派遣社員から正社員になるにはどんな方法がある?

会社で派遣社員として働きながら、

「がんばってまじめに働けば、この職場で正社員にしてもらえるかも…」

と考えて働いている方もいると思います。

または、

「しっかりやっていれば正社員登用もあるかもしれないよ」

と社員に言われて、その言葉に期待して働いている方もいるでしょう。

確かに会社によっては「仕事ぶりを見て正社員登用をする」という会社もあります。

しかしすべての会社がそうではありませんし、「派遣から正社員登用する」会社はそれほど多くはありません。

派遣社員の方は基本的には派遣社員のままです。

最初からその契約で入ってきていますので、契約にない正社員登用は期待しない方がいいでしょう。

もし派遣社員から正社員になりたいのであれば、

・紹介予定派遣として働く

・正社員の求人に応募する

という方法があります。

紹介予定派遣とは?

紹介予定派遣は、最初は派遣社員として入社して仕事を経験し、最長6カ月のお試し期間を経てから、正社員などに登用する雇用制度です。

これは入社して、自分に合う仕事内容や職場かどうかを見極めてから正社員になれるしくみです。

紹介予定派遣は通常の派遣と違い、選考の段階で正社員登用に関するの話が出てきます。

正社員になりたいのであれば、紹介予定派遣の求人を探してみるのもおすすめです。

あとは直接、正社員の求人に応募することです。

派遣社員として働きながら、正社員の求人に応募して採用される方もたくさんいます。

紹介予定派遣ではないのに「将来は正社員になれるよ」と期待させる会社は気を付けましょう。

派遣社員の入れ替わりの激しい会社は、「正社員になれるかも」と期待させることで人をとどめておいたり、やる気を出させるところもあります。

正社員採用の気配が全くない会社は、すぐに見切りをつけたほうがいいでしょう。

派遣社員の決定的なデメリットとは?

今は、正社員雇用の方がすべて条件がいいというわけではありません。

「派遣社員の方が、給与やその他の条件が良くて働きやすくて自分に合っている」という方もいます。

一般的に派遣社員は、派遣会社から仕事を紹介してもらいやすく、派遣先で仕事の責任を大きく持たされることはありません。

サービス残業などがなく定時で帰れるなど、会社からの拘束は少なく気楽にはたらけるなどのメリットもあります。

しかしデメリットとして大きいのは「雇用が不安定」という点です。

自分の気に入った職場でもいつかは契約終了となり、ほかの仕事先を探さないといけなくなります。

派遣先で最長で3年ははたらけますが、派遣先の都合により数ヶ月や半年、1年という短い期間で契約終了ということもあります。

そのあとに次の仕事がすぐに見つかればいいですが、年齢が高くなってくると仕事が見つかりづらくなることもあります。

そのため正社員のようにクビになりづらく、同じ職場で安定して働ける仕事を探してる方が多いのですね。

派遣社員として働きながら、確実に正社員雇用の見込みがあればいいのですが。

そうでなければ転職活動をして正社員の求人に応募すべきです。

派遣先から「ずっと働いて欲しい」と期待されていたとしても、今後どうなるかわからない働き方は一度見直してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク