就活の面接で「最近気になるニュース」を質問されたときの答え方

就職・転職活動の面接のときに「最近気になるニュースを教えてください」と質問されることがあります。

また、そういう質問はエントリーシートに書く場合もありますよね。

急にそんな質問をされると「何を話題にしてどやって話すか?」で混乱してしまうと思います。

そんなときのために、自分で気になったニュースをひとつは見つけておいて、それに対する答えは用意しておきたいですね。

「最近気になるニュース」を聞かれたときは?

「最近気になるニュースの内容は何がいいのか?」というと、

「芸能人の話題」や「政治」「宗教」の話題など、自分で興味があっても避けておいたほうがいいネタもあります。

「自分の好きな芸能人の熱愛や離婚などの旬ネタ」を話されても困りますし、「自分の好きなスポーツチーム」の話で熱弁するのもやめておきましょう。

エンタメネタを持ってくるより、もっと違うニュースの方が面接の場にもふさわしいです。

また政治や経済のネタは、うまく説明する自信がなければ、こちらもあまり踏み込まないほうがいいかもしれません。

また「志望する会社の業務に関連のあるニュースを取り上げたほうがいい」という意見もあります。

それでもいいのですが、それにこだわりすぎてしまうと、どんな話題を取り上げて、どう説明していいか困ってしまうこともあります。

そんなにこだわらなくても、「志望先とあまり関係のないニュース」を取り上げても、問題ないと思います。

そんなに堅苦しい質問ではないので、上記以外の、自分で興味があるニュースを取り上げておきましょう。

「最近気になるニュース」の質問の意図は?

この質問をする意図としては、

・毎日のニュースに関心があるのか?

・自分の考えは持っているか?

・どんなことに興味があるのか?

ということを知りたいと思っているのです。

スマホやテレビや新聞からでもいいので、世間で話題になっているニュースに関心をもって、自分の考えや問題意識を持っているのか知りたいのですね。

ほかの気をつけたい点は、何年も前のニュースではなく、最近の話題にすることです。

「最近」といったら、一応の目安ですがだいたい3カ月以内のニュースを取り上げるようにしましょう。

古いニュースを取り上げても、面接官が覚えていなくて会話が弾まなかったら嫌ですよね。

また今は、無理に新聞を読まなくても、ネットやテレビを見ていれば、いくらでもニュースは拾い出せます。

そこから自分で説明しやすそうなニュースを取り上げて、どう説明するか簡単に考えておくといいですね。

どんなニュースを取り上げればいいのか?

「最近気になるニュースを教えてください」と質問をすると、ほとんど2つに分かれます。

・最近起こった大きな事件やニュース

・志望先の業務に関連のあるニュース

です。

テレビのワイドショーで取り上げられるような、世間から注目されるニュースを取り上げて、そこでのコメンテーターの発言も参考にして答えをつくったり。

それも悪くはないのですが、ほかの応募者も同じニュースを取り上げて、同じような返答になってしまう可能性もあります。

それだとあまり印象には残らないですよね。

また志望先の業務に関連のあるニュースを取り上げる方もいます。

そうしたニュースはなかなか見つからないときもありますし、見つかったとしてもほかの人とかぶってしまうこともあります。

さらにこうした専門分野のニュースは会社の人の方がくわしく、より突っ込んで質問をされたり、回答の内容を厳しく吟味されてしまうこともあります。

これも悪くはないのですが答えをつくるのがむずかしくなりますよね。

取り上げるニュースは他人と違うものにしてみる

ほかの応募者と同じニュースを取り上げても、面接官は「またその話題か」と思うかもしれません。

そうなるとニュースに対する感想も印象に残らないですよね。

そんなときはオリジナリティのあるニュースを取り上げてみましょう。

今はネットでいくらでもニュースを見つけることができます。

中には人にあまり知られていないインパクトのあるニュースもあるでしょう。

ほかの応募者とは違うニュースを取り上げることで、面接官も興味を持ってくれたり、面接後も「あのニュースを取り上げた人ね」と印象を残すこともできます。

例えば「国際問題」や「科学の分野」などは、幅も広くてほかの人もあまり狙わないですし、説明もしやすいので、おさえておいてもいいのではないでしょうか。

ほかにも介護や福祉とか、大気汚染・地震など、自分の身近で感じられるようなニュースを、自分の体験とあわせて取り上げてみてもおもしろいと思います。

できるなら他者が取り扱わないニュースを選び、それに対して自分なりの感想を加えて斬新な回答をつくってみましょう。

いきなり質問されてあわてるより、日頃からいろんなニュースを見て、ひとつでいいから簡単に説明できる話題を用意しておきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク