転職活動で半年以上のブランクがあるときはどう説明する?

ブランクとはここでは「仕事をしていない期間」のことを指しますが。

「会社を退職した後に転職活動をしていたけど、空白期間(ブランク)が半年かそれ以上できてしまった」という方もいると思います。

空白期間ができてしまう人によって理由はいろいろありますよね。

「次の仕事がすぐに見つかるだろう」と思っていたけど、まったく見つからずに半年たってしまったり。

退職後は仕事を探す気があまり起きずに、雇用保険をもらいながらダラダラと過ごしてしまったりとか。

そのほかにもいろいろと理由はありますが、自分が思うようにうまくいかないときもあるものです。

問題は転職活動で「空白期間をどうやって説明するか?」という点です。

空白期間が選考でマイナスポイントにならないか不安にもなりますよね。

退職後のブランクはどのぐらいが限度なのか?

転職活動は空白期間(ブランク)など空けないで、退職したらすぐに次の会社に入社するのが理想ですが。

人によってそうはできない事情もあると思います。

「どのくらいの空白期間が空いてしまうと転職しづらくなるのか?」

ということも気になりますが、この辺は企業の採用担当者によって考え方も違います。

1年も空いてしまうとさすがに長いと感じますが、3カ月や半年ならブランクとして長いのかどうかは人によってとらえ方も変わってきます。

また、どの企業の採用担当者も履歴書を見て、退職してからの空白の期間を見つけたら、

「退職後は何をしていたのですか?」

ということは聞いてきます。

その時の理由もしっかり答えられるようにしておきたいですね。

空白期間の説明の仕方

退職後の空白期間の説明も気を付けないといけません。

「退職後はのんびりしていて、気が付いたら半年たっていた」

「もらっていた雇用保険が終わりそうなので就活を始めました」

という方もいるでしょう。

実際にそうだったとしてもそれを言ってしまうと「あまり働きたくないのかな」と思われて印象もよくはありません。

空白期間の説明は正直に伝えたほうがいいのですが、説明がむずかしいときはほかの理由を考えてみましょう。

空白期間の説明としては、

・短期間のアルバイトをしていた

・実家の手伝いをしていた

・知り合いの農家で農作業を手伝っていた

・ボランティア活動をしていた

・資格の勉強をしていた

・親の介護をしていた

・主婦業に専念していた

といったことをよく聞きます。

社会保険に加入していない日雇いのアルバイトを何日かする程度なら、履歴書に書かずに口答で説明してもいいと思います。

とりあえず仕事を辞めてからやったことがあることは説明理由にしてもいいと思います。

半年の空白期間はやはり長い?

それでも半年という期間は長いです。

その間に仕事が決まらなかったということは、

「仕事を探す意欲があまりないのかも」

「どの会社からも採用されない人材なのでは?」

と思われてしまう可能性もあります。

「退職後にしていたことは分かったけど、実際はあまり働く気がなかったのでは?」

と思われてしまうとちょっと不利ですよね。

また退職後の就職活動の状況などを聞かれることもあると思います。

どういう業界に何社受けて結果はどうだったかなど。

それもしっかり答えられるようにしておきたいですね。

退職後に少しはのんびりしてもいいんじゃないの?

空白の期間は何をしていようと自由なのですが、今後、就職活動をするのなら、

「のんびりと自分の好きなことをする期間」は、なるべく短いほうがいいでしょう。

人は仕事をして成長していく面もありますし、空白の期間が長いほど仕事の勘が鈍って持っている能力も使われずに下がってしまいます。

退職後にほかの仕事やボランティア活動をしたり、勉強するなどの前向きなところがあってもいいと思います。

ただ不必要にほかのことをしたり何もしない期間が長く続いてしまうと、あとでそれをカバーするのが大変になります。

「長い人生の中でたまには長い休暇を取ってもいいでしょう」とも思いますが。

会社勤めの人は毎月安定した給料をもらうために、仕事を途切れさせずに働くということが前提になっているのです。

半年ぐらいの途切れた空白期間をカバーするには、やる気を見せるしかありません。

空白期間があると面接で採用担当者から鋭く質問されることもあります。

そんなときも相手にわかるように説明は明確にして、やる気があるところを見せていきましょう。

それによって結果も大きく変わってくると思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク