面接で「入社後にどのような仕事がしたいか?」と質問されたときの答え方

就職・転職活動の面接で、

「入社後にどのような仕事をしたいか?」または、

「入社後にやりたいことは?」

などの質問を受けることがあります。

新卒の時はエントリーシート(es)にこの質問の答えを書かせる企業もあります。

ここでは、この質問に対しての回答の仕方を説明していきます。

「入社後にやりたいことは?」の質問の意図は?

面接官から、

「入社後にやりたいことはありますか?」といわれても、

「仕事の内容もよくわかっていないし、まだ働いてもいないから答えようがない」

と思ってしまいますよね。

しかしこのときは具体的に業務内容などは知らなくても、知っている範囲で「入社後にやりたいこと」を答えてみましょう。

企業側も「応募者が入社後にどんな仕事をしたいのか?」を知りたいのです。

応募者がやりたいことと企業の業務内容に大きなへだたりがあれば、入社してもすぐに仕事が嫌になって辞めてしまう可能性もあります。

そうしたことをなくすための質問といってもいいのですね。

双方のミスマッチをなくすためにも、変に飾らずに正直に答えた方が良いと思います。

企業研究はやっておきましょう

この質問に答えるには、企業研究をしっかりやっておく必要があります。

企業のホームページやSNSを見てみたり、会社説明会などにも参加してみて、

「どんな企業で、どんな仕事をしているのか?」をくわしく調べておきましょう。

でも、まだその企業に入社して仕事もしていないので、具体的なことは言えないと思います。

ですので自分のイメージする範囲の中で答えを考えてみましょう。

「ホームページから御社の○○という事業に興味を持ちまして・・・」

という答えでもいいですし、具体的にやりたいことがあれば、それを面接官に伝えてみましょう。

企業はどんな人を求めているのか?

「入社後にやりたいことは?」

の答えに、企業の業務とあまりにかけ離れたことを言っても、面接官も困るだけです。

また「自分自身のスキルを上げていきたい」などの、自分本位な答えも企業は求めていません。

「企業の業務に関連すること」を答えましょう。

そして「入社後にやりたいこと」を伝えても、その通りには行かずに希望していない部署へ配属されることもあります。

面接のときは参考として聞くのみで、入社後にやりたいことがすぐにできるというわけではありません。

その辺も心得ておきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク