就職するのなら都会と田舎のどちらにするべきか?

就職活動をするときに「都会で働くか?田舎で働くか?」で迷う方はいると思います。

特に地方から東京などの都会の大学へ進学してきて就職活動の時期を迎えたときは、

「地元の田舎に帰って就職するか?それともこのまま都会で就職するか?」

という選択で頭を悩ますこともあります。

親からは「地元へ帰ってきて就職してほしい」と言われているけど、「都会での生活を手放したくない」という方も多いでしょう。

新卒の学生だけでなく、既卒や第二新卒やフリーターや、転職で「都会or田舎」のどちらにしようと考えてしまう時もあります。

そんな時はどうやって決めたらいいのか?

都会と田舎のメリットとデメリット

都会と田舎にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

具体的に例を挙げると、

都会のメリット

・仕事の数や種類が多い

・いろんな人との出会いがある

・交通機関などインフラが整っている

都会のデメリット

・通勤時や休日は人で混雑する

・家賃など生活費がかかる

・変な人や誘惑が多い

田舎のメリット

・静かでのんびりしている

・生活費があまりかからない

・空気がきれい

田舎のデメリット

・仕事の数や種類が少ない

・車がないと外出が不便

・店がない

などがあります。

このように都会と田舎のメリットやデメリットは挙げるときりがないぐらい出てきます。

どこに住むにしても自分の要望通りの完璧な場所などありません。

自分が望んだ場所に住んだとしても「良い点」と「悪い点」は必ず出てきます。

また、人の性格や好みや向き不向きによって住みたいと思える場所も変わってきます。

自分にとって何が一番重要か?

都会or田舎のどちらかというよりも、就職活動を一番として考えるのなら、

自分が一番やりたい仕事ができる場所を選びましょう。

自分のやりたくない仕事についても、やりがいを感じなければ仕事自体が嫌になってしまいます。

それで転職を考えるぐらいなら、最初から自分がやりたいと思える仕事を選びましょう。

都会や田舎などの場所は関係なく、仕事に関しては後で後悔しないように自分のやりたいことを選ぶようにしたいですね。

また「やりたい仕事は特にないけど、都会or田舎に住んでみたい」という方もいます。

漠然としたあこがれがあって住んでみたい場所があるときは…

思い切ってその場所に移住してみましょう。

自分のやりたいことは、できる時にやってみたほうがいいです。

これから就職をしたり結婚をしたり子供ができるようになると、自分のやりたいことも思い切って出来なくなってきてしまいます。

その時になって「できる時にやっておけばよかった」と後悔するより、できる時に経験してみることをおすすめします。

「東京で暮らしてみたい」という希望があるのなら、東京に出てきて職を探したっていいのです。

一度東京で働いてみて、肌に合わなければ地元に帰ることもできるのですから。

親から「地元に帰ってきて就職しろ」と言われたときは?

また地元を離れて東京などの大学に進学して、就職活動の時期になったら自分の親から、

「地元に帰ってきて就職しなさい」

と言われることもあります。

こういう親御さんも多いですよね。

こんなとき親の言うとおりに地元へ帰って就職することに迷いがなければ、それでもいいのですが…

自分のやりたいことがあれば、自分の意思を尊重しましょう。

都会でやりたい仕事があれば、田舎に帰らずそのまま都会で就職活動をして仕事をすればいいのです。

20歳を過ぎれば、もう一人前の大人です。

自分の将来のことは自分で決めていいのです。

親や親せきが自分の将来のことに口を突っ込んできますが、無理に従う必要もありません。

「子供は親の言うことに従う」などということは、この国の法律にはないのですから。

それに自分の将来のことは、親や他人が責任を取ってくれるわけでもないですよね。

ただ自分の将来のことを理解してもらうために、親と話し合いの場をもって自分のやりたいことを親に伝えてみましょう。

それで分かってもらえなかったときは、強引にでも自分のやりたいことを押し通しても構わないのです。

自分のやりたいことを押し通すときには、多少なりともまわりからの反対があるものです。

特に日本の親は、自分の子供の親離れを嫌う傾向があります。

それを振り切る意思を持ってこそ、自分の人格が形成されていきますし、将来の夢も広がると思います。

自分の親も大切ですが、やはり一番は自分の意思を尊重して自分の将来を決めたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク