プログラマーになるには大学を出ていたほうがいい?

「将来プログラマーになりたいけど、どうやったらなれるのか?」で悩んでいる方もいると思います。

まずプログラミングの技術を身につけるには、

「大学や専門学校へ行ったほうがいいのか?」

「大学へ行くなら、どの学部がいいのか?」

など、プログラミングのスキルの身につけ方や就職の仕方がよくわからない点もありますよね。

私の知り合いにIT企業で働いているエンジニアの方がいますが、その方の話を参考に説明していこうと思います。

大学の情報学部へ行けばプログラマーになれる?

私の知り合いの方は、大学の情報工学科を卒業したあとにIT系の会社に入社して働いています。

今はプログラマーというよりもシステムエンジニアとして活躍しているようですが。

本人に聞くと、大学は情報工学科だけどプログラミングに関しては大学で専門的に教わらなかったそうです。

大学や大学院の情報系の学部で学んでも、プログラミング能力はゼロという人も珍しくないそうです。

やはり大学は学問をするところで、「プログラマーとしての技術を身につける」ところではないようです。

それでも大学で学んだ情報工学の知識は、その後の仕事で役に立ちましたし、大卒として給料の高い企業に就職できたと言っていました。

しかし大学でも専門学校でも、学校で習うことだけで社会で通用するようなプログラマーにはなれません。

プログラマーの求人に「学歴不問」が多い理由

大卒など学歴が高ければスキルの高いプログラマーになれるのかというとそうでもなく。

この世界は高度な技術やスキルを持った人が高給を得ることができる実力社会ということです。

またプログラミングは本やネットなどで独学でも学べます。

そのため学校で教わらず、仕事での経験がなくても、自分で学んでプログラミングができる人はたくさんいます。

そういった方を採用するために企業は「学歴不問」「経験不問」と求人に記載しているのですね。

そのため大卒でも情報系学部以外の、プログラミングとは全く関係のない文学部や法学部などの文系出身者のプログラマーもいますし、

大卒だけでなく高卒の方など、学歴を問わずに活躍できる業界なのです。

プログラマーになるには?

プログラマーになるためには、誰かから技術を教わるだけでは不十分なのです。

プログラミング言語を学んだだけでは、ほとんど何もできません。

英語と同じく、英会話のスキルが上がっても、それをどこかで役に立たないと学んだ意味がありませんよね。

例えば「ゲームを作りたい」と思ってC言語やC++を勉強して習得する方もいますが、実際にゲームを作れる人は少ないそうです。

プログラミング言語を習得しても、スタート地点に立つぐらいのレベルに過ぎないのです。

それ以降は、ゲームのプログラミングの実践技術を習得しなければ、何も作れるようにはならない。

自分で学んで実践していかないと、何も作れないし腕も上がらないのです。

ある人は大学に行きながらIT企業のアルバイト先を見つけて、そこでプログラミングのスキルを身につけて行ったそうです。

プログラミングのスキルを上げたいなら、学校で習ったことを取っ掛かりにして自分でどんどん勉強しながら、仕事をしたり自分で何かをつくらないといけないのです。

誰かに教わることがメインではなく、自力で学んでいくことが必要なのですね。

プログラミングを短期間で学ぶには?

「プログラマーの仕事に興味があるけど、独学で勉強する自信はない」

という方は専門のプログラミングスクールをおすすめします。

「TECH BOOST」ではプログラミングの基礎からWebアプリケーションの開発、そして最近のトレンドになっている「ブロックチェーン」「AI」「IoT」の最先端技術も学べます。

初心者の方でも3ヶ月間の学習で、実践的なスキルを持ったエンジニアになれるカリキュラムを用意しています。

さらに学校卒業後にはエンジニアとしての就職・転職をサポートしてくれます。

大学生や専門学校生、既卒や第二新卒、高卒で「これからプログラミングを学びたい方」「エンジニアにキャリアチェンジ」におすすめです。

くわしい情報は下記の公式サイトよりごらんください。

⇒ Tech Boostを見る

今後はあらゆる分野でプログラミングのスキルが必要な時代になってきます。

まずはこちらで基礎的なスキルを身につけて、就職した先でより実践的なスキルと経験を身につけていってはどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする