働きながらハローワークに通って転職先を見つける方法

会社に勤めながら空き時間を利用して転職活動をしている方も多いと思います。

在職中の転職活動をしていて知らない方もいると思いますが、在職中でもハローワーク(公共職業安定所)を利用することはできます。

ハローワークは誰でも利用できますので、転職活動の時には使ってみましょう。

ここでは「転職活動の時のハローワークの使い方」を紹介していきます。

ハローワークで何ができるのか?

在職中の転職活動中にハローワークでできることは、

・求人の検索

・転職活動に関する相談

・応募書類の添削や面接対策

という点です。

くわしくはハローワークインターネットサービスをご覧ください。

ハローワークは無料で転職活動を支援してくれますが、働きながらの転職活動でも特にサービス内容が変わるわけではありません。

ただ一般の利用者と変わる点は、仕事をしているため「ハローワークに行ける時間が限られている」という点だと思います。

ハローワークが利用できる時間帯

「平日は朝から夕方や夜まで会社で働いているので、ハローワークは利用しない」という方もいるでしょう。

しかし今は、平日で夜19時まで開いているハローワークもあります。

基本的にハローワークが利用できる時間は8:30~17:15なのですが、ハローワークによって利用できる時間帯は変わってきます。

そして土曜日に開いているハローワークもあります。

最寄りのハローワークの利用できる時間帯は調べてみてください。

またハローワークは「求人検索」や「紹介状の発行」や「職業相談」などなら、自宅近くのハローワークでなくてもいいのです。

勤務地の近くにあるハローワークや、通勤途中にあるハローワークに寄って求人検索をすることもできます。

ハローワークに登録済みなら、全国どこのハローワークも利用可能ですので、一番利用しやすい場所を探してみましょう。

初めてハローワークへ行くときの服装や持ち物

ハローワークへ行くときの服装は特に決まりはありません。

利用者の多くは私服ですが、仕事帰りにスーツを着たままハローワークへ行ってもかまいません。

また求人検索することが目的なら、持ち物は特に必要なものはありません。

履歴書や印鑑などは必要ありませんが、大事なこともメモするためにボールペンなどの筆記用具とメモ帳は持って行った方がいいでしょう。

ハローワークの建物内に入ると「受付」があります。

その受付担当の職員の方に「転職活動で初めてハローワークに来たのですが…」と伝えましょう。

職員の方は初めてくる人の対応に慣れていますので、その後は手続きの方法やハローワークの利用の仕方などを説明してくれます。

そして「求職申込書」などの必要事項を記入したら「ハローワークカード」を渡されます。

これでパソコンを使って求人検索をするなど、ハローワークのサービスを利用することができます。

ハローワークの求人の探し方

ハローワークの求人はネットにつながっていれば、スマホやパソコンで検索することができます。

通勤途中の電車やバスの中でもスマホで求人を見ることができるのですね。

ハローワークインターネットサービスの「求人情報検索」から探してみましょう。

ネットで求人を見るだけなら登録などは必要ありません。

求人には「求人番号」がついていますので、気になる求人を見つけたら求人番号をメモしておいて、ハローワークへ行ってパソコンに求人番号を入れて詳しい情報を見てみましょう。

そして応募したいと思ったら職員に「この求人に応募したいのですけど」と申し出てみましょう。

またネット上には公開されていない求人も中にはあります。

ハローワークへ行ったらパソコンで求人を検索してみて、ネットには掲載されていない希望する求人があるかどうか調べてみましょう。

仕事帰りにスーツのまま、もしくは土曜の休みの日に最寄りのハローワークへ行ってパソコンで求人を検索してみましょう。

週に1~2回はハローワークへ行ってどんな求人があるかチェックしてもいいですね。

ハローワークはブラック企業が多い?

ネットを見ると「ハローワークの求人はブラック企業ばかり」というような書き込みも見られます。

その理由としては「ハローワークの求人は無料で掲載できるため」ということなのですが…

社員やバイトを募集したい企業はハローワークや転職サイト、就職情報誌などに求人を出すことができます。

その場合、

ハローワーク→求人の掲載は無料

転職サイト、就職情報誌→求人の掲載は有料

となります。

「無料で求人を掲載できるハローワークは、簡単に掲載できるため求人の質が低い」という噂になっているのですね。

「掲載料を払って求人を出している転職サイトの方が信用できる」という考えですが、実際はどうなのかはわかりません。

転職サイトも企業からの求人の掲載料で運営されていますから、質が低い求人でもお金さえ払ってもらえれば、特に審査もなく求人が掲載される可能性もあります。

ですので「転職サイトだからブラック企業はない」とは言い切れないのですね。

個人的にはハローワークと転職サイトのどちらの求人も似たり寄ったりだと思います。

利用できる媒体は何でも利用してみましょう

転職活動をしている方に「ハローワークと転職サイトをどちらを使ったらいいですか?」という質問を受けることがありますが、

答えとしては「両方使いましょう」です。

もっと言えば「転職活動の時は使えるものは何でも使いましょう」

「ハローワークのみ」「転職サイトのみ」「求人情報誌のみ」など、どれかにしぼって転職活動してもメリットは一つもありません。

掲載されている求人はそれぞれ違うのですから、できる限りいろんな媒体をチェックして数多くの求人を見るようにしましょう。

それによって自分に合う求人を見つけることができるのです。

転職することが目的であれば、手段はどれかに選ぶべきではありません。

ハローワークを毛嫌いして利用しない人もいますが、ためしに利用してみることをおすすめします。

「ブラックの求人ばかり」という噂や先入観で行かない人もいますが、もしかしたら自分に合う求人が掲載されている可能性もあるのです。

あまりいい求人が見当たらなくても、たまーにものすごく良い企業がハローワークにも載っている事がありますので、ネットでのチェックは欠かさずおこなった方がいいと思います。

いかがでしたでしょうか。

転職活動をする際の参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク