高学歴だけど仕事ができない・遅い人の特徴

職場の同僚が、誰でも知っているような一流大学の出身者と知ると、

「仕事ができそう!」

と思うときがあります。

「きっと仕事もテキパキこなして出世していくのだろう」と思って仕事のやり方を観察していたけど、

「思っていたほど仕事ができない…」という方もいらっしゃいます。

私たちは何となく、

「高学歴の人=仕事ができる」

と思い込んでいるところがあります。

もちろん高学歴で仕事ができる方はたくさんいますが、それほど仕事で結果を残せない方もいるのですね。

「学歴の高さ」と「仕事の出来」がリンクしない理由はどこにあるのか?

高学歴で仕事ができない人の特徴

学歴が高くて仕事ができない人には、いろいろと要因はありますが、一番は、

「他人とのコミュニケーションがうまく取れない」

という点が挙げられます。

高学歴の方は「記憶力」や「問題を解く能力」などは非常に優れています。

大学入試や大学の試験では、こうした能力が高ければ良い大学に行けて良い成績をおさめることができます。

会社に入社してからもこれらの能力を発揮できる仕事であればいいのですが、そんな仕事ばかりではありません。

仕事はいろんな人とのつながりで成り立ちます。

会社の上司や同僚や部下だけでなく、取引先やお客様と話をしたり気をつかうことはさけて通れません。

他人との会話の仕方や接し方で、相手に不快な思いをさせてしまう方もいます。

例えば、

「ミスしても謝らない」

「約束を守らない」

「言うことを聞かない」

「相手への配慮が不足している」

「意思疎通や連帯意識が欠如している」

など、こうしたことは大学入試や大学の成績では問われない能力です。

本人が気がつかない内に仕事をする上でこうしたことが積み重なっていって、相手から信用されなくなって職場で孤立してしまうこともあります。

特に高学歴の方の中には相手を見下す気持ちがそのまま態度にあらわれてしまい、嫌われてしまう方もいるでしょう。

組織やチームの中でほかの人と協力しながら仕事をするのが苦手という方もいます。

このように人とのコミュニケーションが上手でないために、「仕事ができない人」という烙印をおされてしまいます。

「学歴」だけですべては決まらない

「職場の人とコミュニケーションがとれているかどうか?」

は仕事をする上でとても大事なことです。

これがうまくできないために、高学歴で能力が優れていても他人から「仕事ができない人」とみられてしまいます。

デキる人は仕事に対する姿勢や考え方が謙虚で、しかも仕事の進め方や段取りが上手な方が多いです。

自分で仕事ができると思っている人でも、一度は客観的に自分自身を見直してみましょう。

自分の言動を振り返ってみたり、自分の印象をほかの人に聞いてみて直せる部分は直していきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク