雑談が多い面接で落ちることもある!面接中の雑談はどんな意味があるのか?

就職・転職活動の面接に向けて対策を万全して本番にそなえていたものの。

実際の面接が始まってみると、想像していた面接と違って「雑談ばかりの面接」なんてこともあります。

面接でよく聞かれる「志望動機」「自己PR」「自分の長所・短所」などは一切聞かれず、

面接官から「趣味の話」や「今、興味のあること」とか、全く予想していなかった質問をされてそれに答えるぐらいの、ほとんど雑談をしているような感じで面接が進んでいき、

最後は「何か質問はありますか?」と聞かれたので、いくつか質問をして答えてもらう程度で終始なごやかな雰囲気で面接は終了。

こんな面接もあります。

特に最終面接では雑談が多い企業もあると思います。

いったい雑談をして何がわかるのか?

なぜ面接で雑談が多くなるのか?

面接開始時は応募者も緊張しているため、緊張感をほぐしてあげるために当たりさわりのない雑談から話を始めることがあります。

ところがこれで話が盛り上がってしまって、雑談する時間が多くなってしまうこともあります。

また面接官からすれば、「志望動機」や「自己PR」などの同じ質問を応募者全員にするのがちょっとうんざりしているというところもあると思います。

大体似たような回答が返ってくるし、履歴書やエントリーシートや職務経歴書に書いてあれば、質問しなくても読めばわかるからです。

それよりも応募者の書いた応募書類やその人を見て、気づいたことを質問して帰ってくる答えやその人の雰囲気や態度を見ることで、その人となりがわかることもあります。

面接官は決まり切った質問を繰り返すよりも、「その人がどんな人なのか?」特徴がつかめそうな質問を考えてしているのです。

応募者からすれば「予想外で、しかも選考に関係あるのかな?」と思える質問もあると思いますが、

面接官は相手の反応を実によく見ているのです。

これまでの面接をしてきた経験もあって面接官も、

「この人はこの会社に合うかどうか?」

「仕事はしっかりしてくれそうか?」

といったことを雑談の中で見抜こうとしているのです。

応募者も面接では見た目を整えて、姿勢をよくして相手の目を見て、質問に対する回答も自分なりにできたと感じても不採用になってしまうこともあるでしょう。

面接ではその人の能力だけでなく相性なども見ていますので、本人が完璧にできたと思っても結果が良くないときもあります。

応募者のどのような点を合否の基準にしているのかは企業によって違いますが、

面接官の雑談にはうまく合わせてあげて、質問に対する答えやマナーができていればそれほど心配する必要はないと思います。

ただ雑談だと思って変に気を抜いた答えや言葉づかいや態度を見せないほうがいいでしょう。

面接で雑談が多くても油断しないでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク