就活がめんどくさいため全くやる気が出ない時の3つの対処法

「就職活動をしなといけない!」とは思っているけど…

なぜかやる気が出なくて、何もしない日が続いてしまう方もいると思います。

特に新卒の就職活動をしている方は、就活できる時期も限られていますのであせりますよね。

「このままじゃダメだ」と思う気持ちはあるけれども、「すべてがめんどくさい」と感じて気力が湧かず、全然行動に移せないとか。

なぜ就活する気が起きなくなってしまうのか?

就職活動に身が入らない原因は?

就職活動はめんどくさいものです。

エントリーシートを書いたり、説明会や面接を受けたりと、みんな一生懸命やっているけど、そんなにやりたいことではないですし。

就活をがんばったにもかかわらず不採用になれば、気がゆるんでやる気もそがれますよね。

ほかにも、

「やりたい仕事が見つからない」

「そもそも就職なんかしたくない」

という方もいるでしょう。

「就活しないといけない」ことは頭ではわかっているけど、意欲がわかずに無気力になって行動ができなくなっているのです。

そんな時はどうしたらいいか?

やる気が起きないときに試してほしい3つのこと

やる気が起きないときは、無理にやる気を出そうとせず、まずは自分の環境を変えてみましょう。

やってほしいことは、

・朝型の生活をする

・スマホを見ないで考える

・とりあえず行動してみる

という3つです。

朝型の生活をする

夜型の生活を送っている学生の方も多いと思います。

毎日夜遅くまで起きていて朝は遅くに起きて、外にあまり出ないで屋内で過ごす時間が多いという方もいると思います。

そういう生活をしていると太陽の光を浴びる時間も少なくなり、その結果、気持ちが徐々に消極的になってきてしまいます。

おすすめは朝早く起きて朝日を浴びることです。

朝の太陽の光を浴びることで、脳に「安心・心地よい・希望」といった感情を呼び起こします。

早起きすることで前向きな気持ちが出てくるのですね。

毎日朝は早く起きて外へ出て軽く散歩してみましょう。

体を動かすことで脳や体も目覚めますし、やらなければいけないことにも向き合える気力が出てきます。

また就活の時期は「朝早く起きて夜は寝る」という習慣をつけましょう。

社会人と同じ生活リズムのほうが就活のやる気も違ってきます。

昼前まで寝ていて、午後もぼんやりとした頭で活動していたら、いろんなことができる日中の時間を無駄にしてしまいます。

社会人とズレた生活習慣や不規則な生活は、活動できる時間が短くしてしまい、やる気をなくしてしまう原因にもなります。

規則正しい生活をすることで、やる気も出てくるのですね。

スマホを見ない時間をつくる

就職活動をする上でスマホ(スマートフォン)は欠かせないものです。

情報収集をするために必要ですし、それ以外のことでスマホを見ている時間も多いのではないでしょうか。

しかしスマホを一日中を見ていても、モチベーションは上がりません。

いろんな情報は得られますが、あまりにも情報が多すぎて自分の中で整理しきれていないのです。

「将来はどんな仕事をしたいのか?」

「就職活動のやり方を振り返ってみる」

といったことは、外からの情報を遮断して一人でじっくり考えてみないと、考えがまとまりませんよね。

スマホは見ないで、ひとりで考える時間をつくりましょう。

1日10分でもいいので、頭の中で情報を整理する時間をつくるのです。

自分でゆっくりできる場所ならどこでもいいです。

「自分の部屋」

「学校」

「公園」

「カフェ」

「電車の中」

などでスマホを消して「これから先どうするのか?」ということと、じっくり向き合ってみましょう。

就活のやる気が出ない原因は、情報の多さに振り回されて、どうしていいかわからなくなってしまっている面もあります。

一度立ち止まってじっくり考えることで、やるべきことが見えてくると思います。

就活時は何かと忙しいですが、その中でもスマホやパソコンを見ない時間をつくってみましょう。

まず行動してみる

「やる気」というのは、待っていても出てくるものではありません。

「やる気」は行動しているうちに出てくるものです。

就活以外でもそうですが、最初に動き出すときというのはめんどくさいものです。

しかしいったん動いてやり始めると気分も乗ってきて何でもできるようになりますよね。

例えば部屋の掃除をするときも、最初は「めんどくさいからやりたくない」という気持ちが勝っていますが、

自分の身の回りの簡単なところから片づけていくと、徐々にやる気も出てきて、掃除をすることが苦痛でなくなってきます。

そして「部屋全体をきれいにしよう」という気持ちも出てきますよね。

就活も同じで最初からむずかしいことをやろうとしないで、簡単にできることから始めて徐々にやる気を高めていくのです。

行動に移すことで、後からやる気が出てくるのですね。

やる気がないときでも、まずは簡単にできることから始めてみましょう。

いかがでしたでしょうか。

まずは朝早く起きてスマホを持たずに軽く散歩でもしながら、これからのことを考えてみてはどうでしょうか。

「就活しないと企業から内定はもらえない」ことは十分わかっていても動けないときがあります。

やる気が出ないというときは、上の3つをぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク