40代以上になると転職先が決まらない!その原因はどこにあるのか?

今は多くの業種で人手不足になってきており、40歳以上で転職する人も増えています。

以前より転職しやすい状況になってきていますが、それでも年齢が高いと応募しても受からないこともありますよね。

これまでの自分の経歴に自信があっても書類選考に通らなかったり。

書類選考を通って面接に行っても採用にまで至らないケースもあります。

やはり年齢が原因になっているところもありますが、

「なぜ年齢が高くなると不採用になることが多くなるのか?」

その理由を説明していきます。

40代以上の転職が厳しい理由

企業の採用担当者から見て、年齢の高い応募者を敬遠する理由としては、

・即戦力にならない

・今後の成長が期待できない

・年上の部下を持ちたくない

という点が挙げられます。

即戦力にならない

40代で欲しい人材は、入社して間もなく即戦力になる人です。

仕事ですぐに役に立ってくれる人を企業は求めているのです。

即戦力にならず育てる必要があるのなら、年齢の若い人を雇った方がいいですよね。

また自分のこれまでの実績やキャリアに自信があっても、企業がそれを認めてくれないと採用はされません。

長年の仕事の経験があっても、それが転職先で生かせそうにないと判断されると雇ってもらえないことがあります。

40代になると自分の経歴に自信を持つ方も多いですが、そうしたことも多くなります。

それと40代になると家庭を持つようになり生活費などのお金もかかるようになります。

応募者も前職の年収が一応の目安になりますが、企業側も出せる給与額はだいたい決まっています。

給与の面で合わないとうまくいかないこともあります。

このようにお互いの条件がマッチしないために採用に至らないことがあります。

今後の成長が期待できないかも…

単純に考えて20代と40代では、定年まで働ける時間が違います。

20代の方が定年まで長く働けますから、「将来性」という点で若い人を教育したほうが長く働いてくれて会社に貢献してくれるという考えになります。

そういう点で40代は不利になってしまいます。

また40代ぐらいになると、「自分の考え方」や「仕事のやり方」がだいたい固まってきてしまいます。

ちょっと頑固になってきてしまい、それを柔軟に変えていくことが難しいと思われて、採用されないことも多くなります。

例えば自分のこれまでの仕事のやり方を変えることができず、新しく入った会社のルールに従えなかったり、新しい仕事のやり方に対応できなかったり。

それならば未経験でも素直に言うことを聞いてくれて、学習能力も高い若い人の方が良いと思われてしまうのです。

ほかにも年齢を重ねることで物覚えも悪くなりますし、体力が落ちてきて昔のように体が動かず、健康に不安を抱えている人も多くなります。

やはり将来性を考えたときに即戦力になる人以外は、若い人の方が採用されやすくなる傾向になってしまうのですね。

年上の部下を持ちたくない

仮に自分が30歳の時に部下の年齢が20代だったら妥当だと思いますが…

そこに40歳の部下が入ってきたらどう思いますか?

「やりづらいな~」と思う方も多いですよね。

部下だけど年齢は上だから、言葉づかいや接し方にも気を使います。

それに自分が上司だとしても年齢が下だとなめられてエラそうな口をきかれたり、言うことを聞いてくれなかったら嫌ですよね。

よほど経験や能力が高くて仕事ができるのならともかく、「年下の上司」や「同じ年代の先輩」とコミュニケーションがうまくとれなさそうな人は採用されないことも多いでしょう。

部下にわざわざ年長者を選ぶ理由はないのです。

40代が転職を成功させるには?

40代の方が転職するときに求められるものは、

・今までと同じような業種や職種を狙う

・採用担当者に好印象を与えるようにする

という点です。

40代を過ぎると即戦力になる人材が求められます。

そのためこれまで経験したことのない異業種に応募するよりは、これまで経験のある業種や職種を選んだほうがいいです。

経験のある仕事であれば、その経験を買ってくれて40代でも採用してくれる企業はあるはずです。

中には介護や警備、清掃などの40代未経験でも採用してくれる業種もありますが、未経験であれば最初は低い給与からのスタートになります。

なるべくこれまでの自分の職歴を生かせるような仕事を見つけてみましょう。

あつかいづらい人と思われないように…

また面接のときに企業の採用担当者から「一緒に働きたい」と思ってもらえるように努力しましょう。

採用担当者も人間ですから、いくら仕事ができる人でも自分や職場の人とうまくやっていけそうにない人を採用したりはしません。

人も年齢を重ねていくとこだわりやプライドだけが高くなり、人の言うことなど聞かず自分勝手な振る舞いをする人が増えてくる傾向にあります。

面接でそうした扱いづらそうな部分が見えてしまうと、採用担当者も「この人と一緒に働きたくない」という感想を持ってしまいます。

そうならないように気を付けましょう。

素直に人の言うことを聞いて職場の人ともコミュニケーションが取れて、仕事のやる気や向上心があり、仕事の経験がある方は40代にでも採用されると思います。

転職活動の時は「謙虚な態度」で人と接するようにしたいですね。

いかがでしたでしょうか。

40代でも希望する転職先を見つける方はたくさんいます。

転職する際の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク