内定が取れないのが辛い!心が折れそうなときに試してほしい3つのこと

就職活動が始まってからずっとがんばっているけど「企業から内定(内々定)をもらえない」という方もいます。

どんなに一生懸命やっても良い結果がついてこないとやる気もなくなってきますよね。

そして「私は本当に就職できるのかな?」と不安にもなって、就職活動にも身が入らなくなってきたり。

特に大学生など学生の方は、まわりの友達がどんどん内定先が決まっていくとあせりを感じることもあります。

「なぜどこからも内定がもらえないんだろう?」といらだって泣きたくなってしまうこともありますが、

そんなときはどうしたらいいのか?

就職活動は「企業とのマッチング」というけれど・・

就職活動は企業と求職者のマッチングとよく言われます。

企業との「相性」とか「縁」とか、そうした自分の力ではどうにもならない部分も確かにあります。

エントリーシートや履歴書の添削をしたり面接の練習をして、セミナーや説明会を見て回って就活の準備をしてきたけど内定はもらえない。

今は「売り手市場」と言われて就職内定率も高いから「どこかに受かるだろう」と思っていたが、どこにも受からずにショックを受けている人もいるでしょう。

結局、その人の適正とか実力とかではなく「運」も大きく影響しているのです。

就職活動はそういうものですから、変に自分を追い込んで自信を無くす必要はありません。

これまで落ちた企業は「入社できても苦労するだけの自分に合わない企業」だと気楽に考えておくぐらいでいいのです。

「自分に合う企業はそのうち見つかる」という前向きな気持ちでいたほうが、幸運を引き寄せやすくなりますよ。

就活の中盤以降に内定をもらうには?

3月から就職活動がスタートして夏前ぐらいの中盤で結果が出ないときは、次のことを試してみましょう。

・志望先の業界や企業を変えてみる

・ESの書き方や面接対策の見直しをする

・就活のことを忘れて気分転換をする

といったことです。

まず人気のある大手企業や特定の業界ばかりを狙っていても結果はついてきません。

それで結果を出す就活生もいますが、結果が出ないときにはやり方を変更して、結果が出そうなところを狙うことも大事です。

企業から一つでも内定をもらえれば精神的に楽になりますし、気持ちの面で余裕が出てきてほかに企業にも受かりやすくなります。

あまり高望みしないで、自分が興味を持てそうな業界の企業に目を向けて見ることも大事です。

探してみると、意外と条件のいい中小企業などが見つかることもありますよ。

ESの書き方や面接対策の見直しをする

またエントリーシートや面接対策も時間をかけてやりましょう。

これまでの就活の成果を振り返ってみて、「自分がどこでつまづきやすいのか?」検証してみることも大切です。

例えば一次面接で落ちることが多い方は、その時の状況をよく振り返ってみて、どうすればよかったのか考えてみるのです。

面接官の質問に対する回答の内容や、面接でのふるまい方などよく思い出して改善策をノートなどに書いていきましょう。

面接はただ受けるだけでは上達しません。

面接を受けてみて「良かった点」「悪かった点」などを何度もよく振り返り、改善点を見つけ出して次の面接に生かすことも大事です。

面接に自信のない方は模擬面接を受けてみて、ほかの人からアドバイスをもらうようにしましょう。

企業の面接官は応募者の悪いところを教えてくれませんので、一度模擬面接を受けてみることをお勧めします。

学校の就職課やキャリアセンターに相談に行ってもいいですね。

また「学生時代に頑張ったこと」「志望動機」「自己PR」などよく聞かれる質問の回答はしっかりつくりこんでおきましょう。

就活のことを忘れて気分転換をしてみる

3月から気持ちを張りつめて就職活動をしていると、肉体的にも精神的にも余裕がなくなってきて辛くなります。

内定が早く決まって就活終了ならいいのですが、長く続きそうなときは適度に休みを入れたっていいのです。

「もうやる気が出ない」「やっても受かる気がしない」など疲れて気力が出ない状態では、選考にも影響してきてしまいます。

そんなときはいったん就活をやめて気分転換をしてみてはどうでしょうか。

1週間ぐらい就活のことを忘れて自分の好きなことをしてみるのです。

おすすめなのは旅行です。

就活のことで頭がいっぱいだったり、マイナス思考で気持ちが支配されているときは、一度その場所から離れてみましょう。

違う場所に行って景色を見たり楽しんだりすることで、頭の中も気持ちもリセットされます。

それによって頭の中も整理されて自分のやりたいことが見つかったり、就活のやり方を見直すきっかけになります。

また気分転換にもなりますのでマイナス思考もプラス思考になり、就活が始まった当初のやる気や活力を取り戻せると思います。

就活も期限がありますが、1週間ぐらいの休みはすぐに取り戻せます。

リフレッシュすることで、また新たな気持ちで就職活動ができますし、それによって良い結果が付いてくると思います。

就活をしていてどうにもならないときは、思いきって休みを取ってみてはどうでしょうか。

何十社落ちてもそれが無駄なわけではありません。

それによって自分自身が成長していって、どこかのタイミングで内定先が決まることもあります。

最後まであきらめずに就職活動を続けてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク