面接時に緊張で頭の中が真っ白になってしまった時の対応の仕方

就職・転職活動の面接のときは緊張感も高まります。

面接が始まる前からドキドキして、イスに座っていても落ち着かなかったり。

面接が始まってからも緊張でしゃべれなかったり、頭の中が真っ白になってしまって言葉が出ないときもあります。

私もそうした経験がありますが、こんな時って本当に困りますよね。

うまく話せないためによけいに焦ってしまって、その悪い影響が最後まで残ってしまい、

「面接内容もボロボロで失敗した!」と感じる時もあると思います。

そんな面接のときの緊張感をほぐす方法を説明していきます。

面接のときは緊張するのが当たり前

やはり面接のときは誰でも緊張してしまうものです。

緊張する度合いは人それぞれ違いますが、それでも多かれ少なかれ面接で緊張はします。

面接で緊張しない人というのは、就活で企業の面接をいくつか受けてきて「面接の雰囲気に慣れてきている」のです。

何度か面接を受けてみると、やり方もわかってきます。

面接を受ける回数が多くなると、それほど緊張もしなくなって平常心でしゃべることができるようになってくるのですね。

しかし、これまで面接を受けたことがない方や面接の経験がそれほどない方は、やはり本番の面接で緊張します。

これは仕方のないことなのですが、緊張しすぎる時はどうしたらいいか?

面接で緊張をほぐす方法

面接のときは自分自身に過度のプレッシャーをかけてしまうことがあります。

特に第一志望などの志望度の高い企業だとよけいに力が入りますよね。

「この企業には絶対に受かりたい!」

「面接官の質問にはうまく答えないといけない!」

「緊張していてはいけない」

など張り切るのはいいのですが、逆にそれが自分を追い込んで緊張させる原因にもなります。

ほかにも、

「面接に落ちたらどうしよう」

など不安になりそうなことを考えてしまうと、その影響で力が発揮できなくなります。

自分を追い込んだり不安にさせるよりは「開き直る」ほうがいいでしょう。

「失敗してもいいから思い切ってやろう」

「落ちてもいいから悔いが残らないようにしよう」

と考えた方が緊張感も少しはなくなって、気持ちもリラックスして面接にのぞめると思います。

「しっかりやらないといけない」

「ミスなど絶対しないように」

と思っていると、なぜかやってはいけない方の行動をとってしまうこともあります。

人間ってそういうところがありますよね。

気持ちに余裕を持てるような言葉で、自分をコントロールして面接にのぞんでみましょう。

緊張で言葉が出ないときは?

面接のときにガチガチに緊張してうまくしゃべれそうにないときは、

今の気持ちを面接官に伝えてもいいのです。

最初の自己紹介の時でもいいですし、面接で初めて答える時に、

「緊張していてうまくしゃべれないかもしれませんが、よろしくお願いします」

と冒頭で言ってしまいましょう。

このようなことを言っても不合格になるようなことはありませんので、緊張している時には言ってみてください。

自分の心理状態を言葉にして相手に伝えることで、気持ちがかなり楽になるはずです。

それに面接官も「緊張しているんだな」ということを理解してくれるため、声が震えるとか多少の返答の遅さも大目に見てくれるようになります。

言葉に詰まっても頭の中が真っ白になっても、自分の言いたいことをしっかり伝えられるように努力しましょう。

なんでもスラスラときれいに答える必要なんてありません。

緊張しながら不格好でもいいのです。

自分の思いをなんとか伝えられるように最後まであきらめないようにしたいですね。

頭の中が真っ白になってしまったときは?

面接官から質問されたときに緊張で固まってしまうことはありませんか?

覚えてきた答えも飛んでしまって頭が真っ白になってしまい、しばらく沈黙してしまうときもありますが。

そんな状況になると焦ってしまいますよね。

その時はまず深呼吸して落ち着きましょう。

ほかのことを意識することで答えが浮かんでくることもあります。

すぐに答えが出てこないときは、

「すみません、答えが出てこないので、ちょっと考える時間をください」

とことわって考える時間をもらってもいいのです。

答えを待ってもらうといっても、多くても10秒ぐらいの時間だと思います。

その間に答えが思いつかないときは、もう何でもいいので思い切って答えるしかありません。

そして答える時は声が震えても噛んでもいいので、ゆっくりと大きな声でしゃべりましょう。

緊張している時は小さな声で早口になりがちですが、そうした話し方は聞く側にも緊張感が伝わってしまいます。

逆に意識してゆっくりと大きな声でしゃべったほうが、落ち着いて受け答えできている印象を相手に持ってもらえますし、緊張感も和らぎます。

頭が真っ白になっても回答に詰まっても、あきらめずに一生懸命答えるようにしたいですね。

いかがでしたでしょうか。

面接に慣れていないときは格好よくやろうとしなくてもいいのです。

みんなそんな感じなので心配はいりません。

面接官も相手が緊張していることがわかっていますし、それがわかったからといって不採用になることはありません。

ただ聞かれたことにはしっかり答えるようにしましょう。

あまり気負わずに緊張感とうまく付き合って面接にのぞんでみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク