「フリーターは就職できない」は本当?正社員になるための就活の仕方

高校卒業後や大学卒業後にフリーターになる方も多いですが。

フリーターの生活が長くなってくると「今さら正社員の仕事を探しても厳しいのでは?」と考えてしまうこともあります。

「正社員としての職歴がない」

「資格やスキルも能力もない」

という理由で、就職活動になかなか踏み込めない方もいますが、正社員の仕事は探そうと思えばできます。

正社員として働くメリット(長所)は?

パートやアルバイトで生活しているフリーターと正社員のそれぞれのメリットを簡単に挙げると、

フリーターのメリットは、

・仕事の責任が少ない

・働く時間や日数も自分で調整できる

・残業がほとんどない

・自由な時間が作りやすい

正社員のメリットは、

・給料が高い

・ボーナスや昇給や退職金がある

・福利厚生がある

・雇用が安定している

・社会的な信用がある

フリーターや正社員でも上の条件が当てはまらない会社もありますが、おおむねこのような感じです。

それぞれメリットはありますが、将来性を見たらフリーターよりも正社員として働いた方が断然お得です。

30歳までなら未経験でも正社員になれる!

「正社員として会社に就職したいけど、なれそうもないのでずっとフリーターのまま」という方もいます。

しかし今は景気も上向いてきて正社員の求人も多くなってきています。

正社員で就職するために一番大切な要素は何かというと…

それは「年齢」です。

仕事の経験とか資格とかスキルなどなくても正社員にはなれるのです。

業種や職種にもよりますが、25歳ぐらいまでなら未経験でも正社員で採用してくれる会社は多いです。

未経験で30歳ぐらいでも、正社員で採用してくれる会社も探せばあります。

ただ30歳~35歳ぐらいになると、未経験で正社員としての採用は厳しいものになってきます。

そして35歳以上になると正社員の求人もかなり減ってきますし、あったとしても待遇のよくない会社しか見つかりません。

フリーターから正社員になるためには、できるだけ若いうちに、少なくとも20代の時期になっておきたいところです。

フリーターをしながら就職活動はできると思いますので、仕事の合間に時間を見つけて就活してみてはいかがでしょうか。

就職活動のやり方がよくない?

フリーターから正社員になるために求人に応募してきたけど、どこにも受からないためにあきらめてしまう方もいます。

「やはり自分にはなれないのかな…」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

「就職活動のやり方」がよくないと、受かる可能性のあるところにも受からないのです。

特に日本人は「まじめ」で「正直」だけど「アピールがうまくない」という特徴を持った方が多いです。

前の2つは長所ですが、最後の「アピールがうまくない」というのは、ちょっと大きな短所となります。

「面接に行けば、面接官もなんとなく自分の良さがわかってくれるだろう」と甘い考えを持っている方もいますが、それではたくさん応募しても受かりません。

人気のない企業から内定をもらえるかもしれませんが、待遇のいい会社は競争率が高いので簡単には受からないでしょう。

特にフリーターをしていると「アピールするようなことがない」と悩む方もいますが、そんな時はどうするか?

履歴書や職務経歴書の書き方

履歴書や職務経歴書でアピールできる箇所は、

「職歴」

「志望動機」

「自己PR」

「資格」

です。

「志望動機」や「自己PR」で自分の熱意を相手に伝えることができますので、文章はしっかりと考えて書いてみましょう。

また「職歴」も面接で聞かれる重要な項目です。

これまでパートやアルバイトの経験しかない場合は、それを履歴書や職務経歴書に書いて面接官に説明するようになります。

厳密にはパートやアルバイトは職歴にはならないのですが、働いた経験が少しでもあればそのことを伝えましょう。

これまでやってきた仕事を振り返ってみて、アピールできそうな点を探し出して相手に伝えることも大切です。

しかし自分で振り返ってみても「どういった点でアピールできるのかわからない」こともあります。

そんな時は相談できる相手を見つけて客観的な意見をもらってもいいですね。

面接対策の仕方

面接を受けたことがない方や、しばらく面接を受けたことがない方は、緊張感のある雰囲気にのまれてやり方を忘れてしまい、質問にもうまく答えられないことがあります。

面接もある程度経験があった方が、緊張しないで受けることができるようになります。

それに面接を受けて落ちることがあっても、その経験は無駄にはなりません。

次はそれほど緊張感を感じずに面接を受けることができますし、面接時の状況を振り返って良かった点や悪かった点を思い出して次回に生かすことができます。

ただうまくいかないときには模擬面接を受けてみましょう。

自分が見落としている面接のやり方などもありますので、ほかの人にやり方を見てもらった方が面接通過しやすくなりますよ。

フリーターにとって欠点となるのは?

フリーターにとっては「職歴がないこと」が大きな問題になります。

正社員の職歴なら転職する際に有利にはたらきますが、パートやアルバイトの職歴は何年働いたとしてもあまり評価されません。

パートやアルバイトの職歴を隠そうとしても、隠した期間は空白期間となってしまいます。

面接官から「この空白期間は何をしていたのですか?」という質問は必ずされます。

そのためパートやアルバイトの職歴は隠さずに説明するしかありません。

しかしパートやアルバイトの職歴でも説明の仕方次第ではプラスの評価をもらえることもあります。

要は「仕事してきたことをどうやってアピールするか?」なんですね。

この辺は人それぞれ状況も違いますので、よく考えて解答を用意しておきましょう。

フリーターにとってはこれまでの職歴をうまく説明できるかどうかが採用への大きなポイントになります。

答えが見つからないときは就職サイトで相談してみるのもひとつの手ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク