在職中の転職活動はどんな点で不利になるのか?

会社で働きながら転職活動をしている方は多いと思います。

在職中の転職活動の流れとしては、

「転職サイトなどの求人を見て転職先を探す」

「求人に応募して面接を受ける」

「求人先の企業から内定をもらう」

「在職している企業に退職を申し出る」

「転職先の企業に入社する」

となります。

この在職中の転職活動には問題点がひとつあります。

それは、

「内定をもらっても、すぐに内定先の企業へ入社はできない」

という点があります。

どの企業も「退職するのなら1~2カ月前に申し出る」ということが就業規則に書いてあります。

これまでおこなってきた自分の仕事の引き継ぎなどもありますので、すぐにはやめられないですよね。

法律によると、退職願いを出してから2週間で会社を辞められるようになっていますが、円満退職を考えるのなら就業規則に従ったほうが賢明でしょう。

企業を辞めるには、退職を申し出てから1カ月以上はかかってしまいます。

「急募」の求人には採用されづらい?

企業で働きながら転職活動をしていることは、履歴書の職歴欄を見ればわかります。

在職中のときの職歴の欄は、

「〇年〇月 ××株式会社入社 在職中」

と書いておきましょう。

これで「××会社で働きながら転職活動をしている」ことがわかり、

退職から入社まで時間がかかることは企業の採用担当者もわかってくれます。

一般的に、在職中の転職活動は不利になることはありません。

ただ「急募」の求人に関しては、在職中の方は不利になってしまうこともあります。

急募で人を求めている企業というのは、退職者が出たり事業の拡大などで早急に人員を補充しないといけなくなったのだと思います。

そうした企業は「すぐに入社してくれる人」を求めています。

求人先に連絡をして聞いてみる

現在の職場を退職して転職先へ入社するまで1カ月以上かかってしまう方は、急募の求人に採用されないこともあるのですね。

在職中の方が急募の求人に応募するときは、まず求人先の企業に電話をして在職中でも応募できるのかどうか聞いてみましょう。

在職中の時点で書類選考や面接に通らない可能性もありますので、最初に聞いてみたほうがいいですね。

求人に急募と書かれていなくても「すぐに入社してほしい」という企業もありますが、その辺は企業の担当者と話をして調整していきましょう。

働きながら転職活動をしている方はたくさんいますし、求人先の企業から採用の返事をもらった後は入社まで1カ月以上待ってもらえることも一般的になっています。

在職中の転職活動で不利になる点もありますが、納得のいく転職先が見つかるようにがんばっていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク