自分が勤めている会社が倒産しそうなときは何をしたらいいのか?

自分が勤めている会社が、ある日突然倒産したら、あなたはどうしますか?

実際に「勤めていた会社が倒産してしまって路頭に迷った」という方もいらっしゃいます。

会社が倒産して一番困るのは収入がなくなってしまうことですよね。

会社が倒産しても雇用保険をもらうことはできますが、それも一時的なもので、今後生活していけるかどうか不安になると思います。

企業共済協会が調査している「企業倒産調査」によりますと、2016年は約9千件近くの企業が倒産しているようです。

2008年のリーマンショックのときには企業の倒産件数が1万5千件を超えていましたが、最近はその数も減ってきています。

それでも1年で9000件程の企業が倒産しているのですね。

倒産しそうな企業に見られる兆候

「自分が勤めている会社が倒産しそうか?」を判断するのは、社員の方にはむずかしいと思います。

会社の経営者やお金を管理している経理の方なら「会社の危ない状況」もわかると思いますが、一般の社員にはわかりづらい面もあります。

しかし職場の状況や雰囲気を見ていると、なんとなくわかるところもあります。

倒産しそうな会社に見られる兆候としては、

・給与の遅配

・仕事ができる社員がやめていく

・希望退職者の募集もしくは社員のリストラ

・仕事の量が減ってきている

・社長の機嫌がよくない

などがあります。

上のようなことが起きれば「会社は確実に倒産」というわけではありません。

あくまでこういうことが多いという一例ですね。

一般社員にわかる会社倒産の兆候

倒産しそうな会社に見られる兆候として気を付けたい点は「給与の遅配」です。

給与支払日になっても会社から給与が支払われずに未払いになり、給与の支払いが遅れることですが、そういう会社はあぶないかもしれません。

給与が1カ月でも遅れると生活が苦しくなって困ってしまいますよね。

給与の未払い分が数カ月におよぶと、これは倒産が近いという状況です。

要は会社に現金がなく、社員に給与が支払えないのです。

ただ中には倒産するまで社員の給与やボーナスの支払いをしっかりおこなっている会社もあります。

しかし給与の遅配がある会社は、この先どうなるかわからないので気を付けましょう。

勤めている会社が倒産しそうなときは?

「会社が倒産しそう」と思っても、それがいつになるのかわかりません。

自分で予想したとおりに倒産する場合もありますし、倒産せずにそのまま会社が存続する場合もあります。

この辺は判断がむずかしいところですが、会社が危ないと思ったときは働きながら転職活動を始めてみましょう。

今の会社で働きながら空いた時間を使って転職活動をして、条件の良い会社から内定をもらったら転職してもいいですね。

働きながら転職活動ができますので収入がなくなる心配はありません。

ですのであせることなく、条件などは妥協せずに時間をかけて転職先を探すことができます。

働きながら転職活動ができない方は、そのまま様子見で会社に残るのもひとつの手です。

早期退職希望者には通常よりも多い額の退職金を支払う会社もありますし、「会社都合退職」で退職ができて雇用保険(失業保険)もすぐにもらうことができます。

「会社都合退職」は「自己都合退職」にくらべて雇用保険の給付日数も増えます。

また会社が倒産した後も「会社都合退職」で雇用保険がもらえますし、会社を辞めた理由も「会社の倒産」で転職活動ができます。

この辺はメリットも大きいですね。

在職中の転職活動をしたほうがいい理由

転職しないで会社が倒産するまで居残ることもひとつの手ですが。

「自分の会社があぶない」と思ったときには、個人的には在職中に転職活動を始めて、ほかの会社に移ってしまった方がいいと思います。

この場合の会社を辞める理由は「会社が倒産しそう」ではなく、ほかの理由を考えないといけません。

しかし会社倒産後の雇用保険はあまり当てにしないで、在職中に転職先を見つけたほうがいいです。

雇用保険でもらえる金額も会社に勤めていた時ほどの金額はもらえませんし、給付日数も期限があります。

その間に希望する転職先が見つからないと雇用保険の給付も終了してしまい、収入がなくなってその後の生活が苦しくなってしまいます。

雇用保険の給付も期限があるため、転職先をじっくり探すことができずに、ある程度条件を妥協してしまうこともあります。

妥協しないで転職先を見つけるには、在職中の余裕のある時に見つけたほうがうまくいくと思います。

在職中に時間があれば転職活動を進めていきましょう。

おすすめの転職支援サービス

転職活動の時は「転職エージェント」を使うことをおすすめします。

転職エージェントに登録すると、

・転職活動で分からないことを相談できる

・自分に合う求人を紹介してもらえる

・応募書類の書き方指導や面接対策をおこなってくれる

・面接日の調整や給与交渉をおこなってくれる

主にこのようなサービスを無料で受けることができます。

転職エージェントは、2つか3つほど登録して比較しながら自分で使いやすいところを利用してみてください。

特におすすめの転職エージェントは下の3つです。

最初に使う転職エージェントならこちら

「転職したい」と思っても、自分のまわりで気軽に相談できる人がいないと、なんとなく心細いですよね。

そんなときは転職エージェントをうまく利用しましょう。

「リクルートエージェント」は、転職希望者を支援する転職エージェントです。

ここでは「初歩からの転職の仕方」を教えてもらえますし、転職に関する悩み相談にも乗ってもらえます。

転職したことのない初心者の方でも親切に対応してくれますよ。

それに「今の転職市場がどうなっているのか?」とか、転職希望者本人の長所やおすすめの転職先などもアドバイザーの方に教えてもらえます。

「転職先を探している」とか「転職の仕方がよくわかっていない」という方は、まずはこの転職エージェントを利用してみてください。

⇒ リクルートエージェントを見る

DODAエージェントサービス

DODAエージェントサービスは、

転職したいけど、

「何から始めていいか分からない!」

「自己流の転職活動に不安がある!」

という、こちらも転職初心者の方に最適の転職エージェントです。

DODAのアドバイザーが時間をかけて相談に乗りますので、転職活動に自信が持てない方は、まずは登録してみてください。

また業界最大級の求人数をそろえていますので社会人経験の浅いの方や、高収入や好条件の転職先を希望する方にもおすすめです。

ご希望の方は下記の公式サイトよりお申し込みください。

⇒ DODAエージェントサービスを見る

20代~30代の方に向けた転職支援サービス

「マイナビ」というと、新卒の就職活動で使ったことがある方も多いと思います。

マイナビには「マイナビエージェント」という転職支援サービスがあり、登録者の転職活動をサポートしてくれます。

ここでは20代と30代の方の求人が充実しています。

ほかの転職サイトではお目にかかれない人気企業や人気職種の求人を専任のキャリアアドバイザーから紹介してもらえますよ。

特に東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富にそろっています。

企業の採用担当者と太いパイプでつながっている求人もありますので、そちらも確認してみてはいかがでしょうか。

くわしい情報は下記の公式サイトよりご覧ください。

⇒ マイナビエージェントを見る

上で紹介した3つの転職エージェントは、どれも無料で利用できます。

転職活動のサポートをしてもらえますが、登録していろんなサービスを利用したからといって、ここで必ず就職先を決めなければいけないわけではありません。

自分で気に入った求人が見つからなければ、無理に応募しなくてもいいですし、内定をもらっても辞退することはできます。

これらのサイトに登録して求人を探したり相談に乗ってもらったりなどのサポートも受けたものの、結局就職しなかった人もたくさんいますので心配はいりません。

そして転職サイトを利用することによって、在職中の転職活動がばれるということはないので安心してください。

これらの転職支援サービスをうまく活用して、自分に合う就職先を見つけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする