎ」と「おじぎをした状態で2、3秒止まる」という点です。

45度まで腰を曲げておじぎをすることはほとんど経験がないために、浅い角度で済ましてしまう方もいますが、深くおじぎをしたほうが誠実さがあらわれます。

そして45度のおじぎをした状態で心の中で2、3秒数えましょう。

おじぎをして頭を上げたときには、ほかの人はもうおじぎを終えています。

でもそのときに、丁寧なあいさつをしてくれたことに面接官も気がつくでしょう。

多少遅れたとしても挨拶は丁寧にやりましょう。

集団面接のようなほかに応募者がいる場では、ほかの人との挨拶の違いが出てきますので、最初に良い印象を面接官に持ってもらうようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。

「丁寧な礼」の仕方は、全身が映る鏡の前で何度か練習してみてください。

面接のときは緊張すると思いますが、挨拶は大事ですのでしっかりできるようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク