内定が出た後も就活を続けるべきか?あとで後悔しない就活の終わらせ方

新卒の就職活動で内定を提示してきた企業が、

「内定を出すから他の企業は断ってください」

「入社承諾書を提出したら、もう就職活動はやめてください」

といったことを就活生に伝えてくる企業もあります。

採用するので以後の就活は終わりにする様に圧力をかけること。

こうしたことは世間では「オワハラ(就活終われハラスメント)」と呼ばれて問題にもなっています。

内定をもらった時点で入社を決めて就職活動を終了するのなら、企業と就活生の双方にとって問題はないのですが、

「まだ就職活動を続けたい」と考えている就活生にとっては、言われたくない言葉でもありますよね。

こんな時、就活生はどう対応したらいいのか?

その説明をしていきます。

内定承諾書を提出後も就活を続けることができる?

ある企業の最終面接で「内定が出たら就活はやめますか?」と質問されたり。

または内定が出たその場で内定承諾書や入社承諾書を書かされたり。

社員への挨拶もさせられて、もう入社を断れないような状況をつくる企業もあると思います。

「もう内定承諾書も書いてしまったし、もう断ることもできないのかな…」

と思ってしまいますが、そんなことはありません。

内定承諾書や入社承諾書などの書類には法的拘束力はありません。

これらのどんな書類にサインをしたりハンコを押したをしたあとでも、内定を辞退することはできます。

企業は何とかして内定者をとどめておこうとしますが、

就活生に対して就職活動での指示や強要をしたり、就職活動を終わらせる権利は企業にはありません。

本人が納得するまで就職活動は自由に行う権利があります。

企業から指示や強要があっても、それに従う必要はないということを知っておきましょう。

内定承諾書の提出をその場で求められたときには?

ただ内定承諾書などの書類にサインする前に、

「家族と話し合いたいので、内定承諾書の提出はしばらく待ってもらえますか?」

と企業の担当者にことわって、その場でサインせずに、いったん家に持ち帰って考える時間をつくりましょう。

内定承諾書にサインしていなければ内定辞退も簡単にできます。

しかし内定承諾書にサインした後の内定辞退は、企業側から「約束が違う」と文句を言われることもあります。

また内定承諾書のサインをその場で強要されたときには、辞退するつもりなら、その場で断りましょう。

入社するかどうか決めかねている時は、いったん内定承諾書にサインをしておきましょう。

そして就活を続けてほかの企業への入社が決まったら、内定辞退の連絡をするようになります。

この時も担当者に文句を言われると思います。

しかし企業は入社に向けて準備をしていますので、内定辞退をするときはできるだけ早く連絡を入れましょう。

他の企業を断るように強制されたときは?

「内定を出しますので、他企業に断りの連絡を入れてもらえますか?」

と内定(内々定)が出ている企業や、選考中の企業に辞退する連絡を入れさせられることもあります。

この場合、まず嫌ならことわりましょう。

断ればこの企業に入社はできませんが、こうした強引な方法を取ってくる企業は気を付けたほうがいいです。

そして企業に対して、内定(内々定)が出ている企業や、選考中の企業などを正直に伝える必要はありません。

もちろん本命の企業などいう必要もありません。

エントリーシートに書いたり面接で伝える時も、こう言っては何ですが適当でもいいのです。

就活生の選考状況などは企業の採用担当者にバレませんし、そこまで調べることもないです。

ただ他企業を受けていないと「受けているのはウチの会社だけ?」と怪しまれます。

そんなときは志望度の低い企業に辞退する電話をして、企業の担当者に納得してもらいましょう。

中には企業にことわりの電話をかけるふりをして友達に電話をかけて、ことわったふりをする方もいます。

自分ひとりでことわりの電話を入れるのなら、そうした演技もできますよね。

元々こうしたことを企業から強要されること自体がおかしいのです。

相手の無理強いに、まともに応じる必要もないのです。

しかし内定が欲しいときには、こうしたことも必要になってきます。

その他の「オワハラ」対策

また「内定辞退したら今後はあなたの大学からは採用しないから」

といって脅してくる企業もあるようです。

学校からの推薦で内定が決まったのなら影響があるかもしれませんが、内定の辞退はできます。

自分の出身の学校に影響がありそうなときは学校の就職課などに相談してみてください。

また内定後は企業が「食事会」を何度も開催し、焼肉やお寿司などの高い料理をごちそうしてくれたり、

社員がやさしく接してくれて心理的に内定辞退をやりづらくさせるところもあります。

これも内定者を何とかつなぎとめようとする企業のやり方ですが。

企業側が変に親切なときはちょっと疑って、理由をつくって欠席するなどの方法をとってもいいですね。

そして強制参加の研修や懇親会を開き、他企業の面接を受けられないようにする企業もあります。

中には泊まり込みの研修を行う企業もあるようですが、他企業の面接を受ける予定があるのなら参加せずに断る決断をしたほうがいいでしょう。

就職活動を続けることは言わなくてもいい

先ほども書きましたが、就活生の就職活動を終わらせる権限は企業にありません。

ただ中には内定先の企業の採用担当者に、

「今後も就職活動を続けてもいいですか?」

と聞いてくる就活生もいます。

就活の継続を認めてもらいたい気持ちはわかります。

しかし、それを言われる企業の担当者としては面白くはないでしょう。

今後も就活を続けてより条件の良い企業を見つけたら内定を辞退して、そちらの企業に行ってしまう可能性もあるわけです。

企業の担当者としては「どうぞ就活を続けてください!」なんて言えません。

ではどうするか?

基本的に内定をもらった後に就職活動を続けるのなら、誰にも言わずに黙ってやるものです。

在職中の転職活動もそうですが、会社には内緒で転職活動をします。

そもそも会社は表立って転職活動を奨励していませんし、会社の人にバレたら社内での自分の立場も悪くなります。

みんなそれを承知で転職活動をしているのですね。

それと同じように新卒の就職活動でも内定先の企業には内緒にして、こっそりと就活を継続していった方がいいでしょう。

内定先の懇親会や内定式に出席したり、先輩社員と顔合わせしながらも、黙ってほかの会社の面接に行っている方もいます。

あとで後悔しない就活をしましょう

入社するそぶりを見せながら、裏では就職活動を続けて、ほかの企業の面接を受けに行くのは確かに失礼です。

しかし本人にとって就職活動は、大げさに言えば人生がかかっています。

やはり入社して後悔しない就職先を見つけたほうがいいでしょう。

企業から「オワハラ」を受けてしぶしぶ納得しながら入社したものの、結局1週間もしないうちに退職していってしまう新入社員もいます。

企業は新入社員のために机やイスやパソコンを用意するなど、入社のために大きな額のお金を使っているのです。

入社後に早々と退社してしまうよりも、入社前に早く辞退してもらった方が余計な出費も抑えられて助かるのですね。

企業から「オワハラ」の圧力もありますが、

結局、就活生が納得いくまで就活を続けて内定先を見つけたほうが、本人にとっても企業にとっても良い結果になると思います。

内定辞退された企業は確かに不幸ですが、やる気がないのなら、早く辞退してもらった方が傷は浅いものですみます。

就活生は内定を確保した状態で就活をして、もっといい会社から内定が出れば辞退したらいいと思います。

納得がいかないのなら就活を続けるべきです。

「あの時、ああすればよかった…」とあとで後悔のないように頑張ってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク